新潟県長岡市の建築設計事務所 ワシヅ設計のブログ -2ページ目

新潟県長岡市の建築設計事務所 ワシヅ設計のブログ

新潟県長岡市を拠点に公共建築、福祉・介護・医療施設、集合住宅、食品工場を代表する生産施設の建築設計を手掛ける㈱ワシヅ設計のブログです。
ホームページはこちらから http://washizu.co.jp/


テーマ:
11月29日、冬の始まりの季節には珍しく穏やかな好天に恵まれました。毎年恒例の事務所協会の研修忘年会で柏崎の椎谷地区の史跡、宮川神社をめぐりました。



椎谷地区は、北国街道の拠点として栄えました。江戸川末期には、馬市が盛大に開かれ、馬喰が一万人、取り引きされる馬の数6~7千頭にもなったそうです。日本海を望む高台には、観音堂が建立され、当時の繁栄ぶりを彷彿させます。





宮川神社は、登録文化財の立派な神社で、周辺の樹木の植生も海岸沿いのこの地域には非常に珍しく、学術的にも価値のある神社だそうです。


普段なかなか訪れることの無い地域でしたが、とても趣のある素敵な場所でした。



テーマ:
日ごろから大変お世話になっている社会福祉法人理事長さまの受勲のお祝い会にお招きいただきました。障がい者福祉への長年の貢献を大変評価されての受勲です。
理事長の挨拶の中で、3つのことに感謝したいと話されていました。
1つ目は、スタッフなど、施設利用者のお世話をされている方の頑張りに対して。さまざまなことに配慮しながら、細やかなお世話をしてくれたこと。2つ目は、障がい者施設を受け入れてくれた地域の皆さまの理解に対して。地域ぐるみで、障がい者への支援に協力してくれたこと。そして最後の3つ目は、グループホームなどへの入居者、施設の利用者及び保護者の方に対して。親元を離れたり、環境が変わることへの不安の中、入居を決断してくれたこと。この3つのことが揃わなければ、障がい者福祉の発展はなく、この度の受勲はなかったとおっしゃってました。
施設の設計にもつながる話ですね。コスト、工期などの制約、デザイン性などもありますが、スタッフへの使い勝手や利便性、利用者に対して安心安全で快適な施設、そして周辺環境、地域への配慮。改めて大切にすべきことを教えていただきました。
理事長、おめでとうございます!



テーマ:
11月22日、県の事務所協会理事会に参加してきました。
今年から広報組織委員長を仰せつかっています。
年2回の広報誌を発行したり、リフォームフェアなどのイベントでの協会PRのための住宅相談会の実施、会員拡大にむけた取り組みなどが主な活動です。
委員会メンバーの協力で、なんとかやっています。

次世代の担い手育成、業界の発展の為の協会活動。少しでも力になれるよう頑張ります❗




テーマ:

 勤労感謝の日の祝日前夜ではありましたが、多くの方に参加していただき会議は大変盛り上がりました。

今回は以前の会議で出された地域活性化に関する意見やアイデアを次のステップに進めるための『企画プロジェクトを作る』をテーマに、ワークショップ形式で会議を進めました。

 

 4グループに別れて、4つのそれぞれのプロジェクトを具現化するための企画書を作っていただき、自らが何をしたらよいのか、何をするべきなのかを、個人でも出来るレベルに落とし込むことで、より具体的な地域活性化の進め方が見えてくるプロセスをワークショップを通じて共有し合いました。

 

 各グループから、それぞれ大変面白い企画プロジェクトが提案され、盛り上がりすぎて時間も大幅にオーバー。 グループの中の1班は早速来月12月にもプロジェクトの実施をスタートさせると意気込んでいました。 

〇「宮路さまのにしんのふるまい会」を御一人1,100円で12月1日(土)に開催。場所は菊池茶屋で行うとのことです。

私も是非ご相伴に預かりたいと思っています!

 

参加された皆様大変お疲れ様でございました。

 

 


テーマ:

東京都で行われたまちづくりに関する座学研修に参加しました。

「地域活性化に補助金をどのように活用するのか」をテーマに、各地域でまちづくりをされている講師の方々の具体的な事例などを含め、今後のまちづくりや地域づくりにの在り方を学べた大変役立つ内容でした。

まちづくりに対して補助金はあくまでも活性化を促す呼び水であり、それに依存せずに、その後をどうやって継続させていくのかという運営方法の重要性を改めて学ぶ良い機会になりました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス