お手間でなければ応援お願いします。


起業・独立 ブログランキングへ


最年少記録という不幸①

またもや、お気に入りの中華屋さんで

、たらふく食べてしまいました。




先日の新聞に、中学生のプロ棋士

藤井聡太さんが有楽町朝日ホールで行

われた朝日杯将棋オープン戦の決勝で

、広瀬章人8段を破り優勝しました。

これは、加藤一二三9段の持つ公式戦

最年少優勝記録15歳10ヶ月を、

4ヶ月も上回る15歳6ヶ月という

最年少記録だったそうです。

最近は、こうやって最年少記録を更新

する記事を数多く目にする様になりま

した。

文学界騒然、「さよなら田中さん」で

中学生作家デビュー、鈴木るりかさん

驚異の14歳や、卓球女子ワールドカ

ップで大会最年少記録で優勝を果たし

た平野美宇さん16歳、女子ゴルフの

国内メジャー戦、日本女子オープン

選手権で最年少記録で優勝した畑岡奈

紗さんなど、本当に数多くの才能が若

くして花開いています。

僕は、どちらかと言えば才能否定派

です。

理由は、自分に才能が無いと自覚して

いるので、才能の存在を認めてしまう

と、自分が努力を諦めてしまいそうに

なるからです。

しかし、長年努力を積み重ねて来た

プロ達を、あっさり撃破する若い才能

を目の当たりにすると、持って生まれ

た才能の存在を、完全に否定すること

は出来ません。

だからと言って、努力が無駄だとか、

才能の無い人間が才能を持つ人間に勝

てないとは思っていないのです。

何故なら、イソップ童話の「ウサギと

カメ」で教訓とされている様に、自分

の才能を過信(自信過剰)して油断す

ると当たり前の成果を逃してしまい、

逆に、才能が無く歩みが遅くても、

脇道にそれず着実に真っ直ぐに進むこ

とで、最終的には大きな成果を得るこ

とが出来るからです。

だから僕は、才能に恵まれた人間が幸

せで、才能に恵まれなかった人間が

不幸だとは思っていません。


-長くなるので次回に続きます。-



詳しい内容はメールマガジン、人生の

成功法則「わらしべ長者への道」の登

録をお願いします。

登録はこちらからです。

スマイルシーズのホームページです。



本日のわらチャン。



後ろから見ると、どっからどう見ても

デブ猫にしか見えないわらチャンなの

です…



皆さまの応援で、ランキングが上がり
ました。
本当に感謝しております。
ありがとうございます。

お手間でなければ応援お願いします。



起業・独立 ブログランキングへ


ブログの書籍出版情報が満載

わらしべ社長がFacebook始めました
ここから入れます。

わらびとわらしべ社長のTwitter始めました
わらび&わらしべTwitter:@smileseeds2

次回に続く