Poco F1にTWRP導入する

テーマ:

Poco F1にTWRP導入する!

 

twrp-3.2.3.0-beryllium-20180831.imgを以下のサイトからダウンロードする。

https://droidfeats.com/xiaomi-poco-f1-root/

 

暗号化解除ツールDisableForceEncryption_Treble.zipも一緒にダウンロードする。

 

Cドライブ直下にtwrpというフォルダを作りダウンロードしたTWRPのファイルを移す。

DisableForceEncryption_Treble.zipは後でインストールするためにUSBメモリースティックにコピーする。

今回もUSBメモリースティックからデータを送るのに楽なのでOTG ケーブルを使った

OTG ケーブル Type C USB 3.0-USB A変換ケーブル \699

 

 

 

アドレスにCMDと打ち込みエンターでコマンドプロンプトを開く

 

デバイスをVol下+電源ボタン長押しでfast bootにしてPC接続する。

adb devices

fastboot flash recovery twrp-3.2.3.0-beryllium-20180831.img

コマンドを打ちエンターする。

fastboot boot twrp-3.2.3.0-beryllium-20180831.img

と打つとTWRPで再起動する。

TWRPといえばいつも青色なのにPocoF1のイメージ色に合わせたのか黄色のメニューになっている!

 

言語を日本語に変えてCancelで進む

 

スワイプして進める

 

消去(Wipe)を選択し

 

yesとタイプして右下のレ点をタップ

 

スワイプでフォーマット開始

 

 

 

完了したらホームに戻る

 

 

マウントをタップ

 

それぞれチェックしてマウントする

 

 

USBメモリースティックをOTGケーブルを介して接続する。

 

 

ホームのインストールからストレージの選択をタップしUSBに切り替える

 

 

USBメモリースティックに保存しておいたDisableForceEncryption_Treble.zipを選択

 

 

スワイプでインストール開始

 

 

暗号化解除だけではなくMagisk v16.7も同梱されているようだ

 

 

Cach/dalvikの消去をタップしスワイプしその次に再起動をタップ

 

 

インストールしないで再起動

 

 

再起動後は先ほどフォーマットしたので再度セットアップしよう

 

 

下側のWi-Fiからセットアップし次にAvtivate this deviceに進むこと

 

 

 

 

再起動後は既にMagiskが導入されていた。

DisableForceEncryption_Treble.zipにMagiskv16.7が同梱されているようである。

 

 

※注意

TWRPを焼いた後TWRPメニューを開きすぐにDisableForceEncryption_Treble.zipをインストールすること

これをすっ飛ばしたりいったん再起動後にインストールした場合はデータの複合化に失敗し不安定なことになる。

もしそうなった場合は最初からやり直すといい。

 

 

最後にMagisk v17.1でのroot化は次回紹介する。

ポケゴもMagiskシステム女医にて既にバリバリ偽装できることを確認しているので安心してくれ((笑

 

疲れた…

 

 

 


 __∧_∧_ 
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^) 
 |\⌒⌒⌒\ 
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉 
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