渡辺建設・100年住める家作りのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

自然の力を利用した涼しい家!!

 

地球温暖化が進み、夏の暑さが年々増しています。

 

夏本番になると、家の中にいたとしても熱中症になる恐れも指摘されるほどです。

 

そこで、確実に涼を求めるなら冷房をすればよいのですが、

クーラーがどうしても苦手な人、そこまで冷やさなくてもいい、

という人には自然の力を利用した涼しい、家(住まい)という考え方があります。

 

◆自然の力を利用した涼しい家

 

冷房などに頼りきらず、自然の通風、換気、日射遮蔽、植栽の効果によって

「夏に涼しく住むことのできる家」のことです。

 

イメージとしては、自然の力を利用して涼を得る、

どちらかというと受け身的(=パッシブ)な方法です。

 

この方法で涼を得るためには、住まいの断熱性能がよいことは必須条件です。

 

現在の家では当たり前ですが、高断熱、高気密の仕様となります。

 

◆日射遮蔽と通風が二大ポイント

 

自然の力を利用した涼しい家にする際に特に気をつけたいのは「日射の遮蔽」対策です。

 

夏場の日射エネルギーをいったん家の中に取り込んでしまうとなかなか外へ逃がすことが難しくなるため、

屋根、外壁、窓からの日射遮蔽を十分に検討しなければなりません。

 

その上で効果的な通風を得て、熱を逃がすことです。

 

この二つが「自然の力を利用した涼しい家」の大きなポイントになります。

 

◆窓の日射対策には「庇」「すだれ」「植栽」が有効

 

窓の日射対策では高性能の窓ガラスを使用することも大切ですが、

その窓に直接日射が届かなくする工夫が必要です。

 

その代表的なものに「深い軒」や「庇」、「すだれ」や「植栽」などがあります。

 

いずれも建物の外側できちんと日射を遮蔽することで、室温の上昇を防ぎます。

 

また、日射を遮蔽する面の位置ですが、窓のすぐ外側というよりも、

窓面からなるべく離したほうが、室温上昇を抑える効果があります。

 

◆地域ごとの風の流れを把握する

 

先ほど伝えました日射遮蔽に続いて大切なことは、自然通風の取り込みです。

 

住まいの中を風が通り抜ければ自然な涼しさを感じるとともに、

家の中にこもった熱を排出してくれます。

 

家の中を風が通り抜けやすくするためには、

ただやみくもに窓の数を増やせばいいものではありません。

 

その地域毎の風の特性を理解し、風を屋外から屋内へと誘導するような窓の計画が必要です。

 

◆通風に効果的な窓のつくり方

 

通風に効果的な窓にするためには、風上側の窓を地面に近い低い位置に設け、

風下側の窓をなるべく高い位置に設けると良いでしょう。

 

室内にこもった熱い空気は上の方にたまっています。

 

通風を利用して上の方にたまった熱い空気を外部に排出するのです。

 

トップライトを設けたり、階段上部に風の出口になる窓を設けるなど、

高低差を利用した通風計画が効果的です。

 

◆敷地周辺の環境もチェック

 

自然通風には、敷地周辺の環境も大きな影響を与えます。

 

例えば高層ビルに囲まれた立地や住宅密集地などでは風の流れも変わります。

 

それらの条件も考慮して効果的な窓の配置を考えましょう。

 

◆自然通風の活用は外気温が高い時はNG

 

今回、自然を生かして涼を得る自然の力を利用した涼しい住まいに必要な条件として、

日射遮蔽と自然通風に着目しました。

 

自然通風に関しては、外気温が高い場合は室内に熱い空気を取り込むことになるため、

目安として外気温が26℃から28℃程度を下回る場合に適しています。

 

また、冬場には自然の力を利用した暖かい家という考え方があります。

 

暖かい太陽光を取り込んで、自然の力を最大限利用して温かく住まうという考え方です。

 

寒い季節になりましたら、お伝えしたいと思います。

 

 

 

家づくりについて詳しくはこちらをご覧ください

 

高齢期でも安心して暮らす家!!

 

平均寿命が延び、高齢化社会が進む中、ご自身の老後の住まいについて考えてみたことがありますか?

 

高齢化社会になり、高齢者の住まいは多様化していますが、

できることなら住みなれた自宅で過ごしたいと願う人は多いと思います。

 

老後といっても60代から80代、90代とその幅は広く、

どのような住まいがよいかは心身の状態や経済状態によって異なってきます。

 

心身の状態に注目すると大きくは以下の3ステージに分けられます。(年齢は目安です)

  

●高齢期の3ステージ

 

①まだまだ自立した生活ができる(60才~)

 

②見守りや支援が必要(75才~)

 

③介護が必要(88才~)

  

①や②に該当する時は、比較的自立した生活が送れる状態で、

自宅はもちろん子どもとの同居、近居も可能です。

 

この時期、元気なうちに施設や高齢者住宅への住み替えをしておくということも考えられます。

 

③に該当するようになると、常時介護を受けるためにグループホームや介護型有料老人ホーム、

特別養護老人ホームなどへの入所が必要になってくるかもしれません。

 

しかし、どのステージにいようとも、「できるだけ長く、 住みなれた我が家で暮らしたい」

と願う人は多いのです。

  

◆高齢になって一番きついのは「階段」

 

「今の住まいが体にきつくなってきた」と嘆く高齢の方のお話をよく聞きます。

「2階に上がるのがとても大変だ」とおっしゃるのです。

 階段を上るのが苦になってきたら「1階に生活拠点を移す」という方法もあります。

 

生活する上で必要な設備であるキッチン、浴室、トイレ、

そしてそれらの水回りの近くに高齢者用の個室が用意できれば可能です。

 

しかし、もともと水回りが2階に設けてあり1階に給排水設備がない場合、

新設するとそれなりの手間や工事費がかかります。

 

または、ホームエレベータを増築する方法も考えられますが、

いずれも大がかりなリフォームとなり、高齢になって取りかかるには、

実際にはとても大変なことだと思います。

 

 

◆最初から取り入れておきたいこと

 

高齢の方から「家を建てる時に高齢になった時の事なんて考えなかったし、だれも教えてくれなかった」

と言われると、例え自分たちが、設計したわけでなくても、家づくりに携わる人間として

とても申し訳ない気持ちになります。

 

そこで今回は、高齢になっても住み続けるために、

家づくり当初から取り入れておくべきことをいくつかお伝えします。

 

◆水回りは1階に

 

先ほどの例からも、高齢になった時のことを考えると、

日常生活に必要な主な水回りは1階に設けておくと良いでしょう。

 

しかし足腰の丈夫なうちは日当たりのよい2階にリビング・ダイニング・キッチンを

設けたいと考える場合は、1階のどこかに将来的にミニキッチンを設けられるよう

あらかじめ給排水管を配しておくのも一つの方法です。

 

◆水回りの位置、寝室の位置も想定して

 

将来的なリフォームで対応する方針で、1階にあらかじめ給排水管を設けておく場合は、

水回りの位置と寝室の位置も充分考慮して想定しておきましょう。

 

例えば、高齢になると自室で過ごす時間が増えます。

 

自室の広さはベッド、机を置いて、車イスで回転するためには最低6畳程度の広さが必要です。

 

浴室、トイレの広さは介助者の分も見込んで広めにとることが望ましいのですが、

その際ドアではなく引き戸にするとスペースの有効活用ができます。

 

またそこで、長い時間を過ごすため、高齢者の部屋は日当たりのよい快適な場所がおススメです。

 

そしてトイレは部屋のすぐそばに設けられるように計画してください。

 

◆3階建てならホームエレベーターも検討する

 

最近では木造で3階建ての家も珍しくなくなってきましたが、

3階建てで3階部分に主な居室を設ける場合は、ホームエレベーターの設置を検討しましょう。

 

車イスが入れる大きさのホームエレベーターがあれば、ずっとそのまま3階で生活することも可能です。

 

ホームエレベーターを後からつけるのはとても大変なことなので、ぜひ設計段階で検討してください。

 

◆手すり下地を入れておく

 

廊下など水平移動する場所に手すりを設けておくと、高齢者が自力で歩く助けになります。

 

しかし、若いころには水平移動のための手すりは不要なので、

廊下の壁仕上げ材の裏側に、手すり取り付け用の補強下地材をあらかじめ組み込んでおきましょう。

 

そうすることで、手すりの設置が容易になり、見栄えもそこないません。

 

また、玄関の上り框や階段、その他床に段差のある部分などには、

縦手すりがあると事故防止につながります。

 

これは高齢者だけでなく子どもや大人でも、上下の動きを介助する、

または転倒・転落を防止するという意味で、役に立つ手すりになります。

 

ですので、最初から取り付けておくことをお勧めします。

 

◆手すりの設置は、その人にあった寸法で

 

手すりの取り付け位置は床から○センチ~○センチと一応マニュアルもありますが、

実際に使う人が使いやすい位置に取り付けるのが理想的です。

 

バリアフリー対応とは、けしてマニュアル通りでは満足できるものではないのです。

 

◆床段差は最初からなくす

 

高齢になると、歩行中に少しの床段差でもあればつまづきやすくなり、転倒の原因となります。

 

また万が一、車イスの生活になった時も、段差はやはり極力ない方がよいのです。

 

床段差を後からリフォームで解消するのはとても大変な作業となるため、

家づくり当初からなるべく床段差は解消しておくことが望ましいと言えます。

 

家の前の道路から自宅玄関までは、どうしても段差が生じると思いますが、

後々スロープを増設できるスペースを想定しておくとよいと思います。

 

◆車いすが走行するための有効幅員は?

 

廊下や出入り口の幅も、のちのち手すりをつけたり車イスで走行する可能性を考えると、

最初から広めにしておいた方がよいでしょう。

 

壁の位置を変更するリフォームは大がかりなリフォームとなってしまうからです。

 

参考までに、一般的な木造住宅の廊下有効幅員は80センチ程度ですが、

車イスで走行するために必要な最低幅は有効で85センチ程度です。

「玄関から高齢者が主に使う居室まで」「高齢者の居室からトイレまで」など

日常的によく使うと想定される廊下について、最初から取り入れておきましょう。

 

◆高齢者が安心な住まいは自立を支える

 

高齢になっても安心・安全に住める家であることは、

自分のことは自分でするという高齢者の自立を支えることになります。

 

歩けるうちは自分の足で歩いてもらうことで、その健康状態をなるべく長く維持することにつながります。

バリアフリーの意味はそこにもあります。

 

介護の問題などはありますが、それでも多くの方が、

いくつになっても住みなれた自宅で余生を過ごしたいと願っていると思います。

 

自宅で過ごしたいのに、住まいの構造に問題があってそれができず、

仕方なく自宅を出ている方も多いでしょう。

 

家を建てる30代~40代の頃まだ若くて自分の老後の姿などなかなか想像できないものです。

 

家づくりをする時に、高齢になっても住みやすく暮らししたいのであれば、

後から変更しにくい部分を家づくり当初から検討することをおススメします。

 

 

家づくりについて詳しくはこちらをご覧ください

地震の時に安全な家、今すぐできる地震対策

 

東日本大震災から10年が経ちました。

当時のVTRなどを見ると当時は、不安な気持ちで過ごしている方が沢山いました。

地震時には皆さんどのような行動をとられたでしょうか?

リビングの中央でふんばったという人、逃げ場がわからず室内をうろうろし続けた人、

机の下にもぐったなどという声もあります。

 

そこで今回は、地震時に安全な家のつくりや、今すぐやっておきたい地震対策をお伝えします。

 

◆地震発生時、意外と迷う「どこに逃げる」か

 

地震が発生したら、家の中のどこにいれば安全なのでしょうか?

昭和の時代には「地震の時は机の下へ」と言われ、

学校の避難訓練では、落下物や倒れてくる家具から身を守るために、

まず机の下にもぐる練習をしました。

ただこれはケースバイケースで、落下物から頭などを守りやすくはなりますが、

大きな地震では机ごと飛ばされる可能性もあるのです。

 

1995年に発生した阪神・淡路大震災の経験者からは、

「地震時に寝ていたら、大きなテレビが身体すれすれに飛んできて命の危険を感じた」という話もあります。

また昔は、地震が来たら「トイレに逃げ込めば安心」とも言われていました。

というのも、トイレは1畳ほどの小さな部屋を4本の柱で囲んでいますので、

地震が来ても潰れにくいとされていたからです。

確かにトイレ内には、上から落ちてくる物や倒れてくる家具がないので、ケガの心配は少なくなります。

そういった面では他の部屋より安全と言えるでしょう。

 

◆「トイレが安全」説は前提条件ありき!

 

しかしこれは、家が「倒壊」しなければの話です。

倒壊とは、室内空間がなくなるほど家がつぶれてしまう状態のことで、

2018年の熊本地震では倒壊した家も少なくありませんでした。

そうなると、トイレ内に避難したとしても無事ではいられません。

つまり地震が来たらトイレの個室に逃げ込めば安心というのは、

家そのものが無事であることが前提の話ということになります。

またトイレに避難することには、ひとつ危険が伴います。

地震で家がゆがんでしまうとドアが開かなくなる可能性があるのです。

そうなると狭いトイレの中に閉じ込められてしまいます。

リビングであれば掃き出し窓などから外に出ることができますが、

トイレの窓は小さいのでなかなかそうもいきません。

もしもトイレにいる時に大きな地震が来たら、まずはドアを開けて逃げ道を確保しつつ、

命の安全を優先に行動することを心掛けていただければと思います。

 

◆地震時に「安全な家」とは?

 

では地震時に安全な家とはどんな家でしょうか?

まずは倒壊しないこと、そして落下物や家具の転倒によるケガをしない家であることです。

もちろん、津波や火災などの危険がある場合は、速やかに避難することが肝心になります。

地震時の建物の強さは、建築基準法によって定められていますが、

この基準は大きな地震を経るごとに新しい基準へと強化されてきました。

この基準が大きく変わったのが1981年です。

この年を境目に地震への強さが大きく変わり、

それ以前を旧耐震基準、それ以降を新耐震基準と呼んで区別しています。

これは一戸建て・マンションとも共通で、新耐震基準に沿って建てられた家であれば、

倒壊しにくい家と言えます。

また、旧耐震基準の家でも耐震改修をして新しい基準を満たしていれば安心です。

加えて、木造住宅の場合は2000年にも追加された基準があります。

その内容は、柱と梁などの接合部をしっかり金物でつなぐ、壁の配置バランスをよくするというもので、

熊本地震の被害状況の調査では、新耐震と旧耐震の家で倒壊数に大きな差があっただけでなく、

2000年以降の家は、それ以前の家と比べて被害が少なかったことが分かりました。

つまり木造住宅の場合は、2000年の基準もチェックしておくことで、更に安心度が高まるというわけです。

  

◆地震時に家の中で安全な場所はどこ? 地震対策で今すぐできる3つのこと

 

では、地震時に家の中のどこにいれば安全かを考えてみましょう。

大地震の被害では、建物の倒壊だけでなく、家の中にあるものによる被害も少なくありません。

つまり家の中で安全な場所は、「落下物や倒れてくる家具がなく、ガラスが飛び散らず、そしていざという時に外に出やすい部屋」

なのです。

そこで地震対策として今すぐできること3つ、ご紹介します

 

①落下物や家具の転倒、 物の飛び出しを防ぐ工夫

 

タンス、テレビ、ピアノなどの大物家具は建物と一体化するようにしっかり固定します。

ホームセンターで売っている転倒防止金物を使うといいでしょう。

ピアノは専用の金物を使用してください。

ただし、固定する天井や壁、床の強度が低いと、すぐに外れてしまったり壁ごと飛んできたりすることがあります。

下地が入った壁にしっかり留めるようにしましょう。

下地の有無が分からない場合は、市販の下地チェッカー(下地センサー、下地探し)が

1000円程度から購入できます。

また、大きな地震になると収納の扉が開いてアイロンやハサミ、花瓶など危険を伴う収納物が勢いよく飛び出してくることもありますから、

吊戸棚を含む収納扉には「耐震ラッチ」(揺れるとロックが掛かって扉が開かなくなる金物)を取り付けておきましょう。

ホームセンターなどで入手可能です。

 

②ガラスの飛散防止

 

地震でガラスが割れると、その破片で大ケガをしてしまうこともあります。

家の中では裸足でいることもありますので、窓ガラスや収納扉のガラスなど室内にあるガラスには、

やはりホームセンター等で入手できる「飛散防止フィルム」を貼るなどして対策をしておきましょう。

地震だけでなく台風時にも役立ちます。

 

③備蓄品の準備

 

ライフラインがストップした時のことを考え、水なら3日分程度は用意をしましょう。

4人家族の場合はおよそ36リットル、つまり2リットルのペットボトル18本分です。

6本入り段ボールで3箱、その他に食料も必要になるので、大きめの収納スペースを確保する必要があります。

収納位置の基本は重いものは足元に、軽い物は頭の上にしましょう。

収納ソファーや収納ベッドなど家具を利用したり、あまり使っていない吊戸棚や天袋を活用したり、

工夫をしてみてください。

食品類は、ローリングストック法で消費すれば、賞味期限切れを防ぎやすくなります。

ローリングストックとは、少し多めに食品を備蓄して、普段に食べながら買い足す方法です。

最近では防災備蓄セットのサブスク「カップヌードル ローリングストックセット」もあります。

食品類とカセットボンベ、水などをセットにしたもので、入れ替える食品だけが3カ月おきに新しく届きます。

いざという時の備えが何よりも大切です。

 

災害対策への意識を高め、毎日を安心してお過ごしください。

 

 

家づくりについて詳しくはこちらをご覧ください

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>