服部克久先生のコンサート

テーマ:
昨日は、洗足学園音楽大学でのレッスンを終え、服部克久先生の音楽家生活50周年の記念のコンサートに伺いました。
場所は,文京シビック大ホール。

12型のストリングス、金管はホルンのみ、そして木管はオーボエのみ、パーカッション、そしてリズムセクションという大型編成のオーケストラを先生自ら指揮をされ、50年の長きに渡る音楽キャリアを感じさせられる幅広いジャンルの音楽を手のうちにされた先生ならではの音楽ワールドを作り上げていらっしゃいました。

なんとシークレットゲストに山下達郎さんが登場し、「煙が目にしみる」他3曲をオーケストラと共に熱唱し客席を沸かせました。

山下さんの歌声は、本当に素晴らしく、アメリカのスタンダードナンバーをこれほどうまく歌うシンガーは日本には彼を置いて他にいないと感じさせられるほど感動させられました。

そして、本日は、ソプラノ歌手の柴田智子さんのリサイタルにお招きを受けて伺いました。
場所は、HAKUJYU HALL。

コープランド編曲によるアメリカ歌曲やバーンスタイン、ガーシュインといったアメリカの作曲家による作品を中心としながら、プッチーニやモーツァルトのアリアなども加え幅広いレパートリーを披露されました。

会場では、9月に軽井沢でお目にかかった画家のあらきゆみさんと偶然お会いし嬉しく思いました。

そういえば、本日昼間にヘアーカットのため銀座にある土屋雅之さんのサロンへ行った折に音楽家の瀬戸龍介さんにお会いしました。

初めてお会いした方ですが何だかとても心惹かれる方でした。
私が愛する富士山近くの忍野にスタジオお持ちとの事。
来年のどこかでお訪ねしたいと思っています。

瀬戸さんのホームページは、下記のURLです。
富士山を間近に観る事の出来る美しいスタジオも紹介されています。
http://www.galaxymusic.net/discography/ars06_b.html




今日は,土曜日で銀座は歩行者天国でした。
銀座ミキモトの前には大きなクリスマスツリーが飾られていました。