女子部 夏季強化合宿

テーマ:

こんにちは。広報係2年の大重です。

前回のブログに引き続き、今回は8月26日から29日までの4日間長野県にて行われた女子部夏季強化合宿についてお届けします。

 

毎年お世話になっているたんぼ荘さんは周囲が山や畑など自然に囲まれており、のびのびと弓を引くことが出来ます。

 

普段の練習の何倍も矢数がかかりますが、同行して頂いたコーチの方々からの指導や部員同士の見取り稽古を通して、各個人が自分に今足りないものだけでなく自分の射の良いところにも気づく事ができました。

 

 

また、練習前後には毎回テーブルに収まりきらない程の美味しい料理を準備してくださいました。食事で体力や筋力をつけることも練習のうち。昨年度よりも部員が増え、賑やかな食卓となりました。

 

 

夕食後も自練を行えるなど、部員と寝食を共にしながら一日中弓と向き合うことができるのが合宿の魅力です。

 

練習が主な合宿ですが息抜きとして合間にBBQやスイカ割り、花火などの夏らしいイベントもあります。

 

 

スイカや花火をはじめ、今年も多くの方から差し入れを頂きました。このようなイベントを通じ、周りの方々の支えがあるが故に私たちは弓を引けるのだと改めて実感しました。

 

最終日には部内試合を行い合宿の締めくくりをします。

4日間の合宿を通して得たものが発揮されていたと思います。

 

本年度は例年よりも2日短い合宿となりましたが、密度の高い時間を過ごすことが出来ました。

今週から始まったリーグ戦。この夏の遠征や合宿などから得た自信を糧として「奪還」の言葉のもと部員全員が一丸となり突き進んでいきます。

 

 

AD