ごく普通の日常生活が、非常にシュールな展開の中で描かれていて、面白い作品です。「殺人の追憶 」のポン・ジュノ監督が見せる、笑いの中にも、「グサッ!」と胸にくる( 注  感動とかではないですよ・・。笑)、動物愛護、愛犬家には非常に、つらい映画です(苦笑)。

 何といっても、ペ・ドゥナの演技がいいです。抜けている天然キャラを見事に演じています。本人曰く、脚本に合わせて演じたのではなくて、ペ・ドゥナの演技に合わせて、ポン・ジュノ監督が映画を撮ったらしいので、

非常に自然な演技になっていて、見ていても安心できます。よくを言えば、もうちょっと出番が欲しかったですね。


 ただ犬を飼っている人間としては、非常に見るのが辛い場面が多々あります(苦笑)。その点を除いて映画として、この作品を見ると、あまり見たことの無い、シュールな笑いがふんだんに溢れていて、展開もハラハラさせられて、面白い作品ですよ。


 恋愛映画で泣くのもよし。コメディー映画で笑うのもよし。とするならば、この映画は、爆笑ムービーではないかもしれませんが、後味の多少残る(?)ちょっとクセになるかもしれない映画です。見てない方は是非どうぞ。


タイトル: ほえる犬は噛まない   評価:★★★☆☆ (犬好きとしては :★☆☆☆☆ です。笑)