遭う日 | 渡辺やよいの楽園

渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:

rajio

 桜の下のラジオ体操。第2まできっちりやる。

 昨日は、作家の内藤みかさんと、ランチ。
 普段地元以外は、めったに出ない私は、たまのこういうお出かけがとても新鮮だ。
 みかさんは、今が旬の売れっ子作家で、携帯コンテンツで大活躍だ。30代、働き盛りだし、シングルマザーだし、若いイケメンの男の子が大好きで、パワーに満ち満ちてまぶしい。なんだか、なつかしいものを見るよう。かつての自分。うーむ、自分の旬は終わっちまったのかいなぁ
 みかさん経由で、フリーランス母の会の、ライターの大平一枝さんとも久しぶりに電話で話す、あいかわらずパワフル。
 帰宅すると、また、同じ会の旅イラストレーター兼作家の、森優子さんからも電話、これも久しぶりで、あいかわらずげらげら話す。
 重なるもので、そういう日。
 みなと、また集いたいね、と、話す。
 それぞれの生活が忙しくなり、なかなか会えないけれど、たまには、越し方行く末を話そうね。

watanabeyayoiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス