ゴールデンウィークに突入ですね〜
そんな中、このタイミングを見計らって、おっぱいの卒業を試みている方も多いのでは?
…なぜかと言うと、数日前からそのような相談内容の電話やメールが殺到しているからです
いやはや、商売繁盛と喜べば良いのかもしれませんが…
ワタクシ、なかなかそういう性分にはなりきらないもので(笑)ここでもう一度、おっぱい卒業時のおっぱいのケアについて書いておこうかなと

まず、前提としては、ケアの方法は色々ありますし、どれが正解とか不正解とかはナイと思います。
①おっぱいをあげなくなって(もしくは飲んでくれなくなって)丸3日ほどしたら1回目の搾乳をします。この最初の3日間がおっぱいが張ってとても辛いです。

②1回目の搾乳から一週間後に2回目の搾乳をします。

③2回目の搾乳から1ヶ月後に3回目の搾乳をします。

…どの搾乳も、ご自分でされてももちろんOKですし、自分では無理!という方は私たち助産師に依頼される方もいらっしゃいます

なるべくスムーズに、少しでもラクにするためにできることは、、
★少しずつ授乳回数を減らしておく方がベター

★おっぱい卒業の前後は、食事のカロリーは落とす。油物、乳製品などはできたらパス。

★おっぱいの張りが辛くて仕方ないときは、圧抜き程度「おちょこ一杯分」くらい搾乳してもOK

★おっぱいの張りが辛いときは、おっぱいを冷やす。(アイスノンや冷えピタ、キャベツ湿布、タオルを冷たい水で絞ったもの等)

★お子さんを抱っこするのも辛〜いので、ご家族にお子さんを外に連れ出してもらう。

…と、こんな感じでしょうか
連休を機に、「エイ!」と勢いで止めてみたものの、みるみる張ってくるおっぱいに困り果てている方のお力になれれば良いなーと思います。

お問い合わせはこちらまで↓

http://ws.formzu.net/fgen/S79774526/


お急ぎの方は直接お電話を下さっても構いません。

助産師 渡邊幸千 mobile:080-6650-4030