渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
渡辺やよいの楽園

 連休前の小説の締め切り、私けっこう追いつめられてますあせる

 先日卵を産ませるまでに行ったベタ、その後、雄が食卵をするという事態に陥り、孵卵まではいたりませんでした。残念!
 しかし、むずかしいベタの繁殖、再チャレンジするつもりです


 5月4日に代々木の国立競技場でフリーマーケット。
 私も出店予定です。
 例によってクレーンゲームで取ったリラックマ中心のプライスを激安で放出です。
 お時間のあるかた、ぜひのぞいてみてください。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
true

  朝、息子が窓を閉め忘れて、家の猫が3匹庭に出てしまった。 
 白猫だんごは、呼ぶとすぐ家の中に入ったが、脱走常習犯のもかはすぐどこかに行ってしまった。まあ、こいつは一晩出歩いて帰ってきたこともあるので、戻るまで待とうと思うのだが、一番臆病な虎が庭の隅っこの塀の上にちじこまって戻って来ない。近づくと逃げるそぶりをするので、家の中から呼びかけるもそこにうずくまったまま。
 塀を越えるともうお隣で、どうすれば戻って来るのか頭を悩ました。
 家の者以外になつかない人見知りの猫なので、どこかに行ってしまうとどうなるか分からず、ずっと庭の方に気持ちが行ってしまい、なにも手がつかない。

 今見たら、虎は塀から姿を消していた!
 どうしよう。

 仕事も手につかず
「虎、虎」と、猫の名前を呼びながら家の周りを探しまわる。
 すると、お隣の屋根のひさしの下にうずくまっている虎を発見した。
 呼びかけても、震えるだけでそこから降りて来ない。
 家族以外に指一本触れさせない猫なので、しかたなく脚立をかついでお隣に頼んでいれていただき、私が脚立によじ上って、虎救出に向かう。
 名前を呼びながら手を差し出すと、震えているが逃げるそぶりは無いので、少しずつなでながら首輪をホールドして抱きかかえ、やっと捕獲した。
 やれやれである。
 

渡辺やよいの楽園

 一方のもかの方は、もう外界は慣れたもので、ゆうゆう塀の上でくつろいでいる。


渡辺やよいの楽園

 名前を呼んでも知らん顔で


渡辺やよいの楽園

 まあ、そのうち戻ってくるだろうと、とりあえず虎確保でよしとする。
 案の定、夕方寒風が吹き荒れてくると、もかが窓の下で座って待っていて、窓を少し開けると自分から入って来た。

 猫を放し飼いで飼っている人には、大騒ぎするほどのことではないだろう。
 実際近隣でも、放し飼いの飼い猫はまだまだ多い。
 昼間、のんびり塀の上でひなたぼっこをしている飼い猫の姿を見ると、ああこれが本来の猫の飼い方かもしれないなぁ、と思う。
 しかし、都会では猫は交通事故や病気感染の危険性が非常に高く、しかも外界で土のある所はたいていひと様の庭なので、糞害のおそれもある。そのため、近年の猫の飼い方も室内飼いが推奨されている。
 実際我が家の猫のうちのクッキーなどは、生まれながらの猫エイズキャリアなので(発病はしていない)外に出す事で、よその猫を感染させる恐れもあり、完全室内飼いである。
 室内飼い放し飼い、どちらが猫に幸せかという事に関しては、どっちでも猫はいいような気がする。
 彼らは与えられた環境でそれなりに満足して生きている。だいたい、「幸せ」とか「不幸」とかいう概念自体、彼らにあるかどうかも分からない。
 要はすべて、人間様の都合なのである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
true

  ベタという魚をご存知だろうか?
 ひらひらとした色とりどりの美しい魚で、よく瓶の中に一匹だけ入れてお店に並べられているやつである。
 非常に丈夫で飼いやすく、空気中からの呼吸が可能なので飼う時にエアーを入れなくても良いし、こなれた水を好むので換水をこまめにしなくていい。(でもきちんと飼うのならちゃんとした水槽でエアーも入れた方が長生きする)
 しかし、美しい故か寿命は短い。金魚など10年以上生きるものもいるのだが、このベタはたいては1年前後の寿命だ。死んではその度に購入していては不経済だ。
 なので、ベタを飼育する人たちは、自家繁殖させて飼う事が多い。
 私もベタを何匹も飼っていて、いつかはこの繁殖に成功させたいと思っていた。
 しかし、魚だから雄雌一緒にしておけばつがうだろうと思ったら大間違いで、ベタはものすごく伴侶の好みがうるさいのである。
 まずお見合いから始まる。
 雌と雄を仕切ってお見合いさせる。
 たいてい雄はやる気まんまんで身体を膨らませて(フレアという)アピールするが、雌がなかなかその気にならないのだ。
その雄を気に入れば、仕切り越しに寄って行ったりするので、そこでご対面となるのだが、その後も雄は雌を追い回すものの、雌はすぐには受け入れてくれず、逃げ回ってしまう。
 ここで相性が悪いと、雌は逃げ回り続けたり逆に雄を追い回してぼろぼろにしてしまったりする。元々闘魚と言われてるベタは、気が荒くて雄同士だと殺しあいするし、雌も気が強い。たまに仲良く寄り添っているなあと思っても、雄にその気がなくて仲良く泳ぐだけの「友だち夫婦」になったりする。こういう所は、なんだか人間の男女のようなのだ。
 過去私は、何度かカップルを作ろうとしたが、いずれも不発に終わってしまった。
 今回、新しい雌を導入して、次々お見合いさせ、やる気まんまんの雄と同居をさせてみた。
 雄はさかんにアピールするも、雌は逃げ回る。雌のお腹は抱卵してぱんぱんなので、きっかけさえあればペリングは可能なはずだ。私は換水したり、ヒーターを入れたりして環境を変えて刺激をさせて、雌が発情するのを待った。
 そして昨日、ふと水槽を除くと雌雄が交合していた。

渡辺やよいの楽園


渡辺やよいの楽園


渡辺やよいの楽園


渡辺やよいの楽園

 ベタの交合はとても美しく、ひらひらした雄がくるみ込むように雌を抱きかかえて結ばれる。交合後、雌は失神状態で水底に沈んで行く(ここらがとてもエロティック)。交合するたびにぽろぽろ産み落とされる卵。雄はそれをせっせと拾い集め、自分が吐き出した水泡の中に卵を入れて、水面に浮かばせる。


渡辺やよいの楽園


渡辺やよいの楽園

 ベタは、雄が育児をするのだ。
 何度かの交合の後、雌のお腹はすっかりぺちゃんこになり、この時点で雌は取り出してしまう。
 排卵の後は、雄だけの仕事だ。
 雄は卵が孵るまで、卵の世話をし、稚魚がある程度成長するまでは守り抜くのだ。
 ベタの繁殖の魅力は、この交合と雄の育児にあるという。
 今回、やっとそれを見る事ができ、感激ひとしおだ。
 どうか無事に卵が孵りますように。


渡辺やよいの楽園
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺やよいの楽園

 草彅剛逮捕。
 もうあちこちでさんざんいろいろコメントされているので、今更だが。
 先に辞任した中川昭一大臣の時にもそうだが、酒好きの公人は外で飲む時にはよほど気をつけないと痛い目に遭うということだ。

 私自身はお酒は全く飲めないので、飲める人たちがうらやましいと常々思っている。
 日本は、酒の席でもりあがるという事がよしとされているので、私のようにコップ一杯のビールでよれよれになってしまうものは、どんどん飲める人たちには置いてけぼり感があるのだ。
 しかし、「記憶に無い」ほど飲めてしまうというのはやはりどうかと思うのだ。
 草彅クンは、「いい人」を演じるのに相当ストレスがあったのだろうなぁ。
 酔っぱらいは脱ぐ人が多いんだが、あれは意識が全解放されてしまうのか。ずいぶんと気持ちのよいものだろうなあ、となんだかうらやましい。
 私は甘いものが大好きだが、甘いものを食べ過ぎでも別に記憶は飛ばないし脱ぎたくもならない、アルコールというのはやはり強力な魔力を持っている。
 我が家では夫は呑んべぇで、家の中ではよく全裸でいる。外に出ないように重々注意しなければ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
true

 毎日犬の散歩で町内を歩き回っていると、ときどき街角にたたずむ神様に出会う。
 石敢當は、石神様。
 沖縄や鹿児島に多いらしいけれど、この町内でも2、3個は見つかる魔除けの神様。


渡辺やよいの楽園

 馬頭観音は、菩薩様で、馬の守り神らしい。
 昔は、馬が急死した場所や馬捨場に建てられる事が多かったそうだ。
 ここの馬頭観音は、私が子どもの頃は、よく子ども同士の待ち合わせ場所になっていた。二股に分かれる坂の分岐点に建っているのですぐわかり、
「じゃ、3時に馬頭観音でね」などと言って、遊びの待ち合わせをした。


