ケトルベルチャレンジ10全日本お疲れ様でした!! | ケトルベルリフター パーソナルトレーナー 渡辺陽介のブログ

ケトルベルリフター パーソナルトレーナー 渡辺陽介のブログ

  トレーニングやケトルベルの話題等を中心に発信します。


テーマ:
ケトルベルチャレンジ10全日本ご参加ありがとうございました!!!

今大会は、日本ケトルベル連盟と日本ロシアンケトルベル協会と、我が渡辺ケトルベル教室の3団体の共同開催という形で実現できました!

この大会を開催するにあたり、私はこの大会を「エントリーでも観戦でも誰でも楽しめる大会」にしたいという思いがありました。

そのためにグッズ販売をしたり、選手名鑑や観戦の見所などを載せたパンフレットを作ったりしました。

パンフレットは特に強い思いがありました。今までの大会は「参加者だけが楽しい」大会になっていたかもしれません。もっともっと「スポーツエンターテイメントショーとして楽しい大会」にしたいという思いがありました。そこでパンフレットを作成して、このスポーツの予備知識が全く無い人でも楽しめる大会にしようと思いました。

ただ私はアイデアを出しただけで、このアイデアを形として実現してくださったのは日本ケトルベル連盟の理事長の高橋里枝さん、そして理事の佐々木さんのおかげです。共同開催とは銘打っていますが、日本ケトルベル連盟の存在なくしてこの大会は開催にまでは至りませんでした。本当にありがとうございます!

さてその大会ですが、なんとなんと大盛況!!!日本人選手のエントリーは間違いなく国内ナンバーワンの大会です。「全日本大会」の名に恥ない素晴らしい盛り上がりを見せました!









今大会は過去の大会と比較しても間違いなく最高の盛り上がりを見せたと言って間違いありません。観戦者も競技者もみな非常に盛り上がっていました。

大会は、ケトルベルスポーツの厳格なルールの中で競うGS部門と、この大会独自のルールで競うSL部門とがあります。どちらの参加者もみな楽しそうに競技を行なっており、主催者の私としては非常に嬉しく思いました!やはりこのスポーツを好きになってもらうこと、それは私自身の喜びでもあります。この大会を開催できて本当に良かったと思いました。

そして、今大会なにより目を見張ったのは選手のレベルです。間違いなく過去最高でした。

今大会はケトルベルスポーツを"フィットネス"としてでなく"スポーツ"として楽しんでもらうため、ジャッジを一部厳格化しました。

例えばフィクセイション。過去の大会では多少甘くてもカウントを取っていましたが、今回はかなり厳しくジャッジしました。ベルが揺れてたらノーカウント。足が揺れていたらノーカウント。

でも、それは選手が嫌いだからやっているわけではなく、"スポーツ"とはそういうものだからです。誰かに甘く、誰かに厳しくというものではなく、誰に対しても平等に試練を与えるものです。そして同じ条件の中で競い順位をつけるものです。

なので厳格化とは言いましたが、正確に言えばルールの統一化と言えます。線引きが曖昧だった部分を全てはっきりさせました。

こういったルールの変更が一部あったことを選手達には事前に告知し競技してもらいました。しかしこのような変更があったにも関わらず全ての選手がしっかりと対応できていたと思います。間違いなく、ケトルベルチャレンジは今後レベルが更に上がっていくと、そう確信しました。

そしてこのような厳格化されたルールの中で競い合うことで、ほかの団体が主催する別のケトルベルスポーツの大会に出場しても、世界大会に出場したとしても、しっかりと競い合える実力をつけることができると思います。

今後、ケトルベルチャレンジでは国際大会に参加する選手達をドンドン増やしていくつもりです。今回こういったルールの統一化を出来たことは、世界に向けた大きな一歩だと思います。

もちろん大会独自のSL部門もガンガン盛り上げていきます!GSに興味ないよ!世界大会に興味ないよ!でも全然いいんです。みんな同じケトルベル愛好家です!楽しみ方なんて誰かに強制されるものではありません。心の底からケトルベルを愛して、ケトルベルを持ち上げることに夢中になってもらえればそれだけでいいのです。

今大会参加されました全ての方!本当にありがとうございました!!

渡辺陽介

watanabe-overthetopさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス