ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草

〝可憐な花々に囲まれた心温まるお葬式〟をモットーに、日々お客様のために頑張っております葬儀社ウォームハート・・・の社長、人呼んで「葬儀屋ナベちゃん」です。 毎日の仕事や、人・映画・書籍等との出会いの中で感じたことなどを徒然なるままに綴ってまいります。


テーマ:

〝9・11〟・・・早いもので、〝アメリカ同時多発テロ事件〟の悪夢から16年の月日が経ちました。

犠牲になれらた方々にとって、今日は仏式で言えば十七回忌に当たりますが、実は個人的に忘れられない同年代の女優さんの命日・三十三回忌でもあるのです。 それは、


 夏目 雅子 さん

私より1年早い1957年に横浜で生まれた夏目 (本名:西山 [旧姓・小達] 雅子) さんは、東京女学館小学校から中・高とエスカレーターで進学。

19歳の時に486人が参加したオーディションに受かってドラマのヒロインの座を掴み、女優デビューを果たします。

しかし彼女を一躍スターの座に押し上げたのは、カネボウ化粧品のキャンペーンガールとなり、 〝クッキーフェイス〟のTVCMでその眩しい肢体を惜しげもなく披露したことがキッカケでした

(※ちなみにこの時のCMのディレクターが、後に夫となる伊集院静氏。 但し伊集院氏は既に既婚者で不倫関係でしたが・・・。)

      


この時、夏に注目される目玉商品に・・・という思いから、芸名を本名の小達雅子から夏目雅子へと改名した彼女は、NHK大河ドラマにも出演するなど順調にキャリアを積み重ねていきます。

TVドラマ 『西遊記』 では役作りのため実際に剃髪したり、映画 『鬼龍院花子の生涯』 では

「他の女優さんが脱いでいるのに、自分だけ脱がないのはおかしい」


と事務所の大反対を押し切りヌードシーンを撮影するなど、その体当たりの演技は観る者が気圧される程の迫力がありました。


将来を嘱望された彼女が撮影中に体調不良を訴えたのは結婚翌年、27歳の時。 入院先の慶応病院で下された診断は急性骨髄性白血病でした。


一時は退院間近といわれましたが、体調が急変・・・1985年9月11日、28歳の誕生日を迎えることなく、天国に召されてしまったのです。


美人薄命という言葉そのものの、あまりに短い生涯。

「白血病の闘病による脱毛に悩む患者さんの社会復帰を支援したい」

という彼女の遺志を継いで、ご遺族を中心としてカツラを無料貸与する 『夏目雅子ひまわり基金』 が設立されたとのこと。


〝ひまわり美人〟の心は、今も多くの方々を救っているのです。笑3

それでは彼女の演技の中で最も衝撃的かつ有名なワンシーンを拝見しながら、あらためてご冥福をお祈りしたいと存じます。


 


【余 談】


実はこの啖呵は、当初台本には入っていなかったとか。

「なめたらいかんぜょ!」は、当時東映から冷遇されていた五社英雄監督が酒を飲むたびに口にしていた反骨の捨て台詞。

そして既に病に侵されていながらも五社監督の自宅に押しかけて土間に正座し、「この役をやらせてください」と直訴した夏目さんの執念。

そのふたつの情念が相まったド迫力が観る者を圧倒するのは、当然かも・・・。



             ペタしてね


              人気ブログランキング



AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

ナベちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング ちょい悪オヤジジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。