渡辺やよいの楽園

 まあ今の子どもなら「マックの前」「セブン(セブンイレブン)の前」とかだけど。
 馬頭観音で待ち合わせって、すごーく昭和初期テイストだ。

 他にも街角には、なんだろうと思う石がいろいろたたずんでいる。
 

渡辺やよいの楽園

渡辺やよいの楽園

渡辺やよいの楽園


 なんとなく皆神様の匂いがする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 
渡辺やよいの楽園
 ということで、今ネットで一番話題の47歳。
 スーザン・ボイルさん。

 
 色文字クリックで動画に飛びます。
 
人は見かけによらない、と言うことで評判になっているのだろうか。
 本当に人は見た目が9割、とかよく言う。
 私だって、書いているものと本人が同一視されることは多いが、とてもとてもそんな人には見えない、と言われてしまう。
 目に見えるだけのものが真実ではない。
 この女性、30年も歌い続けてきたというから、やはり継続は力なり、なのかもしれない。
 彼女は単に歌のうまいおばさんではない、彼女の47年間の人生が凝縮された歌がそこにあったから、なにか胸を打つものがあるのだ。
 まあ私が一番びっくりしたのは、この女性が年下だってことでした。

 まだまだがんばろ、わたし。

 ついでだから、同番組に以前出た携帯電話売りだったポール・ポッツさんの歌声。
 この番組からオペラ歌手になった。

 こちらの方が、もっと感動するかも。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺やよいの楽園

 録画しておいた「帰って来させられた33分探偵」の次に「名探偵の掟」を見たら、33分探偵を少しスタイリッシュにしたのが名探偵の掟みたいで、笑えた。
 まあ、六郎クンは過去の探偵ものをアレンジしてものすごい推理を展開するのだが、天下一クンは探偵もののセオリー通りに話を進めなければいけないという役回りで、少し違うけれど。
 探偵小説のお約束事って、ファンタジーの世界なのね、って思う。

 天下一クンが「関係者を集めて下さい」と言ったら、事件の本当の関係者は二人しかいなくて(広い和室にぽつねんと二人いる図がおかしい)
「これじゃあ二択じゃないですか、見てる方が面白くない!帰っていいですか」とだだこねて、とりあえず通りすがりの人なんかで頭数そろえたら、満足そうに推理を展開し始める所が笑えた、しかも推理を展開する前に犯人が自白して自殺しちゃうし。

 33分探偵が終わってしまって寂しかったので、名探偵の掟を見よう。松田君は剛君みたいに、もう少しはじけた演技をしてほしいな。

今期のドラマは、探偵警察モノが多くて混乱するが、他には「BOSS」が面白かった。竹ノ内豊は、最近役に恵まれていなかった感じだけど、このドラマでのチャラ男ははまり役で、天海祐希とのかけあいもテンポがいい。
「臨場」は、検死官が主人公だがまあ警察モノだ。内野聖陽が好きで見たが、そこそこ面白い。しかし、ダイイングメッセージを読み解くシーンなんかで、「山芋ってどういう意味?」「季語でしょう」とかいうやりとりはどーしても33分探偵に見えてしかたなかった。

 って、どんだけドラマ好き?私って。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
true

 うらうら、白猫だんご。

  昔、私のアシスタントをやってくれていた人がその後漫画家デビューして、先日のブログでデビュー20年以上たった、と書いていた。
 うわー
 他人の子ども見て、「もう◯◯ちゃんもそんな歳なのー」と、驚くのとよく似ていて、自分の歳を再確認する。おそろしい。
 でも、私もデビュー30周年で、よくここまでやってこれたよ、と改めてしみじみする。
 小学生の頃「ぜったいモノカキになりたい!」と、親にしかられては隠れて布団の中でコクヨのノートにせっせと童話を書いていたあの頃。大学進学相談で、「漫画家になりたいんです」と親と先生に言って「あきれたね、なりたいってなれるの?夢みたいなこと言ってるんじゃない!」と、責められて泣いたあの頃。
 あの頃の自分にタイムマシーンで戻って
「それでいいんだよ、がんばれ!」と、励ましてやりたい。


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
true

 犬たち。
 あれ?一匹違うのが混じっている。



渡辺やよいの楽園

 我が家にも定額給付金のお知らせが来た。
 国からもらうお小遣いって感じ。
 それより税金が厳しいので、そっちなんとかしてほしい。
 こんなお金ばらまいて、経済効果が見込まれるのか。地デジ用テレビでも買える金額ならまだしも、それほどの額でもない。
 まとめた二兆円で、他のことに役立てた方がましな気がする。保育園も足りないし、介護現場は低賃金だし。ねえ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。