• 17 Dec
    • ”子育て中のプラス意識”

      こんにちは。今日は終日、サッカーの試合でクタクタです。(私がやったわけではないですが…観戦のみ)なので、面白いこと書けそうもないから友人のブログの中で良い記事があったのでリブログします。子育て中のお母さんのお役に立てば!

      7
      テーマ:
  • 16 Dec
    • 和田中10カ条

      こんにちは。昨日は中学校の説明会でした。息子は説明会自体に興味なく、説明会のあとの部活見学を楽しみにしていました。中学の部活かー。そういえば、2年くらい前だったかな、友人が面白い記事を見せてくれたのを思い出しました!「和田中の10カ条」です。これは、スポーツ指導者に対して、選手たちが真剣に悩んでいること10個の提言にまとめたものです。子どもの視点で10カ条 理不尽なスポーツ指導んー、的を得てますねー。親が思ってる以上に子どもたちはしっかりしている。先生だけじゃなく、私たち親も肝に銘じておきたいものです。では、また

      13
      テーマ:
  • 15 Dec
    • 泣けた!ドクターX 最終回

      いやー、ドクターX最終回良かったー、ものすごく良かった〜。今回は涙なくして語れませんな。晶さんと未知子の師弟愛どこが感動したがって、やはりここでしょ!↓晶さんが嗚咽しながら発した言葉「患者のためならなんだってするのに、自分のことはどうして後回しにするの! あんただって患者なのよ未知子!」「悔しい…悔しい。いちばん大事なときに、いちばん大事な愛弟子のオペができないなんて、なんのために医者になったのかわかりやしない…」「あなたにはもっと生きていてもらいたい」うんうん、そうだよねー。そして、未知子自身も目に涙を浮かべながら「わかったから、晶さん・・・だから、泣かないで。わかったから。ばかあ・・・、ばかあ・・・」そして、痛みに耐えながら未知子が伝えたいことそれは「外科医の手術力は、最初のトレーニングできまる。 どれほどの、熱意をもって手術を学ぶか。 どれほど、うまい外科医の手術をみるか。 川の水が、流れるように 基本手技を、反復し 美しい最終術野をつくる それが。理想の手術。 そして、一番大事なのは どんなに厳しいオペでも決して患者を見捨てないこと。 私の大事な師匠が教えてくれた。」うわーん、泣かずにはいられない。決して患者を見捨てない…、なんて立派なお医者さまなんだろう。そのためには並々ならぬ努力をしていたんですね。手術中にどんな不測の事態が発生しても対応できるように、ありとあらゆる方法を想定していた。メモを取り、何度も練習をする。絶対的な言葉の裏側には絶え間ない努力があったということです。これって私の仕事にも同じことが言えるのです。よく、師匠の三洞さんに言われるのが事前の準備がとても大切!メモを取れ!練習をしろ!です。私も絶対的な言葉を言えるように見習いたいと思います。では、録画したものをもう一度見て、またまた感動しちゃおう!では、また

      2
      テーマ:
  • 14 Dec
    • ボディービルダー

      こんにちは。今日は『としま苑』の女将の日。18時開店前からお客さんが来ていました。その後も続々と入店!で、その中に、ちょっと日焼けした素敵な女性がいました。彼女の職業はFP(ファイナンシャルプランナー)です。そう、私と同業!とても、笑顔が素敵な女性。同業って事で色々話していると、店主の三洞さんが「この子の腕、触らせてもらえ。」っていうので触らせてもらったらな、なんと、ピキピキ(←この表現があっているのかはわかりませんが)という感触。「この子、ボディービルダーだからね。」と。おー!そう言われると、ワンピース着ていたからわからなかったけど、よく見ると、確かに引き締まった身体。すごーい!まさに、ボディービルダーとまではいわないけれど、身体鍛えたいモードの私は、神に見えました!ここぞとばかり根掘り葉掘り、聞きまくって…。そしたら、「食事のアドバイスしてあげますよ。」っていってくれたので、LINEを交換して甘えることにしました。でも、身体を動かすことはした方がいいらしいので、ジムにも通うつもりです。今回選んだのはこちら↓宇都宮唯一美尻美脚づくり専門パーソナルトレーニング宇都宮唯一の女性のための美尻美脚ボディメイク専門パーソナルトレーニング「Valeza」のHPにお越しいただきありがとうございます。”母でありながら美しく健康でいたい!”、”いつまでも若々しくいたい!”、自分に自信を持ちたい!”と願うあなたを全力でサポートいたします。〜〜〜〜〜体験日調整中です。体験したら、また、感想書きますねー。では、また

      13
      テーマ:
  • 13 Dec
    • ジムのカウンセリング、体験に行ってきました!②

      うっ、昨日の体験で、すでに筋肉痛が…肩、脇、もも裏、おしり、痛いです。翌日に筋肉痛が出るなんて、まだまだ若いのか、よっぽど普段筋肉を使ってないのか、どちらかでしょうね。今回、私が体験したのは、宇都宮にある『ラムダ』。料金はこんな感じになってます。~~~~~【料金】☆トレーナー別年会費 90,000円(税別)~専属トレーナーによる●1年間毎日の食事管理・アドバイス●月1回の定期カウンセリング●1ヶ月ごとの定期測定・写真撮影☆パーソナルトレーニング料金 1回50分 6,000円(税別)~~~~~どのランクのトレーナーにするかで料金はかなり違います。週2通うと、トレーニング料金だけで月々51,840円!それにトレーナー料金、最低でも、年間97,200円!決して安くはない。なので、高級トレーニングジムだと、かってに解釈してわくわくして行きました。そしたら・・・。ふつーのお姉さんがふつーに受付してくれました。脱衣所も簡単な感じ。トレーニング室は狭い。まーでも、マンツーマンで1人だけなら十分か?って広さです。施設自体は特にすごーく綺麗ってわけではなかったですね。シャワーとかもなかったような…。あっ!トイレはとても綺麗でしたよ。間取り、こんな感じ。(絵心なくてすみません)↓更衣室というより、脱衣所って感じのところで着替えて、トレーニング室へ。マシーンの前にトレーナーのマッチョなお兄さんと突っ立ったまま、話が始まりトレーナー「最近、ジムとか何か運動しましたか?」私「いいえ。」トレーナー「では、最後に運動したのはいつですか?」私「10年くらい前かも」トレーナー「そうですか。では、まずお話しておくことは、身体を鍛えるとか体重を落とすためにすることが100としたら、トレーニングは20です。残りの80は食事になりますので!」私「えー!」やっぱり、食事なんだと、なんとなく勘付いてたけど、直視しなかった事実!あーそれから、無酸素運動と有酸素運動とはとか、まー雑談的な話を突っ立ったまま20分くらいしたかな?そしたらトレーナー「じゃ、これからでカウンセリングは終わりです。」私「は?」トレーナー「今の話の中で、大体のことは聞きましたので。じゃ、体験してもらいます!腕立て伏せ10回してみてください、そう、こう膝をついて。」「イチ、ニー、サーン、ヨーン…ジュウ」「はい、今度は角度を変えて、わたしがサポートしますので」腕を肩幅の倍くらいに広げて、肘を曲げながら上半身を前に倒す。こちらは支えてもらわないと前に突っ伏しちゃう。支えてもらっても3回がやっとでした。トレーナー「いやー思ったより、ちゃんとできてますね。次は下半身、スクワットをします。」私「あ、私、膝悪いので」トレーナー「じゃあ、このベンチを使ってヒップアップの運動をしましょう。」そして、これを5回、お腹の上に重りを置いて3回。きつめだけど、結構、楽勝!そしたら、トレーナーが「じゃ、これでカウンセリングと体験は終わりです。時間がないので、ちょっとそこに座って話ましょう。もし、通うとしたら、いつなら大丈夫ですか?」私「木曜以外なら」トレーナー「あー、木曜なら空いてるんですけど、それ以外は…」私「わかりました。もう時間ですよね。(ちょうど着替えから1時間)、ちょっと考えます、ありがとうございました」着替えてフロントに挨拶して帰ってきました。んー、どうだろう。気になったのは体験中、スタッフの話し声がよーく聞こえてくる。何を話してるのかわからないけど、結構、うるさい。そして、トレーナー。トレーニング室を出た後は、あれだけ狭いのに、帰るときスタッフルームから出てくることはなかった。ちょっと、他も体験した方が良さそうだな。では、また

      12
      テーマ:
  • 12 Dec
    • ジムのカウンセリング、体験に行ってきました!

      こんにちは。心身を鍛えるため、ジムに通おうと思いつき、早速予約を入れて、本日行ってきました!こうなる予定↓最終的にはこうなりたい↓そして、ジムでの体験、詳しく書いていきますね。絵付きで!(絵の才能はかなり低い)どうやればいいんだろう?書いて写メ撮って載せればいいのか?では、やってみます。でも、今日は眠いので寝ます💤

      3
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 子連れ会議は?

      こんにちは。今日は先日、高橋ゆりこさんがFBに載せてた記事がとても良かったので、その感想を書きますね。熊本市議会議員の緒方夕佳さんが、生後7カ月のお子さんを抱いて会議に出席しようしたニュースについてです。皆さんの記憶に新しいと思います。結構、テレビや新聞で取り上げられていましたよね。下に載せましたが、その時の写真です。この記事を読んだ時、この写真を見たとき、私が最初に思ったことは、なんかこの場(会議場)にこの赤ちゃん、合わないな。連れて行かないとダメだったのかな?って。私も子育てしましたので、働くママの気持ち、とてもよくわかります。特に突発で休まなくてはならない時(子どもが病気とか)、会社やパート先に「すみません、子どもが具合悪いので休みます」と言うのがとても気が重い。それが頻繁に起こるとなおさら、言いづらい。他の人に迷惑かかるんじゃないか、仕事に支障をきたすんじゃないかと悪いことしてるわけではないのに、罪悪感がつきまとう。病気の時は、さすがに無理だけど、預け先が見つからない時に、仕事場へ連れていければお母さんは、その罪悪感がなくなるのかもしれませんね。でもね、私は仕事場に子どもを連れて行くのはあまり賛成じゃないんですよ。もちろん、子どもが小さいうちは、お母さんと一緒の方が良いっていうのはわかりますし、仕事も色々な職種ありますから、すべて反対ってわけじゃーないんですけどね。例えば、こういう類の会議の場って10時間くらい掛かる時もあるそうです。そこに、子どもって…。子どもにとって苦痛以外の何ものでもないと思うのですよ。で、お母さんからしたら、子どもが飽きて、途中で泣き出したりしたら、それこそ、会議どころじゃない、お母さんにとっても赤ちゃんにとってもあまり良い環境じゃないと。だから、本当は預かってくれる人がいて、安心して預けられるのが一番いいと思います。記事の中で、大日向雅美さんが体験した、とても素敵な言葉があります。「今のあなたに必要なのは甘えること。私に甘えてください。何も返さなくていい。将来、余裕ができたら、子育てで困っている誰かを、今度はあなたが支えてあげてね。人生はお互いさまだから」私も甘えることができない、遠慮してしまう人間でした。なるべく自分でどうにかしようと。でも、いま、住んでいるところのご近所さんのお陰で、子どもを預けることに抵抗がなくなりました。なんでも、頼める友人がいます。安心して子どもを預けられ、そして、私も気を使うことなく子どもを預かることができます。そしていま、『将来、余裕ができたら、子育てで困っている誰かを、今度はあなたが支えてあげてね。』の時期が来たんだーと思っています。「仕事は仕事、育児は育児。でも、いざというときに排除はしない。」非常に同感です。そのお手伝いができればいいなーって。では、【BuzzFeed Japan / 小林明子】の記事からの引用です。ちょっと長いですけど、とても良い内容でした。ご興味ある方はどうぞでは、また〜〜〜〜〜子連れ議会は「パフォーマンスならばいい」。30年前の論争は今に生きているのか「アグネス論争」から30年。時計の針を戻さないで。」熊本市議会議員の緒方夕佳さんが、生後7カ月の長男を抱いて市議会本会議に出席しようとしたことで、子連れ出勤の是非や、職場の寛容性をめぐって議論が起きている。実は、同じような議論が30年前にもあった。「アグネス論争」だ。「アグネス論争」は、タレントのアグネス・チャンさんが、講演やテレビの収録現場に1歳の長男を連れて行ったことの是非をめぐって賛否両論が起きた。論争には、歌手の淡谷のり子さん、和田アキ子さん、コラムニストの中野翠さん、作家の林真理子さん、社会学者の上野千鶴子さんら多くの著名人が参戦。いまで言う「大炎上」となり、「アグネス論争」は1988年の日本新語・流行語大賞で大衆賞を受賞した。「アグネス論争」とは緒方さんの場合、許可なく子どもを連れてきたため、議会の出席は認められなかった。開会を40分ほど遅れせたとして厳重注意処分となった。緒方さんは、仕事と子育ての両立を「自己責任」として扱われる職場や社会がある、と問題提起。BuzzFeed Newsの取材に「世の中には多くの働く母親が直面している厳しさがある。議場に赤ちゃんと座ることで、多くの声を体現しようと考えた」と話した。一方、アグネスさんは1986年に長男を出産し、翌年に仕事を再開。母乳育児を続けたいなどの理由から、マネージャーら同伴のもと長男を楽屋に連れてきた。この行動に、前述の女性芸能人らから「周りに迷惑」「甘い」などの声があがった。中野翠さんは「サンデー毎日」で「私は喫茶店に子どもを連れてくる母親というのに、なみなみならぬ嫌悪感を抱いている」と表明し、テレビ局の楽屋も同じだと主張。「タバコを喫えず、『かわいい』のひとこともいわなければならないテレビ関係者の人たちに少し同情した」。アグネスさんは、参議院国民生活に関する調査会で参考人として意見を述べたときに反論。「子育ては1歳半まで母親がやるべき」「フランス料理レストランで子連れを拒否された」などとも発言した。講演のギャラが1回100万円だったことも話題になり、論争はさらに過熱した。林真理子さんは「文藝春秋」に「いい加減にしてよアグネス」と題した批判記事を掲載。大きな反響を呼んだ一方で、「女をいじめる女」として揶揄するメディアもあった。上野千鶴子さんは朝日新聞のコラムで、「ルールを守れ、と叫ぶのは、ルールに従うことで利益を得る人たちである。女たちはルールを無視して横紙破りをやるほかに、自分の言い分を通すことができなかった」と“代理戦争“を買って出た。その後も、さまざまな論点で多くの著名人が議論を重ね、1988年7月には『アグネス論争を読む』というブックレットまで出版された。いまで言う「まとめサイト」に近いが、論争は1年以上にわたって続いた。預け先を探す旅30年前ーー。女性たちは卒業後、「家事手伝い」という“肩書き“で嫁入りまで実家で過ごすか、就職してまもなく結婚を決め「寿退社」していた。女性社員にはコピーやお茶汲みなどの雑務しかさせない企業が多かった。1986年4月に男女雇用機会均等法が施行され、「男は仕事、女は家庭」の構図が少しずつ変わろうとしていたころだ。仕事と結婚すら両立しないのに、仕事と育児の両立なんて特殊すぎるケースだった。その時代、子育てしながら働いていた女性は、アグネス論争をどう見ていたのだろうか。恵泉女学園大学学長の大日向雅美教授(発達心理学)は、アグネス論争が起きる直前まで、博士号の取得を目指す大学院生だった。同時に3~4カ所の非常勤講師をかけもちしていた。長女は2歳で、家事と育児を会社員の夫と分担していた。「あのころは毎日が、子どもを預かってくれる人を探す旅のようでした」とBuzzFeed Newsの取材に振り返る。「余裕ができたら誰かを支えて」「高度経済成長期が終わり、福祉予算が削られ、保育園の入所枠が切り詰められていました。なんとか預けることはできましたが、私が大学院生だったため保育の必要度が低いと認定され、午後4時には迎えに行かなければなりませんでした」両親も助けてはくれたが、遠方だったため頻繁には頼れなかった。ファミリーサポートセンターのような地域の子育て支援事業も整備されていなかった。「子どもを預けてまで働くなんて」と非難されるように感じ、専業主婦の母親たちには協力を頼めなかった。銀行の待合室にベビーシッター募集の貼り紙をさせてもらい、信頼できる人に出会えるまで面接を重ね、預け先を必死で探していた。「余裕がないでしょう。大変ねぇ」いっぱいいっぱいだったときに声をかけてくれたのは、同じマンションに住む高齢の女性だった。「孫を保育園に迎えに行くついでに一緒に連れて帰り、自宅で預かっておいてあげますよ」。そう気軽に申し出てくれたのだ。「1人も2人も同じだから、と気さくに言われましたが、2歳児ですよ。同じなわけないじゃないですか。どんなにかお手数をかけたと思いますが、ファミサポのようなモデルがまだなかったから、お礼も受け取ってくれなかったんです。お菓子でさえも」その女性が繰り返していた言葉がある。「今のあなたに必要なのは甘えること。私に甘えてください。何も返さなくていい。将来、余裕ができたら、子育てで困っている誰かを、今度はあなたが支えてあげてね。人生はお互いさまだから」その言葉が、のちに大日向さんが子育て支援事業を始める原点になったという。代表理事を務めるNPO法人「あい・ぽーとステーション」は、母親が一人で抱え込むのではなく周りの人たちみんなで子育てを支えるというコンセプトで、理由を問わない年中無休の一時保育などを実施している。仕事は仕事、育児は育児。預け先に困っていた大日向さんだが、職場に子どもを連れていくことは、できるだけしないでおこうと思っていた。「子どもをあやしながらできる仕事は、それほどありません。子どもを抱いたまま、医師が診察できますか? スーパーのレジは? 旋盤の精密加工は? 議会に限らず、大半の仕事は真剣勝負ではないでしょうか。対価をもらって任せられているわけですから」「母親は子どものそばにいたほうがいい、と考えて子連れ出勤に賛成する人もいるでしょうが、それが必ずしも絶対的な前提かどうか、疑ってみることも必要です。母親が仕事をしながら育児の負担まで抱えることになりますし、職場は子どもにとって適した環境とはいえません。子どもに負担をかけることもあるでしょう」大日向さんには、忘れられないエピソードがある。あるとき、女性記者からインタビューを受けることになり、自宅に招いた。玄関を開けると、その記者の隣にリュックを背負った2歳くらいの子どもが立っていた。「一緒に来たいというので、この子の自主性を尊重しました」子連れとは聞いていなかったので少し驚いたが、とにかくインタビューは始まった。しばらくすると、子どもは退屈し始めた。部屋中を走り回ったり、あちこち扉を開けたり。大日向さんは質問に集中して答えることができない。ついにはフローリングの床に仰向けに寝転がって両足を椅子に乗せ、「ママ、こうすると天井がいつもと違って見えるよ」と母親に話しかけた。すると、その記者は突然、わが子と同じように床に寝転がり、座っていた椅子に両足を乗せ、大日向さんに足の裏を向けた。そのまま仰向けの姿勢でメモを取りながら、「構いません、続けてください」と言った。大日向さんは、記者の足の裏に向かってしゃべり続けた。正直、疲れた取材だったし、話を理解してもらえたかも不安だった。だが数日後、その記者から届いた原稿を読んで驚いた。非の打ちどころのない、素晴らしい記事だったのだ。「後から思えば、あのとき彼女は、弱みを見せられなかったのではないでしょうか。本当は、預け先が見つからなくてどうしようもない状況だったのかもしれない。それでも仕事に穴をあけられないし、誰にも甘えられない。だから強行手段に出ざるをえなかったのでしょう。そして、きちんとした仕事ぶりで返してくれたのです」預け先が見つからなければ、仕事をあきらめるしかない。それなのに預け先がなかなか見つからない。働き続けるために多くの努力、覚悟、犠牲が求められるのが、当時は当たり前だった。30年あまり経った今はどうだろう。待機児童が多い地域では相変わらず同じ問題が横たわっている。その問題の解決策が「母親が子どものそばにいること」だとしたら、「時計の針を逆に戻すことになります」と大日向さんは指摘する。「アグネス論争」の主役はもっぱら著名人たちだったが、その背景には、母親を育児に縛りつける「3歳児神話」と闘い、育児にも仕事にも責任感をもって取り組みながらも、子どもにも職場にも謝り続けてきた数多くの母親たちがいたはずなのだ。「そういう時代を経て、地域や社会での子育て支援の必要性が叫ばれ、ようやく政策論争の表舞台にも出るようになりました。それなのに、母親が子どもをあやしながら仕事をする社会に戻したいのでしょうか?」「熊本市議の緒方さんも、そこを目指していたわけではないですよね。子連れで議会に出席することがゴールではなく、単なるパフォーマンスだったのだと思いたい。子どもを利用するパフォーマンスは好ましくはありませんが」子どもを排除はしないもう一点、職場や社会が子どもを受け入れる寛容性は、また別の課題としてある。大日向さんは、どうしても預け先を確保できず、子連れで出勤したことがある。保育専門学校の専任講師をしていたときだ。娘が感染症の水ぼうそうにかかり、体調は回復していたのに登園許可がまだおりていなかった。続けて2週間も休めないし、夫も外せない仕事があった。その日は野外遠足が計画されていたため、学生に事情を話して連れて行った。娘をおんぶして相模湖の湖畔を歩き回ってくれている学生の姿を見て、「いざというときに融通がきく職場は本当にありがたい」と感じた。「仕事は仕事、育児は育児。でも、いざというときに排除はしない。そんなメッセージが共有されていることが大切ではないでしょうか」「親のほうも、自分を応援してくれる職場にお返ししたい、とモチベーションが上がるでしょうし、会社はそんな社員に活躍してほしいから、より働きやすくなるよう環境を整える、というほうに動いていくはずです」大日向さんは、仕事と育児を両立しやすくするには、次のような優先順位で環境を整備する必要があると考えている。母親に限らず、夫婦ともにあてはまることだ。1)安心して子どもを預けることができる保育施設の整備2)子どもが病気になったら休める働き方3)病気の子どもを預けることができる「病児保育」の整備4)在宅勤務など時間や場所が柔軟な働き方5)親戚、友達、地域のネットワークづくり課題を一つ一つ解決することが、また30年後、次の世代の子育て環境につながっていく。林真理子さんが2013年に出版した『野心のすすめ』に、「いま振り返る『アグネス論争』」というエッセイが収録されている。その中にはこんな一節がある。〈仕事と子育てを両立させようとする女性の進む道が、いまの社会においてはまだ“けものみち“であることに変わりはない〉【BuzzFeed Japan / 小林明子】

      23
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 息子よ

      こんにちは。うちの次男はサッカーをやっています。下都賀トレセンと県トレセンのメンバーにも入っています。ポジションはFW。2歳くらいから7つ年上のお兄ちゃんの影響でボールを蹴ることを覚えました。先日、帰りが遅かったので私『遅かったね』息子『先生に叱られてた』私『えっ⁉︎』息子『○○が、オラのことすげー笑ったから、バカにされたと思ったから、ぶっ倒して、蹴り入れた。そしたら、みぞのところで、うっ、くるしーってなっちゃって』私『…。』その後、その相手の子の状況を聞き、先生と相手の親御さんに連絡が入れて謝りました。息子よ、来年は中学生!そろそろ、相手を蹴ってはいけない、叩いてはいけないと理解してくれ!あー、記憶が蘇る。2歳の頃から言って聞かせてたっけ『蹴っていいのはボールだけ』って。そう、『蹴っていいのはボールだけ!』学習しておくれ。そんなわけで、今日は茨城県のひたちなか市まで練習試合に行ってきました。ここなら思う存分、蹴ってもいいぞー!ボールをね。

      6
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 12月はこのカードを

      こんにちは。私の仕事はファイナルシャルプランナー。毎月お客さまに『笑顔通心』を届けています。で、クリスマス🎄も近いということで、お友達のしほちゃんにカードを作ってもらいました!今月はカードと通心をお届けします。喜んでもらえるかな〜

      12
      テーマ:
  • 08 Dec
    • なりたい姿《容姿編》

      こんにちは。早速、ジムの体験予約入れました!もともと、身体鍛えたい願望はあったのですが、ここへきて一気に高まりました。と、いうのもいろいろな方のブログを見ていて、その中に"Hiro♡"さんという方がいます。同じ50代で"50代でもめざしてます♫いつまでも女性らしく✨"ってブログ書いていて、その記事や写真を見てるとうっとり〜するんです。こんな感じになりたいなってね。50過ぎてるから細胞の老化も顕著です。でも、身体を鍛えることは、健康維持という面でも、綺麗になると安定する精神面にも、いいことだらけのような気がします。そして、私の"なりたい姿"をよーく考えたらこの方だった!51歳同い年!Halle-Berry♡目指します!

      12
      テーマ:
  • 07 Dec
    • どこにしようか、ジム

      こんにちは。先日、身体を鍛えたい!と書きましたが、いざ、どこへ行こうかと考えると迷ってしまいます。もちろん、希望はありますよー。1、トレーナーがいるところ2、成果が出るところ3、便の良いところ(行きやすいところ)4、料金が払えるところまーこんなところでしょうか。で、ググっていたら、選び方ってサイトがあったので引用しますね。〜〜〜〜〜ジムの種類と特徴ジムの大まかな違いを上げますので、選ぶ参考にして頂ければと思います。契約する前は必ず現地に足を運んで、自分の目で確認してから決めてくださいね。公営ジム市や区が経営しているジムです。体育館や球技の競技場など、スポーツ施設が固まっている場所の一角にあるはず。市・区役所のホームページで探してみてください。メリットは料金一番安いジム。大体が2時間利用で4〜5百円程度で利用できます。プールも1回数百円で利用出来ます。利用したいときにだけ料金が発生しますので、会員費が無駄になることはありません。デメリットは設備設備のレベルが低めです。特にウエイトトレーニングをやりたい人は辞めておきましょう。そもそもフリーウェイトが無いか、あっても重量が少ないです。各器具やマシンの数も少ないので、タイミングによっては使えない可能性も高いです。スタッフも学生のバイトレベルなので、まともな指導は期待できません。高齢者が多いイメージ今まで数カ所しか経験がありませんが、どこも高齢者が集まってました。しかもトレーニングビギナーの高齢者です。若い頃にトレーニング・スポーツ経験がありそうな高齢者は会員制ジムに多い傾向です。なぜか僕がバーベルを上げてる50センチくらい横にきて、変な体操とか始めます。集中できませんし、危険です。トレーニング中は安全のために近づかないのが暗黙の了解ですし、人に対する配慮です。こういったマナーが分かっていない人が多く、それを指導するべきスタッフもいないのが公営ジムです。公営ジムのススメ手軽で軽い運度をしたい人向け。エアロバイクやランニングマシン、軽めの筋トレです。プールだけの利用なら有り。プールはプールなので、設備の善し悪しはあまり差がありません。会員制ジムジム選びで迷うことになるのがコレです。ゴールドジムを初め、コナミやザバスやセントラルや選択肢が多いです。先に簡単な概要をかきまして、詳細は別の項で後述します。料金体系がいろいろ同じジムであってもプランを選べる。使う設備や、利用する時間帯に制限がかかっている契約だと安めです。設備も時間もフルに利用出来るものが高くなります。たまたま自分の生活スタイルや希望にあったプランがあれば、安く利用できるのでオススメです。オプションでタオルの貸し出しや、個人指導などをつけることも出来ます。1回いくらで利用できる場合もありますので、1度利用してみてから月契約を結ぶのも良いと思います。設備も様々公営ジムと比較すると設備の充実度は高い。もちろん各ジムによって細かい部分は異なります。大まかな施設(人気の器具など)はどこにでもあります。具体的にはトレッドミル(ルームランナー)やエアロバイクなどの有酸素運動系は数も充実しています。メジャーなトレーニングマシンはどのジムにでもあります。差が出るのはウエイトトレーニング系やプールの有無など、プラスαの部分。トレーナーがいる基本的にトレーニングを説明・サポートできるトレーナーがいます。当たり外れは有るかもしれませんが、公営ジムに比べたら最低限の知識は教育されている場合が多い。会員制ジムのススメ最低限必要な施設は全て揃っており、どこのジムでも同じ!各ジム独自のサービスや、プラスαの施設で選択します。プライベートジム最近バンバンとテレビやCMで見ますね。個人トレーナーがついて、メニュー作成からトレーニング・食事まで全てをサポートしてくれるもの。これはジムの設備ではなく、トレーナー業務について料金を支払うもの。本記事のジム選びとは主旨が異なります。〜〜〜〜〜なるほど〜。そうなると、やはり会員制ジムになりますね。自分でも、ここ行きたい!行ってみたい!と、思っているところはあるんですが…宇都宮のLAMUDA?とか言ったかな。料金がめちゃくちゃ高い!ライザップ並みというかそれ以上というか…たぶんねー、だから、なかなか決められないんだと思うんですよね。行きたいところある→でも料金が高いじゃー、料金が安いところ→ジジ、ババ多い(←私もどちらかと言うとこっち寄りですが)、若者の活気がなくてつまらなそう。成果出なそう。てな具合ですわ。あー、どうしようあ!いくつか体験行ってみればいいのかあ、そうだ、そうだ。では、そうします。その結果、また書きますねー。

      13
      テーマ:
  • 06 Dec
    • ”●節約に繋がるかも?!お茶会開催”

      こんにちは。今日はお友達のしほちゃんが"人と人を繋ぐ場所"というコンセプトでお茶会を開催してくれました!早速、皆さんに会って来ました。ファイナンシャルプランナーとして、お役にたったみたいです。「えー、目からウロコー!」「えー、知らなかったー!」「保険の人って、なんとなく押されてる感じとか、圧迫感があるけど…全然大丈夫!」「相性がいい♡」(←このハートは私の一方的な受け取り方で付けました)なんて、お褒めの言葉をもらって、とても嬉しかったし、楽しかったです。どうしたって、保険屋さんってイメージ悪いですもんね…会うまでは。あっ、会ってもダメか?自分でも、ブログ始めて、同業者の方のブログ読むと、いい事書いてあるのに、例えば、「お客様のために!」とか「それが私の使命ですから」とかね、なんか、気持ち悪って思っちゃったんですよ。胡散臭いっていうかね、なんとなく。もちろん、自分だってそう思ってたし(いまも思ってます)、そう言ってましたよ。不思議だわー。これが普通の人の感覚なんだと思いました。あれ、私、ファイナンシャルプランナーなのに、感覚が普通に戻ってるわ。でもね、この普通の感覚って凄く大事だと思っています。同じ目線って意味で。これからも、皆さんのお役に立ちたいと思います。(でも、口に出して言うのはやめときますわ。なんたって胡散臭いからね)では、しほちゃんのブログをリブログします!しほちゃん、色々お教室やっています。ご興味ある方はどうぞ

      12
      テーマ:
  • 05 Dec
    • ドクターX 大門未知子

      こんにちは。今日はお友達の、まきこさんとおしゃべりして、運動とか食生活って大切よねーって。いまね、まさに、身体を鍛えたい!って強く思うんです。時間が出来たからかな?今までの職場ではジムに行く時間、心の余裕なんて皆無だった。転職して、時間できると、やっぱり身体鍛えたい!美ボディを手に入れたい!そうすれば、なんか自信つきそうな気がしてね。そこで、どんな体型になりたいかっていうとドクターXの大門未知子!そうです!米倉涼子ちゃんみたいになりたーい!!なれるのかな?鍛えたらなれるのか?目、鼻、口、腕、足・・・パーツは同じ数だけある。でも、長さ、太さ、ここがかなり違うなー。どちらかというと、今日TVに出てたっけ、花子姉さん。(吉本芸人の)こちらに近い・・・。そんな、花子姉さんが大門未知子になったらすごいよね?ちょっと、頑張ってみます!!(成功したらビフォーアフター載せますね)では、また

      12
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 隠れ疲労

      こんにちは。「隠れ疲労」って知ってますか?今日、これに関する記事を読んでいて、「やだー、私、隠れ疲労かも」と思い、それについて書いてみますね。隠れ疲労とは、心身の疲れがたまっているのに、それを本人が認識できていない、疲労感のない疲れのことです。疲れを自覚できないので、放っておくと、突然死してしまうことがあるらしいです。簡単にチェックできるので、もしよかったらやってみてください。(隠れ疲労より引用)↓〜〜〜〜〜隠れ疲労、セルフチェック!過労死、この最悪の事態を防ぐためには、自分自身が「隠れ疲労」状態に陥っていないかどうか、自身で知ることが大切になってきます。隠れ疲労セルフチェックで、自身の状態を確認しましょう。下記のことに当てはまる人は、隠れ疲労に要注意です!1. 人から頼られると、はりきってがんばる性格の人2. 大きな課題を達成し終えたあとの達成感・充実感がたまらなく好きな人3. 自分へのご褒美があれば、つらいことでも何でも乗り越えられると思っている人4. 多少疲れを自覚していても、楽しいイベントなどに参加すると、疲れが取れると思っている人5. 休日は、自宅で休養せずに、遊びや買い物などで外出するようにしている人6. 眠っている時間がもったいなく感じるために、眠くても起きて自分の趣味などをして睡眠時間を十分に取っていない人7. 職場で責任感のある仕事を任されていて、やる気に満ちあふれている人8. 睡眠時間が短く、眠くて思考力低下を感じている人9. 1日3食、食事をきちんとしていない人、食事をする時間が十分に取れていない人10. 心身を活動的に維持している時間が長く、ぼーっとして心身ともに休息する暇のない人11. 休息時間・疲労回復時間が少なく、健康のためと称して、スポーツに励んでいる人〜〜〜〜〜でね、この項目以外にも「電車の中で、隣の駅に着くまでに眠ってしまうとか、ベッドに入って1、2分とたたないうちに眠ってしまうことがよくある場合は要注意です。寝つきがいいと思われている方の中にこそ、実は隠れ疲労を抱えた人が多いですね」…。うー、わたしが当てはまるのは、そう、ここ!すぐ寝られるんですよ。いつでもどこでも。まさか、これが隠れ疲労だったとは。恐ろしー。心身ともに、ゆったりと過ごして、隠れ疲労を少しでもなくすよう努力しよう。死にたくないので。と、これを書き終えて、たぶん2分後には眠りについてるだろうなー。では、おやすみなさい

      8
      テーマ:
  • 03 Dec
    • ”「意識が変わる!」宇宙的ハローワークのその後”

      こんにちは。好きなことを仕事にする。好きなことが仕事だったらいいなって思いますよね。私の仕事はファイナンシャルプランナー。保険のセールスです。始めたきっかけは、保険営業が大好きだから!なーんて、そんなわけありません。なんとなく、わかりずらい保険のことがわかったらいいなーって思ったのと、長男を出産と同時に会社を辞め、パートはしてましたが、ほぼ専業主婦。なので、もう一度バリバリ働きたかったのです。だから、好きなことを仕事にしたわけではないのです。でも、3年間国内(漢字)生保で働いて、もちろんノルマがあって、追い込まれ方もハンパじゃなかったんですが、お客さんに会っていろんな話をするのが、とても楽しかったのです。保険の話をすると、わかりやすい!っていってもらうと、とても嬉しくて。この仕事をずっと続けていきたいって思うようになりました。だから、転職しました。意識が変わるとすべてが変わっていきます。そんなことを書いた記事があったので、リブログします。へー、なるほど~と思えます。是非、読んでみてください。

      9
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 自律神経を整える

      こんにちは。どうにかブログを書き始めてひと月が過ぎました。これからも、気負わず続けていこうと思います!今日は、まなみさんからいただいた本を読んでおりました。その名もズバリ「読むだけで自律神経が整う」という本です。自律神経が整うのは「交感神経」「副交感神経」のバランスがとれていれば良いみたいです。どうしても年齢とともに(男性は30代、女性は40代くらいから)副交感神経の働きが下がって自律神経のバランスが崩れてしまうので、内臓器官の働きが低下しはじめ、身体の不調が次々に現れてくるそうです。加齢というのは色んなところに影響するんですね。加齢以外に自律神経のバランスを崩す原因としてあげられるのが「ストレス!」ストレスにより「交感神経が優位」になり過ぎてバランスを崩すのです。ストレスを解消するのに、皆さん、色々なことをしてると思いますが、ストレスを減らすためには休息を取ると良いと言われています。でも、ここで勘違いしてはいけないのが、休息をとること=動かないことでは、ないということです!休息をとること。=ストレスを減らすこと≠動かないことこの本には動かないのではなく、動作をゆっくり行うと書いてあります。1時間早く起きて、いつものルーティーンをゆっくりやる。「ゆっくり」動く「ゆっくり」話す「ゆっくり早く」ゆっくり、早くがよくわかりませんよね?その解説を本より引用します!〜〜〜〜〜ゆっくり物事を行うと、一見遅れをとってしまうかのように思えます。しかし、その分集中力が増して状況判断が的確になり、もっとも効率的な方法でことにあたることができます。ゆっくり深い呼吸をしているため、血液が脳にもたっぷり行き渡り、頭も冴えています。結果、思っていた以上の成果をスポーディーに出すことができるのです。〜〜〜〜〜なるほどー。私は結構、余裕を持って行動ができないため(特に出勤前の朝は戦争のよう)、頭の隅に入れておこうと思います。ゆっくり、ゆっくりあと、怒ることもあまり良くないようです。イライラしたときや、疲れを感じたとき、悲しかったり、つらかったときは「ワン・ツー呼吸法」をすると軽減されます。鼻から3~4秒息を吸い、6~8秒かけて口からゆっくりながく吐き出す。これを1日1回3分行う。少し余裕のある生活を心がけて、少しでもストレスが減ればいいかなって思います。皆さんも良かったら試してみてください。まー前の職場ではストレス過多でしたが、今はほぼ、ストレスフリーですけどね。では、また

      3
      テーマ:
  • 01 Dec
    • ”【障害児子育て】息子、11歳の誕生日”

      こんばんは。今日はクリスマスチャリティー公演のボランティアに行って来ました!↓今年で42回目!劇団四季の「嵐の中の子どもたち」が上演されました。招待施設は72施設、来場者はおよそ1,700名とかなり大規模な催しでした。3歳くらいの子からご高齢の方までいましたね。普段、ほとんど、障がいのある方との交流はないので、あまりの多さにビックリしました。私も2児の母として、障がいのあるお子さんを見ると、どうしても、もしうちの子だったら、とか、ご両親の障がいがわかった時の衝撃やいままでの苦労は…と考えてしまいます。でも、考えても、結局のところ、想像しきれないし、簡単に察することはできないのです。なので、障がいのある息子さんをもつお母さんのブログを見つけましたのでリブログします。よかったら読んでみてください。では、

      3
      テーマ:
  • 30 Nov
    • ”大宮西口「三洞」の一番人気メニュー”

      こんにちは。今日は癒し処「としま苑」の女将になる日なので、今、電車に揺られて向かっております。※木曜日以外は「三洞」という名でやってますが、なぜか、木曜日は担当女将が、50を過ぎてる、私とまなみさんという事で、三洞さんが勝手に名前を「としま苑」に変えたのです)食べる物もお酒類もとても美味しいので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。ちなみにメニューは毎日変わりますので、一番人気のメニューは、今日はあるのか無いのか、来てのお楽しみですでは

      4
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 変化の時

      こんばんは。今日は11時くらいまで家のことをして、その後、「ありたい姿、なりたい姿」を書き出してみました。うっ、2,000字くらいに収まりそうです。もっと詳しく、もっと掘り下げて書かないと4,000字はいかないな・・・というところで中断。夕飯の支度を早めに始めて、今日は18時から友人のMちゃんに会います。Mちゃんとは下の子が年少さんの時に知り合って、たまーにしか会わないけど、すごく気が合う。自分の考えをしっかり持っている人です。笑顔がとてもチャーミングで可愛い人彼女はシングルマザー。3人のお子さんを育て、一人は既に独立し、もう一人はこの春、就職が決まっています。そして、一番下の子があと2年で独立します。そんな彼女はいままで、子どもたちの生活費や学費を稼ぐために、時間は不規則だけど収入は安定した仕事に就いていました。「収入も安定してるし、定年まで、この仕事を続けていくわ。」と、彼女はいつもいっていました。そう、今年の始めくらいまでは・・・。そしたら、来年の1月から仕事変わるというではありませんか?しかも、勤務地は埼玉県!(私と一緒だ!)思いっきり驚いたと同時に、あ!待てよ、結婚するのかな?それで、埼玉にお嫁に行くのかも、と冷静になりました。(彼氏はいたので)そして、会って、話を聞いてみると・・・。違ったのです。今年の3月くらいから家庭や職場でいろいろあって、7月くらいに転職を決めたそうです。彼女が転職を意識し始めたのは1つは、両親と同居する中で、我慢することが多かったそうです(←長女気質)。両親の面倒をみなくちゃいけない、(両親の)夫婦仲の緩衝材にならないといけない、私が一家の大黒柱なんだから頑張らなくちゃいけない、子どもに不自由な思いはさせたくない、などと思ってずっとやってきたそうですが、ある人の死をきっかけに、こんなに家族のためにと思ってやってきたことが、相手には、さほど伝わっていなかったんだ、寂しいと思ったそうです。自分を犠牲にして頑張ってきたのに・・・と。そして、今の職場に5年。薄々感じていたことが、色濃くなってきました。ここでは、いま以上のスキルアップは望めない。いまの自分の立場では、職場環境や業務内容の改善を提案しても、取り合ってくれることはない。そして、自分より上の資格を持っている人たちを超えることは、できないと思ったそうです。自分の意見は通らない・・・。ただ、毎日言われたことをやるだけ・・・。このように家庭や職場で悶々とした日々を過ごしていたある日、親しい職場の同僚が退職するといってきたそうです。転職先ももう決まっているとか。そのとき、彼女の中で、なにかがはじけました。「あっ!転職もありだよね。」って。残りの人生、自分を大切にして、自分のために働こう。自分のやりたいこと、好きなこと、楽しいと思えることをしよう!そこで、彼女は考えました。自分が好きなことって?やりたいことってなんだろう。自分の強みは?出てきた答えが「保育士」でした。子どもが大好きもちろん、保育士の免許も経験もあります。そして、前からの夢が自分の幼稚園を作ることだったそうです。幼稚園を作るには資金が必要です。少なくとも何千万も。なので、今回は作ることはしませんが、園長先生職を希望して、即内定をもらいました。転職話に家族は混乱、いろいろなことをいってくるそうです。試されていますね~。でも、彼女の決意は堅く、年明け早々からの勤務になりました。私もそうでしたが、自分を我慢していると、どんどん好んでいないことや自分の思いとは違うことが起きてきます。そのときは、もう変わるときなのです。窮屈な中に、いつまでもしがみついていても、何もいいことは起こらない。その転換期に気づき、行動することができれば、きっと明るい未来が待っています!彼女の未来が明るいと信じています。身体を大切に、頑張ってほしいと心から思います。では、また

      1
      テーマ:
  • 28 Nov
    • ありたい姿 なりたい姿

      こんばんは。今日は昨日届いた三洞さんの”MarketingLetter”を読み、あーできてないと思うこと(テキスト)のおさらいをしました。ワークをしたのは、転職直後だったため、まだ、会社依存(起業家としての意識ゼロ)や売れない教えがまったく抜けてない状態でした。なので、、”MarketingLetter”を読み、ワークを見直して気づきました。ワークの内容をキチンと理解していなかったと。まずは、ちゃんと起業家であると認識する!→「成功」は他人が与えてはくれない→廃業するか、楽しく長く売り続けるかの2つに1つ→自分のボスは自分!→セールスのやり方とセールスの環境は自分で決める。私にしかできない方法が必要!→遊んでいても自動的に収入が入ってくる手段を作る。(集客システムの構築)ワークの見直し!→強みを35個書き出したものをもう一度自己分析してみて修正する。→その強みがセールスにどういかされているのかを確認する。→過去の成功体験がどのようにしてなされたのかを分析する。「成功したときに生かされた強みと、その時の環境」を特定し、この結果と、強み35個で、出てきた結果を掛け合わせる。ここで、三洞さんはいってます。”こうした作業は何のために行うか・・・それは「ありたい姿」と「なりたい姿」を実現するため””あなたは、いつ、どこで、どのように働いて、どのくらいの収入を得るのかを自分で決めることができます。起業家ならば、それを自分で決めなければなりません。”~~~~~そこで、ありたい姿、なりたい姿の明文化を最低でも4,000文字で仕上げたいと思います。でね、アール・ナイチンゲールがこのやり方を教えてくれているのです。それは「私は経済的に自立している。十分な収入があり、何の心配もない。月曜の朝、爽快な気分で起きることが出来た。やりたいことは何でもできる。では、何を実行すれば最も楽しいだろう。この一週間、何を実行すれば最も愉快だろうか」自分がこの状態の時に何をしたいか?何が楽しいか?を考えて、その状況を鮮明に映像として思い浮かべてみる。それを文字にするのです。ちょっと明日やってみますね。では、また

      3
      テーマ:

プロフィール

しのはら順子

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
栃木県
自己紹介:
少年サッカーに命をかけている夫と山形で一人暮らしをしている大学生の長男、2回の流産を経てやっと授かっ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。