2017-11-06 11:38:52

君は方程式に泣けるか。

テーマ:郁文館夢学園

前回の続きから、
「郁文館トップセミナー」にて
教育者を目指す若者に向けて話した内容を
ご紹介させていただきます。

福井県の公立中学校で、
中学2年生の男子生徒が自殺するという
胸の痛むニュースがありました。
この事件の根幹には、
日本の学校教育における、
大きな問題が背景にあると考えています。
神奈川県教育委員会の委員を務めていた、
10年前から指摘していることです。

それは、教師を評価し教育する仕組みがない
ということです。
今の学校の仕組みは、
大学を出たばかりの22歳の若者が、
いきなり「先生」と呼ばれる立場になります。
教室という閉じた世界で、
「王様」として振る舞うことができてしまいます。
教師の評価制度も、教員免許の更新制度も、
形式的なものに留まっているのが現状です。

何が問題かというと、
生徒は担任を選ぶことができないのです。
例えば飲食店なら、
お客様は店が気に入らなければ
その店に来ないという選択ができます。
しかし子どもたちは、
どんなに教師の能力が低くても、
やる気がなくても、
我慢するしかありません。

教師という仕事は、
子どもの人生を左右する仕事です。
子どもの命と向き合う、まさに聖職です。
簡単に就いていい仕事ではありません。

郁文館では、
担任を持つ専任教諭となる前に
2~3年の講師としての試用期間があります。
その間に教師としての資質を見極めながら、
同時にスキルアップも図ります。
教師を360度多方面から評価する
成果主義も導入しています。

もちろん教師の労務環境が守られることは
大前提です。
しかし始業から終業までが教師で、
それ以外の時間は教師ではない、
ということはあり得ません。

郁文館では、担任になった教師の最初の仕事は、
子どもたちに携帯番号を教えることです。
いつでもかけてきていいよ、と伝えています。
教師は子どもと命の削り合いをする仕事です。
子どもにいざという時がいつくるか分かりません。
心は24時間、子どもに寄り添い続けて欲しい
と思います。

最後に、あるエピソードを紹介します。
前回のメルマガで、
いよいよ学校経営の準備を始めようという時に、
つくりたい学校の姿を手帳に記したことを
ご紹介しました。
その中の一つに、
「子どもたちに、
人類が何百年もかかって築き上げてきた、
確認済みの理論とそのプロセスを教え、
人類の英知に感動してもらいたい」
というものがあります。

これは私が高校生の時の体験に基づいています。
文系だった私が嫌々受けていた、
ある日の「数Ⅲ」の授業のこと。

先生が、ある方程式を書き、こう話し始めました。
「この方程式ができる前は、この方程式だった。
そしてその前はこの方程式だった。その前は…」
現在の方程式の解法ができあがるまでの歴史を、
ずーっと遡って書いていくのです。
「この方程式は、300年かけて、
先人たちが知恵と苦労を重ねた上に
生み出したんだ。
なあお前たち、人間ってすごいだろう、
人間はこんなことを考えることができるんだ。」
熱く語る、その先生の瞼には涙がにじんで
いました。
私は高校生ながらに大変感動し、
「教育ってすごいな」と思いました。

表面的に方程式を教えること自体は誰にでも
できます。
しかし、表面的な知識を教えるのではなく、
子どもの魂を震わせるような、
子どもの人生を豊かにするような教育を
して欲しいのです。
そのためには教師自身が成長しなければ
なりません。
見かけだけの人間では務まりません。
教員になるということは、
学び成長しつづけること。
子どもの命と向き合う覚悟をもつということ。
これから教師になろうという皆さんには、
このことを忘れないで欲しいと思います。

◎◎渡邉美樹の活動・その他の情報はこちらから是非ご覧下さい◎◎

【是非、いいね!や登録をお願いいたします】

渡邉美樹オフィシャルサイト:https://www.watanabemiki.net

メールマガジン登録:https://www.watanabemiki.net/mailmagazine/

(↑是非、ご登録をお願いいたします)

渡邉美樹公式LINE@

(↑是非、ご登録をお願いいたします)

公式Facebookページ:https://www.facebook.com/watanabemiki.official/

(↑是非、「いいね」をお願いいたします)

YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/watanabemikioffice

(↑是非、「チャンネル登録」をお願いいたします)

5年後の日本を考える会:http://5nengo.jp/

5年後の日本を考える会FBページ:https://www.facebook.com/5nengo.official/

参議院議員「渡邉美樹」ご紹介ページ

自由民主党「渡邉美樹」ご紹介ページ

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

渡邊美樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

5 ■Re:感銘

>たろじろうさん
コメントありがとうございます。
渡邉美樹

4 ■Re:教育

>ポコにゃんさん
コメントありがとうございます。
渡邉美樹

3 ■教育

教員志望者の大半は自らの身分の保障、倒産がないとか自分の利益ばかり考えているんだと思います。
少子化なのに教員の数を増やせとかブラックだとか。嫌なら教員にならなければいいわけです。
評価が悪い教員はクビにできる制度が必要。それも全体の1%とかではなく2~3割位は必要だとおもう
ジャックウェルチはニュートロンジャックと呼ばれていた。
全体を守るためには個の人間を守るのもほどほどにしないといけないと思う。

2 ■感銘

命の削り合い
って教師だけではないですね。真剣に取り組んでいれば僕もそうだなって改めて、当たり前のことなのに、ですね!

1 ■いい先生

私はいい先生に出会ったことがありません。私にとって都合がいい先生にあったことがないわけですが・・・

日本の義務教育のシステムは、圧倒的に学校側、教師側に都合がいい風にできています。そのことを保護者が知らない。

先生を信じる、学校に任せるなんてのは、疑うという行為をした後ですることだと思います。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース