らしさについて | 社長のブログ☆広島市・呉市・三原市・井原市のピアノレッスン・ヤマハ音楽教室

社長のブログ☆広島市・呉市・三原市・井原市のピアノレッスン・ヤマハ音楽教室

こんにちは!広島全域でヤマハ音楽教室やピアノ、いろんな楽器のレッスンを展開しています♪音楽大好き!ピアノ大好き!音楽に関するお役立ち情報を中心にお届けします(^^)


テーマ:
みなさん、こんにちは!




先日、ピアノ選びのお手伝いに
また大阪に行ってきましたおねがい





ピアノ大好きな可愛い女の子ですラブラブ




何度も何度も
弾き比べて、お気に入りの子と
出会いましたよキラキラ



選定が終わり、
ピアノサロンを出ると、、、



懐かしい
ヤマハの元担当の先生が!!



偶然お会いしたのですが
とても嬉しかったです爆笑



そして誘われるままに
ピアノの公開レッスンを聴講することに爆笑爆笑






受講する小学生の女の子が弾いたのは


な、な、なんと!


ドヴュッシーのプレリュードでしたびっくりびっくりびっくり



レベル高っっっ!!!


ただただ感心して
演奏を聴かせていただきました。



テクニックも大人顔負けの
素晴らしい演奏だったんです、、、



でも1つだけ思ったのは、
もっと少女が弾く可愛らしくて清楚な曲でも
よかったかなーーーーー、なんて。キョロキョロ



最近、ピアノが
上手すぎる子がたくさんいますね。



もちろん
弾いていけない曲なんてないのですが。




心が痛くなることがあります。



その延長には
ピアノコンクールの存在もあります。




私、
コンクールに出ることは
とても素晴らしいことだと思います。
こんなに成長できる場はそうそうないと思っています。




でも機械じゃないから
毎回カンペキな演奏はありえませんよね。



コンクールは
先生のためのものでも
親のためのものでもないし



もっと言うと
先生のためにピアノを弾いているのでも
親のために弾くべきものでもなくて




自分の心が
奥底から楽しい!!
この曲が弾けて嬉しい!!


という気持ちが
滲み出ている演奏。




私は
それが「らしさ」なのではないかと
思うのです。





公開レッスンの会場を後にして、、、







1人、お肉を食べ笑





満月の夜の下
新幹線で帰りました。







今夜の月は
ベートーヴェンかな?
ドヴュッシーかな???






ぴあの道さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス