鬼 母 | ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

〝可憐な花々に囲まれた心温まるお葬式〟をモットーに、日々お客様のために頑張っております葬儀社ウォームハート・・・の社長、人呼んで「葬儀屋ナベちゃん」です。 毎日の仕事や、人・映画・書籍等との出会いの中で感じたことなどを徒然なるままに綴ってまいります。


テーマ:

少年は両親の愛情をいっぱいに受けて育てられた。
殊に母親の溺愛は、近所の物笑いの種になるほどだった。

その母親が姿を消した。 庭に造られた粗末な離れ。
そこに籠もったのである。 結核を病んだのだった。

近寄るなと周りは注意したが、母恋しさに少年は離れに近寄らずにはいられなかった。

しかし、母親は一変していた。

少年を見ると、ありったけの罵声を浴びせた。
コップ、お盆、手鏡とと当たり次第に投げつける。

青ざめた顔。 長く乱れた髪。 荒れ狂う姿は、鬼だった。

少年は次第に母を憎悪するようになった。
哀しみに彩られた憎悪だった。

少年6歳の誕生日に母は逝った。

「お母さんにお花を」 と勧める家政婦のオバサンに、少年は全身で逆らい、決して棺の中を見ようとはしなかった。

       


父は再婚した。 少年は新しい母に愛されようとした。
だが、ダメだった。 父と義母の間に子供が生まれ、少年はのけ者になる。

少年が9歳になって程なく、父が亡くなった。 やはり結核だった。

その頃から少年の家出が始まる。 公園やお寺が寝場所だった。
公衆電話のボックスで、体を二つ折りにして寝たこともある。
そのたびに警察に保護された。

何度目かの家出の時、義母は父が残したものを処分し、家をたたんで蒸発した。

それからの少年は、施設を転々とするようになる。

13歳の時だった。 少年は知多半島の少年院にいた。
もういっぱしの〝札付き〟だった。

ある日、少年に奇跡の面会者が現れた。
泣いて少年に柩の中の母を見せようとした、あの家政婦のオバサンだった。

オバサンはなぜ母が鬼になったのかを話した。

死の床で、母はオバサンにこう言ったという。

「私は間もなく死にます。 あの子は母親を失うのです。
幼い子が母と別れて悲しむのは、優しく愛された記憶があるからです。
憎らしい母なら死んでも悲しまないでしょう。

あの子が新しいお母さんに可愛がってもらうためには、死んだ母親なんか憎ませておいたほうがいいのです。

その方が、あの子は幸せになれるのです。」

少年は話を聞いて呆然となった。
自分はこんなにも愛されていたのか。
涙がとめどもなくこぼれ落ちた。

札付きが立ち直ったのは、それからである。

               
 『心に響く小さな5つの物語』(致知出版社・刊行)より

 

           ◆     ◆     ◆     ◆

今日は5月第2日曜日…母の日です。

 

       

 

 

 

               ペタしてね

 

               人気ブログランキング

ナベちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス