ビートウォッシュ

テーマ:
洗濯機を、買い替えた。しばらく前から調子が悪く、「どうしたものやら・・・」と、思っていたのだ。今時の、新しい住宅ならば洗面所などに併設して、洗濯機置場があって設置するのであろうが、うちの場合は古いタイプの住宅構造ということもあり、洗濯機は軒下に置いていて、いわゆる”屋外の設置”である。だから、当然のことだが、雨風は少なからずかかってしまうのだ。

最近の洗濯機は、マイコン制御ということもあり、この屋外設置の風雨は、どちらかと言えば良くないようだ。昔ながらの洗濯機であれば、”バリバリッ”とタイマーのダイヤルをひねって、渦巻き水流でのタイプが普通。風雨の耐久性なら、きっと今のものより強いのでしょうかねぇ?。

以前から、日立の洗濯乾燥機を使っていたこともあり、今回も日立製にした。今までのものと違うのは、ヒーター式の乾燥機ではなく、乾燥機の方式が、「エアジェット乾燥」というもので、外気を取り込んで送風により乾燥するらしい。

型式は、BW-E670KV(新しい製品のせいか、メーカーサイトもまだ写真が準備中となっている)。選択容量が7キログラム、エアジェット乾燥容量が4キログラムとなっている;
仕事場の超近くにある、エイデン岡崎本店で購入。新聞広告の本体価格が、89800円(8キロタイプは、99800円)。「マケて欲しいなぁ・・・マケれくれたら、容量の大きい8キロがいいなぁ・・・」。

結局、本体価格、古い洗濯機のリサイクル料、大物洗濯用の中蓋を買って、だいたい80000円となりました。まっ、こんなところでしょうか。

先週の金曜に、仕事の休憩時間にエイデンで注文して、今夜配送センターから来て、設置が完了しました。

カタログに、”節水ナンバー1”とあるので、いままでよりは水を使う量が少ないようで、文字通りのビートウォッシュで、中の水が書き上げられてシャワーの様に降り注ぐように洗われていきます。電気代も、きっと少ないんでしょうかね。しばらく、楽しめそうですワィ!!