すべての運命は、きっと自分が出会った「偶然」の積み重ねで、

その「偶然」に感謝しながら、懸命に生きていれば、また素敵な運命に出会える。

大げさに言うならば、そんな今自分を取り巻くすべてに感謝したくなる、韓国映画のラブストーリーです。

 

 

 

誰かを想う純粋な気持ちを、これほど眩しく、これほど愛おしく描いた作品を知りませんでした。

もう実に20年ほど前の作品ですが、何度も見直してみても、いつも新鮮な気持ちを教えてくれる、

私にとって韓国映画のバイブルとなった映画、「猟奇的な彼女」。

 

 

 

 

ものすごく大げさに書いておりますが(笑)、作品としての展開は、ごくごく普通です(笑)

所謂、典型的な韓国映画のラブストーリーもので、激しさがハンパない感じはしますが・・・(苦笑)

 

 

当時まったく主演の女優さんを知らないで観て、これほど引き込まれた作品は記憶になかったです。

チョンジヒョン、チャ・テヒョンとクァク・ジョエン監督と、その後の大ヒット作を見れば分かる、超一流スタッフなので当然ですが、

鑑賞当時は、「なんて韓国映画は面白いんだ!!」、と叫んでいた気がしています(笑)

 

今、韓国映画がまたブームになりつつあります。

日本にはない、成人男性の兵役制度や、より家族愛が強い文化の中で、同じ人としてだれかを愛する心を、

どう伝えるか、そこが韓国映画は際立っている気がしています。

 

 

もし韓国映画に興味がある方がいたら、是非お勧めしたい、

実に日本・アメリカ・中国・インドでもリメイクされた、世界共通の王道のラブストーリーです。

但し、多少気持ちよくないシーンもありますよ(苦笑)

 

 

きっと「カノン」を聞くと、好きな誰かを思い出したくなる、そんな作品です。

 

2001年製作/122分/韓国
原題:My Sassy Girl 

 

評価:★★★★★ 

 

 

 

 

フォローしてね