渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:

webで新連載!セックスカウンセラー、夫婦生活アドバイザーの第1人者二松まゆみさんとのコラボ漫画、
「ライラックの夜明け」無料で読めます!

 全5回連載です!
 ロマンティックでちょっとエロな世界をお楽しみ下さい。


$渡辺やよいの楽園
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 24日、作家北杜夫さん死去。
 実はご近所さんなのである。
 たった今、走っていってご自宅の前で手を合わせて来ました。
 40年前、著作に感動した私は、本の奥付の住所で(当時はそんなものまで載せてあった)同じ町内と知って、うれしくて、小学校の下校時に歩いて北さんちまで訪れたことがあります。そうしたら、玄関前に「ただ今鬱につき、編集者以外の客お断り」と、手書きの張り紙が。「本当に躁鬱病だったんだ!」と、12歳の私はなんだかすごく感激したものです。
 その後も私は地元住まいだったので、お元気な頃は、近所の公園でお散歩している姿をたびたび拝見しました。とてもお声はかけられませんでしたが、犬の散歩のふりして、わざわざ通りすがったものです。
尊敬する作家さんがご近所、というだけで、とても誇らしいものがありました。  
ご冥福をお祈りします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺やよいの楽園

 カボチャは大好きなのだが、普段煮物などにしても子どもたちがなかなか食べないので、めったに買わない。
 しかし、こうやってお菓子にすると、おいしいおいしいとぱくぱく食べてくれる事が判明。
 甘さ控えめのカボチャのタルトが出来ました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺やよいの楽園
 
 ひつじ村、ハロゥインイベント。
 イベント目白押しで、退屈はしないが、毎回のイベントのきつさに、村民はどんどんマゾ化していくのである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、車を換えた。

 $渡辺やよいの楽園


 今までの車は、長男が生まれた時に購入したTOYOTAのRAV4だ。
 RV車で、馬力が強く、幼い子どもたちを乗せて、しばしば遠くに旅行にでかけたものだ。
 しかし、その長男も今や中学2年生。
 14年乗り続けて、RAV4も中古になり、子どもも成長して、家族で車での旅行も無くなった。今年の車検にかなりの出費が予想され、不景気もあいまって、いっそもう車は持たないようにしようかと思った。
 なにせ家族で運転できるのは私だけだし。
 ただ、都内を現役で運転出来るのはなかなか役に立つ。
 今後、高齢の母がいる事など考えると、ペーパードライバーでいるよりは、いざと言う時ぱっと車がだせる状態でいる方が望ましい。
 それで長年の付き合いのTOYOTAの営業の人と相談した。
 営業はもちろん新車を買って欲しいに決まっているが、こちらの経済事情も苦しい。車は持っているだけで金を食う。乗らないで車庫に置いておくだけでも車税も車検もかかる。購入をためらう私に、TOYOTAの営業の人が持ち出したのは、リースである。毎月定額払えば、車検も車税も修理代もすべてコミである。3年リースするくらいなら、車を購入するよりずっと安上がりだ。だいたい車は、購入すればいらないからと捨てるわけにもいかないので、廃棄するにも金がかかる。
 いろいろ考えたが、コンパクトカーを3年リースすることにした。
 営業にすすめられて、パッソにした。
 
 そして、昨日、新車が納入されて、RAV4とはお別れになった。 
 幸いRAV4は人気の高い車で、いくらかの金額で買い取ってもらえ、中古車として第2の人生を歩めることになった。
 「長いことありがとうね」
 娘と二人で、引きとられていくRAV4を見送る。
 子どもたちと同じ年月をうちで暮らした車だ。
 お前のおかげで、運転ヘタな私が、都内どこでも走れるようになり、書庫入れも楽々できるようになった。お前がいなかったら、私は完全にペーパードライバーだったろう。お前のおかげでいろんな所に行けたよ。少し、泣けた。

 さて、新しく来たパッソの、いかにもかわいらしいことよ。
 今までRAV4がどーんと収まっていた車庫に、ちんまり入っている。
 さて、乗り心地はというと。
 RAV4は、サイドにハンドブレーキやシフトレバーがあったのだ、パッソはハンドルの横にそれがついていて、前列はフラットシートで非常にすっきりしている。コンパクトカーだが、中は広々した感じでRAV4からの乗り換えに違和感はない。
 しかし、運転には大いに違和感がある。
 RAV4のハンドルは非常に重かった。それで、ハンドルを切る時、私は力をこめてまわす癖があるのだが、パッソのハンドルは羽のように軽いのだ。最初、カーブを切るときなど、あまりに軽いのでハンドルがはずれたのかと思ったくらいだ。それと、そういう仕様なのかエンジンブレーキが強くて、アクセルから足を離したとたん、みるみる減速してしまうので、気をつけないと加速に時間がかかってしまう。
 でもまあ、小回りはばつぐんに良く、今まででかいRAV4を運転した私には、いささか物足りない車だが普段使いには不満は無い。
 そのうち運転にも慣れるだろう。
 RAV4が質実堅固な中年男だとすると、パッソは気遣いができる育ちの良い女性という感じだ。
 これからよろしくお嬢さん。
 

$渡辺やよいの楽園
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺やよいの楽園

 まきば生活ひつじ村。
 ようやくイベント終了。
 あいかわらずの鬼イベで、村民の悲鳴が聞こえてくる。
 まるで悪徳領主に搾り取られる貧農ゲームみたいだ。マゾの私にはぴったりのゲームか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺やよいの楽園


> 久しぶりで一人で漫画描いている。 
 最近はパソコンに取り込んで仕事するので、主線やバックなんかみんなサインペンとかボールペンで描いてたんだか、どうもしっくりこない。線が単一で私の絵にならない。
 思い切って、ペンと墨に戻って描いてみたら、これがするするいく。
 太い線も細い線もペン一本で自由自在。
 ああ、やっぱりこれかぁ、アナログなんだよなあ、私は。
 でも、ずいぶん忘れていたこのペンの感じが、すぐに手になじむのがうれしい。
 
 と、先日書いたのだが。
 その後日談。
 
  数日前から、娘が私の仕事机をしきりに気にしている。
  机の上のペン軸などをいじっている。
 「昔は漫画はみんなこうやってペンと墨で描いてたんだよ」
 と、ペンを使ってみせてやると、目を丸くして
「すごーい。バクマンみたいだねー」と、興奮する。
(いやいや、お母さんリアルに漫画家なんですけど…)と、思うが、紙にペンで絵を描くという行為は、なにかとても魅力的なのだ。
「やってみる?」と、聞くと
「やるやる!」と、大よろこび。
 私は主線もバックもすべて丸ペン一本で描いてしまうが、丸ペンはいささか使いにくいペンなので、娘にはかぶらペンを渡す。
「これで描いてごらん。手塚先生もこのペンで漫画描いてたんだよ」と言うと、手塚先生神様の娘は大興奮。
 必死に机に向かう娘。
「ああー、難しいねー」と言いながらも、机に張り付いている。

 私も初めてペンと墨で漫画を描いた時には、なんかプロになったようで興奮したなぁ、と思い出す。
 今はPCでタブレットで漫画描く人も多い。が、バクマンの世界じゃないけど、手でペンと墨でがりがりと世界を生み出していくって、とてもすごいことだなあ、と改めて思うのである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 久しぶりで一人で漫画描いている。 
 最近はパソコンに取り込んで仕事するので、主線やバックなんかみんなサインペンとかボールペンで描いてたんだか、どうもしっくりこない。線が単一で私の絵にならない。
 思い切って、ペンと墨に戻って描いてみたら、これがするするいく。
 太い線も細い線もペン一本で自由自在。
 ああ、やっぱりこれかぁ、アナログなんだよなあ、私は。
 でも、ずいぶん忘れていたこのペンの感じが、すぐに手になじむのがうれしい。

 連休中に、息子お勧めのアニメ
 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を一緒に見た。
 真夜中に見た息子は,家中に響く声で号泣したアニメである。
 
 とにく登場人物達が、泉のごとく泣く。
 こちらが無く前に、かれらが号泣するので、なんか泣くタイミングがはずされてしまった。
 お母さんはもう、好きとか愛してるとか結婚したいとかの時空をはるかに遠く来てしまっているので、なかなか泣けないんだよね。現実はほんとにシビアすぎて、泣くに泣けない。
 でも、中学生にはぴったりのアニメかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺やよいの楽園

 まきば生活ひつじ村。
 感謝祭とかいうけど、イベントに終われてぜんぜん祭りは楽しめない。
 しかも、ぬいぐるみ10体、ご先祖様の石碑を手に入れた所で、イベリタイア。

$渡辺やよいの楽園

 ぶどうが2年で枯れてしまう仕様に変えられていて、いきなり哀しい牧場に。


$渡辺やよいの楽園

 イベント終了。
 手元に残ったぬいぐるみたち。
 可愛いからいいけど、でも、次回のイベントもこんな苦痛だと、もう続ける自信がありません。



 街を歩くと、キンモクセイの良い香りがあちこちに漂う。 
 秋のささやかな幸せ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。