春の新歓ハイク~第一章~ 

テーマ:

さださんの体調が心配なところですが・・・

 

しばらくあいてしまい申し訳ございません、広報長の佐竹です。

 

今回もまた、新歓ハイクの市川まっさんぽの続きです。
 

三件連続でおやすみという序章でしたが

ここからは問題ないですよ

 

 

 

さて、続いて一行がやってまいりましたのがこちら

 

質屋さんです。

 

さださんがバイオリンを質に入れ、3000円にしたという質屋

質入れするか何時間も周辺を歩いたそうですが

我々も、入るのは失礼にあたるのではと入るのか入らないかと少し悩みまして・・・

 

結局のところ、中に入らせてもらうことにしました。

(中の写真はさすがに撮影していません)

 

お話を伺いますと、さださんはもっと多くのお金を求めたそうですが、当時の店主は「返せなくて二度と帰ってこなくなるから」と3000までにとどめたそうです。

 

現在の店主はその店主の息子さんだそうで、当時は学生だったためお店の方には出てなかったとか

 

我々の他にもここを訪れる人は少なくないようで、当時の帳簿には付箋が貼ってあり、いつでもそのページが開けるようになっていました。(入るか悩んだ意味はそんなになかったようで・・・)

 

さて、一行は質屋さんを出まして真間川沿いの文学の道を通り

 

次なる目的地は手児奈神堂

 

この道中におきまして常連様が「暑いでしょう」と扇子をくださりました。

 

そしてそれが、さださんにあやかってとメガネ柄

 

ありがたい限りですが、芸が細かいですねぇ

 

この日はさだ研Tシャツをきている人物が少なく、

住宅街なので旗も立てられず、よくわからない集団でしたが

 

これでメガネ柄の扇子を共通して持つ奇妙な集団に!

 

さぁ、手児奈霊神堂にやってまいりますと

 

さださん植樹の桂の木がお出迎え!

 

 

詳細は上の写真を参考にどうぞ

予断ですが、手児奈(てこな)とは千年以上前にいたとされると女性のことだそうで、悲運の死を遂げたその人物を祀ったものだとか・・・(詳しくは手児奈霊神堂のHP等参照)

 

2010年の生さだの際、さださんも訪れています

https://www.nhk.or.jp/masashi/sanpo/1004.html


↑↑

詳しくはこちら

 

ちょうどやってきたバルサンをモデルに

まっさんぽと似たアングルで撮ってみました。

さださんのときとは入り口が少し違っています。

 

本当はさださんの写真と比較したいのですが、著作権が怖いのでURLを参考に・・・

 

 

そのまま真間山弘法寺(ぐぼうじ)の階段にある夜泣き石を探す一行

ん?これか?

 

まっさんぽの写真と同じ場所明らかに他と異なる石を発見したものの、乾いている・・・

 

涙も枯れる暑さということですかね・・・

 

ついでに言いますと、まっさんぽではこちら、「夜泣き石」と書かれていますが、「涙石」が正しいそうです

「夜泣き石」は同じ市川市内の「里見公園」にあるそうなのでそちらも参考に・・・

 

さて、弘法寺というお寺ですが、弘法というだけあって真言宗なのかと思っていましたが日蓮宗

どういうことか気になりましたが由緒を見てさらにびっくり

 

もとは行基が先ほどの手児奈の霊を供養した求法寺というらしく

平安時代に空海が伽藍を整備してここで弘法寺に

(おそらく読み方は両方「ぐぼうじ」なのでしょうね)

それから100年もしない間に天台宗、鎌倉時代には日蓮宗にと改宗をしていき、現在に至るらしく興味深いお寺でした。

 

それから千葉商科大学の前を通り坂を下りしばらく歩きますと

 

芳沢ガーデンギャラリー

 

二年前こちらにて「さだまさしミュージアム」が開かれていたわけですが、もちろん今はやっておりません。

 

さてさてまだ書くことは多いのですが、弘法寺に結構な時間がかかってしまったので今回はここまで

 

次回以降も住宅街部分が多く写真は少なめですが

さださんの下宿先付近の散策報告をしていきます。

 

次はもう少し早めに更新するようこころがけますので

どうぞよろしくお願いします。

AD

春の新歓ハイク ~序章~

テーマ:

お久しぶりでございます。仕事をしない広報長佐竹でございます。

 

先に謝罪申し上げます。更新をまったくしておらず本当に申し訳ございません。

 

と、申しますのも、私が所属します國學院大學の落研に想像以上の新入生が入りまして・・・

 

その落語指導で手一杯・・・

 

まぁ、言い訳はこれくらいにしておきまして

 

4月恒例の新歓ハイクが行われました。

 

例年スカイツリーを見上げて「東京」って小さく呟き始まり、

忍ぶ不忍、無縁坂から聖橋に檸檬を投げ(るふりをし)て終わる

下町ツアーを行っていましたが

 

今回は理工展や卒業コンサートにも来てくださる常連様の案内で、さださんが若き日を過ごした市川をまわりました。

 

名づけて市川まっさんぽ

 

市川といえば二年前に「さだまさしミュージアム」が開かれてもいましたね。

 

今回はそのときのパンフの地図を参考にルートを決めてくださったようです

 

↑JR市川駅

 

相変わらず遅刻者が多い中、最初にやってまいりましたのがこちら

湯浅四郎樹商店!

 

さださんが好んで食べた塩イカが売っているそうですが、本日はおやすみ

 

いつか必ず買いに行きたいと思います(笑)

 

続いて向かったのはデビュー当時からさださんを応援している

レコード店「ヨーロー堂

未だにさださんのレコードを買うと初回特典がついてくるらしいのですが

こちらもこの日はお休み・・・

 

 

さださんも毎日乗っていた京成本線の線路沿いを歩いていきまして、次に向かいましたのは、さださんが北原白秋の詩集を買ったという智新堂書店

 

さださんと北原白秋といえば「桐の花」だと村長が言っておりましたが、

 

名曲が生まれる土台がこの町にあるんだなぁとしみじみやってまいりますとっ

こちらもお休み…

 

三軒連続でおやすみという展開で始まりましたが、今回はここまで

 

次回はさださんが実際にこの町で行動していた証拠も登場!

 

きちんと全編書きますので、よかったら今後も見てやってください

AD

もう5月も終わりですねえ

テーマ:

皆様こんばんは。はまちゃんです。とってもご無沙汰で申し訳ございません。

 

桜の花も散り、新緑のまぶしい時期となってまいりましたね。私も現在、黒衣(いわゆるリクルートスーツですね)をまとって、都内を駆け巡っております。

 

さて、今年度も新入生が続々と入信……もとい入会してくれました!当さだ研は、都内の大学生であれば学年、院生は問いません、ですので「さだ活仲間が欲しい!」、「さださんについてゆっくりじっくり語りたい!」、「ようわからんばってんがら、さだ研にかたりたかとですけど……」という方、是非ともご連絡ください!(なお、ご質問なども歓迎しておりますので、その際はTwitterの当会アカウント、もしくはこちら(waseda.sadaken0410@gmail.com)までどうぞ)

 

そして、こちらのブログでは事後報告となり申し訳ございませんが、さる5月4日(木)にNHKEテレにて、「ジュー

ダイ」という番組に当会から10代を2名派遣しまして、出演させていただきました!ご視聴いただきました皆様、どうもありがとうございました。当会を代表いたしまして、御礼申し上げます。

 

さて、私の書くブログにしては、少々拡大版となりましたが、今夜はこの辺りで店じまいといたします。それでは、皆様おやすみなさいませ……。

 

AD