無相における飛躍的テクニック上達法  | 開運コンサルタント 和泉堂のブログ

開運コンサルタント 和泉堂のブログ

業界初、予知、透視技能法「無相」をはじめ、無相の原点でもある「麻衣相法」の今風仕立ての読解から、業界における問題提起まで惜しみなく公開しております。また、ブログをまとめた書籍も自主制作で販売しており、強いては商業出版も視野にご縁を求めております。


テーマ:

ホップ → ステップ → ジャンプ →→→→→→ ジャンプ!


【空気感】・【透明感】・【色合い】・【風を感じる】・【手触り感がある】・【五感の働きが冴える。】


↓ (ガスのようなニュアンス)


これらの事がヒントになり、言葉を言える感触となって動き出します。

このメッセージは「何だろう?」と言わば向き合うことです。

ここで、向き合うとは、お客様とのど真ん中の問題点、あくまでステップに真実性にかかっています。また、この無相法の陽法は「嘘が少しでも入ると、それは陰法で見る見方としての扱いにさせて頂きます。」

【ホップ】

お尋ね・問題意識・問題点

【ステップ】

条件・比較

① 応否&ABCパターン

② ボリューム&シャボン玉方式

③ イメージ&言葉のメッセージ

ジャンプ!    

 

【 無相 三段方式におけるパートⅡ 三段方式の更なる飛躍論 】       

この論に入る前に、無相を科学的とした場合を考えてみましょう。

光の応否を主体にしている見方でありますが、波長の長短では、可視光線より長い赤外線と言えます。熱線的とも言えるけれども、見えない物を感じている光なので赤外線のど真ん中とも言えるでしょう。


さて、今回の本題であります、さらなる飛躍の見方は、印堂全体の男の場合(女は反対)は、左半分を特に意識して下さい。(瞑想中)

そして、ベストの状態は、どんな形に、環境に見えるかを出して見ると良いでしょう。


どんなパターンになるか?


どんなボリュームに見えるか?


どんなイメージに映って見えるかなど・・・


例えば、それらが、完成、成功、叶うには「どんな環境が良いでしょうか?」と言った問い掛けをして、(見本をまず出して)見るなどして、その見本(形)に対して、今の状態は、自分は今の思いでは、どんなパターンに見えるか?ボリューム、またイメージになっているかを改めて比較して見るわけです。 


単純に申し上げれば、環境を見る、環境をお尋ねするというのは、その方の、その方向性において、「規模」を見る。「予算枠」を見る。といったニュアンスでしょうか。規模、予算枠が分かった上で、内容を埋めていくようにすれば、また進め方が明瞭であるような気がします。


大きな形は環境としてみえてきたパターン

当面の願い、思いなど。

よりよい形、大きさ

よりよい状態

よりよい運気とは

この差には、「あっさり」と差として、形、ボリュームとして把握して下さい。

と言うことは、これから何を願い、何を考え、大事に何を心掛けたら良いのかのヒントになります。

和泉堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス