お手間でなければ応援お願いします。


起業・独立 ブログランキングへ


成功法則の教育方法

しかし、誰が良くて、誰が悪いかなん

てないのです。

「のび太(依存者型)」はいくら頑張

っても「できすぎ君(指導者型)」に

はなれませんし、なる必要もありま

せん。

のび太は、のび太のままで良いの

です。

人間の成長とは、長所を伸ばして、

短所を直すことであって、個性を変え

てしまうことではありません。

出世魚であるブリが、成長の過程で

ヒラメになるごとが無い様に、人間が

成長する過程で別の誰かになることな

ど絶対にないのです。

なのに、多くの人が別のタイプの人間

になろうと無駄な努力をしたり、多く

の企業が理想のタイプの人間を作り

上げようと、間違った教育をしてしま

います。

特に、中小企業の経営者にはジャイア

ン(支配者型)タイプが多いので、

営業マンに対して、自分と似たタイプ

を求める傾向にあり、気合いや根性論

をふりかざしがちです。



しかし、これをのび太(依存者型)

タイプに強要すると病気になってしま

いますし、できすぎ君(指導者型)

タイプに押し付けると馬鹿にされ、

スネ夫(批判者型)タイプになる

と大袈裟な悪口をふりまかれます。

仕事のやり方は、それぞれのタイプで

、それぞれの流儀があって良いの

です。

組織がその個性を認めなければ、その

組織に多様性は生まれません。

そして、多様性の無い組織は、柔軟な

強さや大切な包容力を失い、硬直した

もろさと心の狭さを露呈してしまい

ます。

だからこそ、「相手が自分と同じタイ

プの人間だ」ということを前提にコミ

ュニケーションをとって、自分と同じ

やり方や結果を求めてはならないの

です。

また、コミュニケーションや教育方法

もそうですが、部門毎の人員配置に

関しても、人間のタイプを考慮しなく

てはなりません。

何故なら、いくら組織に多様性が有っ

ても、その多様性が偏ったり、隔たっ

たりしていると多様性の強みを発揮で

きないからです。

多くの中小企業では、営業部にはジャ

イアン(支配者型)タイプが多く、

製造部にはスネ夫(批判者型)タイプ

、経理部にはしずかちゃん(協調者型

)タイプと、その配置に偏りがみられ

ます。



詳しい内容はメールマガジン、人生の

成功法則「わらしべ長者への道」の登

録をお願いします。

登録はこちらからです。

スマイルシーズのホームページです。



本日のわらチャン。



困った顔してる…



皆さまの応援で、ランキングが上がり
ました。
本当に感謝しております。
ありがとうございます。

お手間でなければ応援お願いします。



起業・独立 ブログランキングへ


ブログの書籍出版情報が満載

わらしべ社長がFacebook始めました
ここから入れます。

わらびとわらしべ社長のTwitter始めました
わらび&わらしべTwitter:@smileseeds2

次回に続く