渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
usi

 今年も、いろいろあった。
 全体的には低迷していた感じもするが、でも、生きている。

 去年もそうだったけど、一年の目標なんて、もうたてない。
 生きていければ、それで十分だ。
 だから、今年も、こうして生きている私は、一年目標を見事に?果たしたわけだ。

 わが家には今年、牛太郎というとぼけた家族増えた。
usi2

 家族全員、つつがなければ、もうなにも望むことはない。

 牛太郎、最初は屋外にでるのにおびえて机の下に隠れたりしていたのに、今や、大喜びで外にすっ飛んでいく。
 苦手だった階段も、もうとっとと下りていける。
sanpo
 子犬の成長は目を見張る早さだ。
 そして、成長の早い生き物の姿には、ちょっぴりせつないものもある。
 急がないで、でも、確実に。
sanpo2
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぎゅう
昨日、大腸癌内診検査。
早朝から2リットルの下剤を飲み、トイレに通う。
冷たい下剤と、前日から何も食べていないのに下剤をかけるので、全身がたがた震える。

さて。
今回の検査、内視鏡、一番下手な先生にあたりましたーん!
というか、一番最初の検査の先生がとても腕の良いかただったんですね。
ひーん、半日お腹が痛かったー

でも、検査の結果は、異常なし。
ほっ

検査の後、診察した先生は
「今回はなにごともなくてよかったですね」
「はい」
「でも、また来年検査しましょうね。なんたって癌だったんですから」
「はい。。。」

びしっとダメだしをされました。
また来年。
でも、来年まではがんばれるかな。
次回の検査は夏にしよう、あの下剤、体中冷えてしまう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
uusi
 いやはや、牛太郎の耳、二日しかもちませんでした。
 今や、この通り。
 でももう矯正することはやめた。
 これが牛太郎だ。

 だんごは、牛太郎がわが家に来たときから仲がいい。
dango
 来た当初は、自分より小さかった牛太郎、もうすでにだんごの倍の大きさ。
 それでも二匹は仲良く遊んだり居眠りしたり。
 わが家の仲良しバイアイである。
dango2
 今日はクリスマスイヴ。
 わが家の人間も動物たちもみな、元気でありますように。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さんぽ
 
 毎日散歩に連れ出して、牛太郎、ようよう平助兄さんとならお散歩できるようになってきた。ただ、まだ階段が降りれないのである。
いままで4匹、コーギーを飼ってきたが、みな、最初は一様に階段は上れるが降りれないのである。ある日、ひょん、と、降りられるようになる。
 ところで牛太郎の立たない耳。
 兄弟の写真を見たときには、家族で「お兄ちゃんたちはみんなかっこいいのに……」と、(いつの間にか、家族の間では牛太郎は末っ子ということに……)なんだか気の毒になってしまった。とうの牛太郎は、きょとんとのほほんとしているのだが。道を行けば「ブルテリアですか?」「ボーダーコリーですか?」「なんていう犬ですか?」と、正体不明な犬扱い。
 そんなとき、いきつけのペットショップで生き物の餌など購入しているときに、牛太郎の耳の話になり、なかなか立たないということから、店長さんが、倉庫の奥から「これ、売れ残りでよければ差し上げますので、ためしに使ってみてください」と、黄ばんだ箱を差し出した。「イヤーヘルパー」という、犬の耳の矯正セットであった。
  もらったからにはものは試しと、一週間だけということで、試しに牛太郎の耳に使ってみた。
  上の写真は、その時の牛太郎である。
  牛太郎は、べつに気にするふうもなくそれをつけていた。
  一週間後、テープを取ってみると、おお!見事に耳が立っているではないか!
耳
「立った、立った、牛太郎が立った!」
 家族は、アルプスの少女ハイジのように、牛太郎を囲んで踊り回った。
 しかし……あいかわらずピリッしない感じ。
 しかも、立っていたはずの反対側の耳が、なんだかぺろぺろにぐんなりしてきている。
 ううむ
 もういいや。
 この、とぼけた魅力が牛太郎である、ということで。
いねむり
いねむり2
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
イチョウ
 外はすっかり、冬の装い。

26日の、今年最後の大腸癌検査を無事乗り越えたら、少し、来年からの生き方を真面目に考えようか。

でも、常に現状に満足しないで前へ前へいかなきゃ行けないのが人生かどうか、もう、分からない。
死に繋がる病気を持つと、現状維持でもたいしたことだと思ってしまう。
年を取ると、人生がじりひんでも、生きてるだけでまるもうけ、と、思ってしまう。
欲がなくなるのはダメだと思いつつも、今現在の自分をありがたく大事に生きていくのも意味がないわけではない。

人生の目標を無理に作らなくても、今、出来ていることをやろうか。

ううむ、こんな私でいいのか。

でも、26日の検査が無事だったら、年内に絶対達成してやろうと思う目標がひとつだけある。
だから、どうか、検査が無事済みますように。

牛太郎、お耳は相変わらずこんな感じ。
牛太郎2
このままだと、コーギーとシベリアンハスキーとビーグルのミックスみたいだ。
牛太郎
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
gyu1

2度目のワクチンが終わり、牛太郎、いよいよお外デビューである。
しかし、生まれて初めての道路に、ぶるぶる震えたまま石のように固まって一歩も動かない牛太郎である。
平助のときは、どうだったかなぁと、記憶をたぐる。
車におびえて一歩も動かなかった覚えがある。
最初はみんな、こういうものだろう。
でも、公園の土の上になると、にわかに勇気が出るのか、しきりに歩き回り、私のあとを追いかけて走ったりし始める。
地面がより、自然に近いほうが安心なのだろうか。
それでも、しっぽは垂れたまま、家の中の傍若無人ぶりはまるでないところがおかしい。

ところで、牛太郎、片耳は未だ立たず。
ブリーダーさんのところでは、今まで耳が立たなかったコーギーはいなかったそうだ。
同腹のきょうだいはもう全員、両耳立ったという。
牛太郎はこのまま片耳垂れたままかもしれない。
片目も青いし、アンバランスが魅力の犬になるのかなぁ
そう、スタンダードでなくてもいい。
唯一無二の、牛太郎になれ。
gyu
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
子犬

 牛太郎、まだ、耳立たず。

昨日、子どもたちにねだられて、近所の銭湯に出かけた。
ふろ
銭湯……何十年ぶりだろう。
かつては、町ごとにかならずあった銭湯、ここらは、学生街のため、まだ生き残っていたのだ。
ああ、木の下足札!
つるつるに磨き上げられた木のすのこ。
ふろ

番台の気難しそうなおじいさん。
銭湯の中は、意外?に明るくきれいだった。
そして、意外にも、結構な人たちが入浴していた。やはりご年配が多かったが。
壁には、お約束の富士山の絵。
広くてあついお湯につかる醍醐味。
おばあさんが、娘に「このボタンを押すと、泡が出てくるわよ」などと、気さくに話しかける。
うっかりシャンプーなど忘れてしまい、使い切りのチューブ入りの30円のシャンプーも、また、楽し。

そもそも温泉好きな子どもたちは、銭湯がすっかりきにいったようだ。
湯上がりに、ヤクルトを一本づつ。
外は、すっかり冬の寒さだが、芯からあったまった体は、自転車を飛ばしても、ぽかぽかのままだ。

住宅街にひっそりと生き残る銭湯。
「また来ようね」
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。