キャンペーン狂騒曲 < 上 > | ナベちゃんの徒然草

ナベちゃんの徒然草

還暦を過ぎ、新たな人生を模索中・・・。

官公庁ならいざ知らず、民間会社であれば 〝販売強化キャンペーン〟 を行う会社は多いと思います。

 

(葬儀業界でもキャンペーンを実施する会社があるという話を以前耳にしたことがありましたが、一体ナニを販売強化するのか?・・・私にはちょっと理解できません。)うー

 

かつて私が勤務していた損保会社でも、毎年11~12月に〝積立保険キャンペーン〟なるものがあり、その時期が近づくと憂鬱になったものです。 

(生保業界でも、11月は昔から〝保険月〟って言われてますょネ。)

 

とは言え、これもお仕事・・・何としても入賞しなければ勤務評定にも響きますから、営業社員は必死になります。

 

そこで販売代理店さんに頑張ってもらおうと、各支店・支社では知恵を絞っていろいろな施策を打ち出すわけですが・・・。

 

約20年にわたる在職経験の中、何度も苦労させられたこの恒例行事(?)で、私には忘れられないキャンペーンがあります。

 

それは今から約30年前のこと。

 

毎年繰り返される積立保険キャンペーンに、代理店さんも食傷気味・・・何か今までと違うやり方はないか?・・・と営業課の社員全員で頭を捻る中、当時平社員だった私が提案した 『お楽しみ福引抽選会』 が採用されました。

 

従来は契約高上位の方から順に高額賞品をゲットしてしまうために、途中で諦めてしまう方が何人も出てしまっていたんです。

 

それを防ぐために、売上高○○万円につき1回の福引券を差し上げて、キャンペーン終了後に全員集まって福引大会を開催・・・これならば運次第で、売上げトップを取れなかった方でも一等賞が当たる可能性があるわけです。

 

そして皆さんがやる気の出る目玉賞品として、一等賞は 『ビデオレコーダー』 に決定!      

 

当時はホームビデオ規格戦争がVHSの勝利で決着がついた直後。

 

誰もが欲しがる最新の電化製品ということで、キャンペーンのキックオフでも代理店さんの評判は上々でスタートの盛り上げは、とりあえず大成功。

 

ところがその翌日、予想外の問題が勃発したのです。うー

 

                   ・・・・・To be continued
 

 

               ペタしてね

               人気ブログランキング