忘れん坊のメモ帳55

テーマ:
「あの人ってサァ、アスペルガーじゃないの?」。
場の空気は全く読めないし、いつも言う台詞は同じだし、白か黒かでグレーゾーンがない感じだし、自分の信条というよりはこだわりに近いようなおもむき、他者の立場になれない・・・・・・安部晋三氏のことである。ここ数ヶ月、ずーっと言っていた。だとすれば、彼はアスペルガーの星だよね、総理大臣にだってなれる!
でも、突然の「やめます」会見を聞いていて、ちがうんだとわかった。彼は、精神的に子どものまま、おとなになってしまったんだ、しかも一番合っていない政治家にさせられた。ご立派な家系のせいで、周囲の思惑通りに育てられ、自分でもそう思いこみ、そう信じて、レールの上を何の疑いもなく走って来たけれど、実は一番不向きな仕事についたのかもしれない。
会見の中で、わたしたちにあやまる言葉が一言もなかった。何が大変だァ!って、重戦車のように数の重みであれこれ法案を通して、生活にかかわってくるさまざまなことがあるのに、影響を受けるわたしたちに謝罪しない不思議さ。
そして、さまざまな行き詰まりを、他者のせいにした幼さ。よくあるじゃないですか。
「○○君がね、ボクのことシカトするからね、ボクなんにもできなかったの。」
「××君のこと、ともだちだってしんじてたのにィ、うらぎるんだもん。」
「ボクは、やりたかったんだけど、みんながおうえんしてくれないから、できないよ。ボク、もうやめる。」
自分がうまくいかなかったり、思っていた通りにならない時などに、子どもがする言い訳。
似てる!!
自分の目論見通り、予測通りにならなかったら、投げ出してもいいんだ、と思う子がいなければいいが、と心配になる。発達障害の子たちは、このような状況でパニックを起こしがちだが、それをなんとかするために、本人も親も教育現場もがんばっている。努力している。
おとなたちが、良い手本を見せてこそ、良い教育ができるのでは?とても単純な比喩だけど・・・・・・。
ネェみんな、世の中なかなか自分の思い通りにならないことが多いけど、友達同士で援け合ったり、励ましあったり、一緒に楽しんだりしながら、私たちはたくましく生きて行こうね。でも甘やかさないぞォ!