進 出 | ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

〝可憐な花々に囲まれた心温まるお葬式〟をモットーに、日々お客様のために頑張っております葬儀社ウォームハート・・・の社長、人呼んで「葬儀屋ナベちゃん」です。 毎日の仕事や、人・映画・書籍等との出会いの中で感じたことなどを徒然なるままに綴ってまいります。


テーマ:

皆さんは、普段ジョギングやランニングをなさっていますか?

統計によれば、現在日本のランニング人口は約1,000万人。
単純計算で10人に1人が走っていることになります。

ただそのレベルは千差万別で、公式のマラソン大会で完走しているランナーは約30万人前後だそうですから、トップクラスは全体の約3%ということになりますか。

そのマラソンブームが起きたのは、おそらく1964(昭和39)年の東京五輪で円谷選手が銅メダルを獲得してから・・・しかし当時はまだ男性が主体。

女性がマラソンに進出したのは、その2年後・1966年に開催された第70回ボストン・マラソンがキッカケ。

※その経緯に関する過去記事は、こちら。(↓)

 

 

これに刺激を受けたのでしょうか、日本国内のマラソン大会に初めて女性が参加したのは、1971年に開催された第5回青梅マラソン。

2名がエントリーしたのですが、まだこの時は10km。


同大会の30kmに女性が初めてエントリーしたのは、その3年後の1974年でした。

そして日本の女性に勇気を与えるランナーが彗星の如く登場したのは、国内ではなく海外・・・その僅か2ヶ月後に開催された第78回ボストン・マラソン。

女性42名が参加した同大会で2時間47分11秒というコース新記録で優勝したのが、日本生まれの日本人・ゴーマン美智子さん。

 

        

           
おそらく私と同年代以上の方なら、彼女の名に聞き覚えがあるはず。

彼女はその後1976年2月の青梅マラソン30kmに特別参加し、貫禄の優勝。

同年10月のニューヨーク・マラソンでも2時間39分11秒で、更に1977年4月のボストン・マラソンで2度目の優勝を果たしました。

 

        

  
まさに日本女性ここにあり・・・もし当時女子マラソンがオリンピック種目に採用されていれば、金メダル確実という大活躍。

これが大きな刺激になったのでしょう、その翌年・・・即ち今からちょうど40年前の今日・1978(昭和53)年4月16日に、日本で初めて女性だけが参加した

 第1回女子タートルフルマラソン大会

が東京・多摩湖畔で開催されたのです。

多磨湖畔の周遊道路13.6kmを3周する形で行われ、49名がエントリー

 

最高齢が71歳だったといいますから驚きます。

同大会を主催したのは、中高齢者の健康保持増進を目的として1973年に設立された社団法人・日本タートル協会。

長生きの象徴であり、スピードを競わずゆっくり走るイメージから亀(タートル)を名称に冠したとか。

しかし同大会で優勝した外園イチ子さんのタイムは3時間10分48秒・・・タートルどころかウサギ並み(?)のスピードでした。あせあせ

 

翌1979年には、世界で初めて国際陸上連盟が公認する女性限定の大会として第1回東京国際女子マラソンが開催され、以降女性のマラソンは男性と同等の種目として定着しました。

・・・というより、日本では今や男性より女性の方が国際的にレベルが上ですけどネ。

日本初の女子マラソン大会が開催された東大和市では、2013(平成25年)に記念碑が建てられ、除幕式には優勝した外園さんも出席したとか。

 

        

残念ながらゴーマン美智子さんは2015年に他界されましたが、女子マラソン大会に参加したり観戦する際は、彼女たち先駆者の名を思い出し、敬意を払いたいものですネ。扇子

 

 

             ペタしてね 

 

              人気ブログランキング 

ナベちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス