ティーチングとコーチング | 絵画をスピード発信!!

ティーチングとコーチング

こんにちは。
スタッフの富川です。
今日で暑さも終わり、明日から暑さもましになるようです。
いよいよ秋ですね。

さて、今日はティーチングとコーチングについて書いてみたいと思います。
ティーチングは、知っている人が知らない人に教える、できる人ができない人に教えることです。
一方、コーチングは、基本的に教える、アドバイスすることはしません。その代わりに、問いかけて聞くという対話を通して、相手自身から様々な考え方や行動の選択肢を引き出します。
ティーチングには上下関係があり、一方通行ですが、コーチングは自発的でモチベーションを上げる方法をとります。

田中拓馬が絵画教室において、生徒のアート作品を作り上げる場合、ティーチングとコーチングを上手く使い分け、作品を作りあげていきます。
田中拓馬は絵画教室以外でも、このティーチングとコーチングを使い分け、物事を伝え教えるのが得意です。
ですから、学習塾の先生にもなれる力があるし、人に何かを教えるのが優れています。
画家でなくても食っていけたりして(笑)
我々は学校の義務教育では、ティーチングでした。
ですが、コーチングも色々な場面で加えていけば、その人の能力はかなり上がりのではないでしょうか。


今日はティーチングとコーチングについて書かせていただきました。
では、ありがとうございました。