初代フライ級王座T決勝は石井一成×大崎一貴に! | 石井一成 世界王者への道 KING OF MUAYTHAI

石井一成 世界王者への道 KING OF MUAYTHAI

世界王者を目指しムエタイの練習に明け暮れる石井一成のオフィシャルファンサイトです


テーマ:

KNOCK OUT 10.7 後楽園ホール

初代フライ級王座T決勝は石井一成×大崎一貴に。

 

KNOCK OUT 2018 cross over
2018年10月7日(日) 後楽園ホール

 

第6試合 KING OF KNOCK OUT初代フライ級(51kg)王座決定トーナメント準決勝 3分5R
○石井一成(東京KBA/元タイTrue4Uフライ級王者/51.0kg)
×仲山大雅(RIOTジム/RKA(琉球かきだみし協会)フライ級王者/51.0kg)
3R 2’04” TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる鼻の負傷)

 フライ級王座決定トーナメントは6月の後楽園ホール大会8月の大田区総合体育館大会で一回戦2試合ずつが行われた。石井は昨年10月のRIZINで判定負けした相手である政所仁に判定勝ちし初戦突破。仲山はWMC日本スーパーフライ級王者の山田航暉を2R左ストレートで沈め準決勝に進んだ。決勝は12月9日の両国国技館大会で行われる。

 1R、サウスポーの仲山が圧力をかけ、伸びのある左ストレートを度々ヒット。右フック、左ミドルも当てて優勢。石井も右ロー、ミドルを返すが攻撃が少ない。記者採点もジャッジも9-10で仲山。
 2R、石井は持ち直すと、圧力をかけて右のストレート、右ローのヒットを増やし挽回。仲山は後手に回り、時折バランスを崩してしまう。記者採点もジャッジも10-9で石井。

 3R、仲山も序盤こそ左ストレートを当てたが、石井が前に出て右ストレートを当て続けて攻勢。仲山は後退が続く。石井が右の縦肘も当てると、仲山は鼻血が激しくなり、ドクターチェックでストップがかかった。

 石井は「1R目にたぶんパンチをもらってから目が見えなくなって、オープンスコアで初めてポイント負けしたのを聞いて、セコンドからも怒られて、取り返さないと後がキツいなと思いました。2Rは取りに行く気持ちで行きました。3Rも目が見えなくて、ローキックをカットされたら足を痛めたので、パンチに切り替えて、そこから縦肘を当てたら鼻に当たりました」と逆転に至った流れをインタビューで語った。

by

ISHII KANAMEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス