2018.5.26(土)

 夕方、突然Jくんとお父さんが来た。

 峠工房の方針と保護者の求めることがくいちがっている以上、今後会うこともないだろうと思っていたし、私は人の顔を覚えるのが苦手なので、「不意打ち}では誰だかわからなかった。

それに今まで持っていた印象とずい分違っていて、なんていうか、明るくてワイルドな感じだったから。

 即わかったのは、STくん。

顔を見るなり「Jくんは?」と聞いた。

それで私も誰だかわかったのだけど。

 「車にいるよ」の答えより早く、すでにJくんは外を走りまわっていて、再会を喜ぶTくんと追いつ追われつ。

楽しそうだった。

元気そうだったからうれしい。

Tくんは「峠に来たから、うれしかったんじゃない?」と、自分会えてうれしかったから、そう思ったようだ。

 元気でいてほしい。

つぶれるなよ、Jくん!