動く階段 | ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

〝可憐な花々に囲まれた心温まるお葬式〟をモットーに、日々お客様のために頑張っております葬儀社ウォームハート・・・の社長、人呼んで「葬儀屋ナベちゃん」です。 毎日の仕事や、人・映画・書籍等との出会いの中で感じたことなどを徒然なるままに綴ってまいります。


テーマ:

これに乗ったことのない方って、日本国内には殆どいらっしゃらないでしょうネ。

今日・3月8日は、その


 エスカレーターの日

 

なのだそうです。

 

今から104年前の今日・1914(大正3)年3月8日に、日本初のエスカレーターが東京・上野の大正博覧会に設置され、その運転試験が行われたことを記念したものだそうな。

 

〝エスカレーター〟という名称は、ラテン語の階段を意味する 〝スカラ〟とエレベーターの合成語で、元々はアメリカのオーチス・エレベーター社が登録商標した商品名。
 (※ただし、既に同社は登録商標を放棄)

 

現在、日本には5万台以上のエスカレーターが設置されているそうですが、最も長いのはニューレオマワールド(香川県丸亀市)にある〝マジックストロー〟で、全長96m、高低差42m。(↓)

 

        

 

あまりに高くて、高所恐怖症の方は下を見られないとか・・・。驚き顔

 

高い所大好きの私は、是非一度行ってみたいものです。

しかし世界一は、更に凄いんです。

ギネスブックには香港にあるヒルサイドエスカレーターの800mと記載されています。

が、これは40mのエスカレーターが23基接続されており、厳密には1本のエレ
ベーターとは言えません。

支柱がなく両端のみで支えられている世界最長のエスカレーターとしては、米アトランタにあるCNNセンターに取り付けられた、長さ62mのもの。(↓)

    

足の下に何もないってところに、ちょっと恐怖感が・・・。 

ただしギネスにはまだ登録されていませんが、ロシアの地下鉄には全長130mのエスカレーターがあるそうな。

    

こんなエレベーターが急停止して将棋倒しになったら・・・なんて考えたくないですネ。

 

逆にギネスブックに登録されている世界最短のエレベーターはというと、実は日本にあるんです。

それは神奈川県川崎市の岡田屋モアーズに設置されている下りエスカレーターで、たった5段、高低差は僅かに83.4cm。() 

 

       

 

ご覧の通り横に階段がありますし、(画像にはないですが) このエスカレーターの手前は階段なんです。

一体何のために作ったのやら・・・あっ、もしかしてギネス狙い?あせあせ

 

さてエスカレーターというと、よく話題になるのが 「歩く人のために、右・左どちらを空けるか?」 ってこと。

一般的に東京は右、大阪は左だと言われていますが・・・その境界線はどこになるんでしょう?

 

名古屋・東海地区の方はどちらを空けます? 
皆さんのお住まいの地域ではどうでしょう?

 

それともうひとつ、私が気を付けていることが。
 

それはエスカレーターに乗る際、前に女性がいた場合は必ず1段空けること。

 

あらぬ誤解を受けたくないからですが・・・男性の方、どうしてます?

 

 

             ペタしてね 

 

              人気ブログランキング 

ナベちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス