昨年9年間してたカフェを閉め

その荷物を本店に運んだ時のこと。

 

増える荷物を整理するために

 

これを機に、オフィシャルとプライベートを

分ける意味も込めて、収納ケースを購入しました。

 

以前使っていたものを整理整頓。

仕舞いっぱなしになってたものは、使わないので

捨てる。

 

右のものを左に移すだけではなく、潔く捨てる。

 

片付けるは方をつけること。

 

と戒めました。

 

 

そういえば、

 

2007年から2008年に掛けての

大晦日からお正月のお休みにかけて、

気が狂った様に大掃除したことを思い出しました。

引き金になったにが

掃除研究会代表の舛田光洋氏の『そうじ力』と言う本。

 

その中の

『あなたの部屋は あなた自身』と言う1節 

(゚o゚;; ガーーーーン

 

そ言うことなの?

 

その頃、その関係性は 意外な感じだったけど。。。ね。

 

その時はそこに書いてある通りに

捨てに捨てて、45リットルのゴミ袋8袋分。

 

その他に、車に積んで焼却場に何度いったことか!!!!

 

 

。。。あの時あんなに固く決意したのに。。。

 

 

 

と、今の現状を嘆いても始まらず。。。

 

 

 

色々 考えてみると、

 

何を残したらいいのかの 線引きができてないことに

気づき、再び読み返すことに。

 

そこには

 

① 『どの様な自分になりたいのか』

  と言う、未来の自分に不必要なものを捨てるのです。

  

  『必要か、必要ないか』 の基準で判断して

  部屋のなかの不要物を全て捨ててください。

 

 

②  『いつか使うかもしれないものは

   使うことはありませんので どうぞ

   捨ててしまってください。

 

③  この潔い決断が、これからものを買う時のストッパーに

   なりなす。

 

   長く使えるものか、すぐ飽きてしまうものか

   必要か、必要でないかの判断で買いもができる

   様になります。

 

                  

と記されています。

 

ゴミの分別も細分化している今、

ものを捨てて、初めてそれがわかる気がします。

 

そして『どの様な自分になりたいか!』

 

そう、思いながら『捨てる 捨てない』をすれば

なんだか未来は明るそうo(*゚▽゚*)o

 

 

私は、40年、布に携わってきた経験から

天然素材の大切さを実感してます。

 

最初は、肌触りがいい(*^_^*)とか、

心地いい(*^_^*)とかで選んでたけど、

 

理屈をこねずに自分の感覚を信じていくと

軸が決まります。

 

それは、着るものにとどまらず、

食べるものから、洗剤まで、すべての言えること。

 

それを大切な軸に『捨てる、残す』を決めることが

なりたい自分により近くなる と、考えます。

 

しかし、私自身、布はサクサク捨てられるけど、

本や、食器、書類は、苦手。。。。でした。

 

。。。が、

 

『将来、なりたい自分』を軸にすれば、

 

線引きができ、意外にサクサクいけます(*^_^*)

 

たとえ、その時はいらない。。

と、捨ててしまったとしても、

また、買えばいいんですから。

 

よかったら 試してみてね🌱

 

 

 

今日もいい日に。。。

 

じゃ、またね🌱