はいー岸川だーい

{2F4262E5-5CC0-497B-878B-33E4C6F04787}

{8A6F8170-6612-4786-8344-DE17B31E1293}
撮影:kodai uwabo(@gefuhlaureole

昨日はハグロック、共鳴スペクトラム
ありがとうございましたー!
昨日もコンタクトなくしまして、
嫌になったから今日メガネ買いに来ました。🕶

ちょっと自分的脱皮期間でして、
見た方はわかると思います。

toitoitoiのライブ、楽しみにしてね。
早く歌いたいね。

さて、
きかざるを購入したみんなが更に楽しめるよう、
まだ見ぬ貴方がちょっと興味が湧くよう、
突如始まったこの

コアラ岸川の独り言シリーズコアラ
(急なシリーズ化)

第一弾は岸川のセルフライナーノーツを
お届けしました。

まだの方はこちら⏬


本日からはツイッターで 
「#toiきかざるを作った人達」を見た方も
いると思いますが、
作った人達を紹介します。

アートワーク編、サポートメンバー編
エンジニア編
もあるよ、ぜひ読んでね。

引き続き

📽映像編📽

です!!

今日はご存知の方も多いかな?

絵描きのYANです!
{51D8727E-5B59-4368-8037-C91291DD0E75}


あ、ちごたー!!!
(長渕先生、すみません)

{F802552D-2279-4D6B-8275-AABED0ACEC72}

YANです。

彼とは長い付き合いですねー。

現在はThreeQuestionsていうバンドに
絵描きとして加入しなり、
自身の即興バンドART-ment
も結成するなど、
音に融合して爆発的なイメージで
絵を仕上げていく、いわゆるライブアートを
軸にした活動をしています。

音に合わせて絵を描くっていうか、
なんか、YANのは違うんだよなあ。

アートメントから言葉をかりるなら、

音達に反応し、
直感的に見えた”一瞬”を逃がさない様に筆を進める。
そして、その日の絵ができていく。

これが "LIVE ART"新しい セッションの形。」


ライブアートの名前そのものなんですよ、
YANのは。
添え物でも脇役でもなく、
音楽の一部になれる、そんな絵だと思います。

私、絵は静かにゆっくり見たいですもん。

だからライブアートやるなら、
やる意味を見せてくんないと。

私はYANの絵をみてるから、そう思いますよ。
YANのがライブアートです。

最近はライブアートを世に広げるプロデュース
も多数行なっていて、

私がかなり面白いと思っているのは

こちらは絵を描いている瞬間を見ながら
お酒を飲むライブハウス。

起承転結の中、音のライブが現れるのは
ほんの一部。
時には無音の中描かれていく様を見れます。

音楽の中の絵ではなく、
絵の中の音楽。
私もPAJAMARZとして参戦しましたが、
本当にムズイ。そしてやりがいがある。

絵は生物だと感じられます。
ぜひ体験してほしい。

絵描き達のライブハウスでも、
なかなか多くの人の目に留まる場所で
絵を描けない絵描きさんを沢山呼んでいるし、

GO AROUND JAPAN
という野外フェスではアート部門のオーガナイザーも
担当していて、
こちらでも同じく絵を描く行為を
日の当たる場所に導く活動をしています。

彼が与えるのはいつもきっかけ。
きっかけをどうするかは、やる人本人の話。

描いた絵が部屋の隅でも、
友達でも、恋人でも、家族でもなく
誰かの目に留まるようにする。

それは誰しもができることではないと思うのです。

だから、YANの蒔いた種、
いつか咲くと思います。

さて、そんな彼は
今回はMV「ペネロポ」で、
アートを担当しています。

参加した絵描きは3人いて
1人はアートワークでも描いた丸山潤さん。
丸山さんは被写体をコラージュで隠す
手法も使用していて
かなり映像にインパクトを加えてくれています。
(彼の詳しい紹介はjun Maruyama編をよんでね。)

あとは明日紹介するDEL。

そしてYANです。
ヤンはバッキバキの原色使いが気持ちいい。

先に描いたフジタヨーヘー氏の用意した
映像を印刷した紙、一枚一枚に
それぞれの絵描きが
そのまま直でアートをしています。

{71929C64-2A2F-4518-9ADD-F0BD62181325}

こんな感じ。

すごいよねー。

で、それをまた一枚一枚カメラマンのかまた氏が
撮影し、監督が編集し、
こうなるわけ。



    明日も引き続き作法含めて
絵描きを紹介していきますね。

YANと仕事できてうれしい。
彼に出会った頃からあるこの曲で、
最高の共作ができたこと誇らしいです。

ありがとう。