本日は、豊中市立芸術文化センター大ホールにて「岩崎宏美with日本センチュリー交響楽団」と題したコンサートが行われました。

ゲストピアニストは、上杉洋史さん音譜

 

チケットは、発売から直ぐに完売したと聞いていましたが、会場はお客様で超満員状態。

 

大入り袋もいただきましたビックリマーク

 

第一部開演前に。

 

コンサート1曲目は、私が編曲した「ムーン・リバー」をオーケストラのみで演奏し、続けての2曲目で、宏美さんの大ヒット曲である「ロマンス」を演奏音譜

このイントロで宏美さん登場ビックリマーク

盛り上がりました!!

 

 

この楽曲を歌っていた当時、宏美さんは16歳であったとの事。

原曲とは、かなり趣の違った内容のアレンジによって演奏しましたウインク

 

この楽曲を含め、「思秋期」、「聖母たちのララバイ」が私の編曲。

 

他の楽曲の大半は、以前、宏美さんがチェコフィルの演奏によるアルバムをリリースした際に使用した野見祐二さん編曲による譜面を使用しました。

とても良い編曲です音譜

 

 

フルオーケストラをバックにして歌う為には、それなりの声量と歌唱力、高度な音楽性が要求されますが、岩崎宏美さんは、それを十分に備えた日本では数少ない歌手の一人音譜音符

本コンサートでは、宏美さんの円熟の歌唱に酔いしれる聴衆の方々の感動の波動をひしひしと感じましたビックリマーク

 

日本センチュリー交響楽団の皆様と久し振りにご一緒出来たのもとても幸せな事でしたルンルン

熱のこもった素晴らしい演奏に感謝ですビックリマーク

 

アンコールを終え、終演前の様子。

 

 

音楽する喜びを感じるコンサートでした音譜

 

終演後に記念の1枚。