お手間でなければ応援お願いします。


起業・独立 ブログランキングへ


分母と分子の関係性②

お客様のご紹介で、京都西院の美味し

いカレーを食べました。

辛さもバッチリです。




先行者利益が発生する仕組みとは、

利用者の絶対数が、ある一定の数字を

超えるという条件を満たすのと同時に

、情報受信者(分子)の数が多くて、

情報発信者(分母)の数が少ない場合

にのみ発生するのです。

すなわち、いくらその媒体のサービス

を開始当初から利用していても、その

媒体の利用者数が伸びなかったり、伸

びたとしても、その媒体の情報受信者

(分子)の数が少なく、情報発信者

(分母)の数が多ければ、先行者利益

は絶対に発生しません。

これは、媒体利用者の絶対数と、情報

受信者(分子)と情報発信者(分母)

の割合で決まってしまうからです。

ですから、飽和状態にある媒体とは、

媒体の利用者数が伸び悩み、情報受信

者(分子)の割合が減って、情報発信

者(分母)の割合が増えている状態な

のです。

こうなると、その媒体への参入は、

既に遅いのだということになります。

しかし、その媒体が斜陽化し、利用者

数が伸び悩んでいたとしても、情報受

信者(分子)の割合が増えていて、

情報発信者(分母)の割合が減ってい

れば、その媒体へは参入すべきだとい

うことになるのです。

また、その媒体が成長期を迎え、媒体

の利用者数が増えていたとしても、

情報受信者(分子)の割合が少なく、

情報発信者(分母)の割合が多ければ

、参入は見合わせるべきです。

この様に、ビジネスのタイミングとは

、単に早い者が勝つのではなく、分子

と分母の関係性を理解することが重要

なのです。

これは、新たなビジネスも同様で、

その市場が拡大しているのか縮小して

いるのかは別にしても、お客様(分子

)とライバル(分母)の割合がどうな

っているのかが重要です。

シェア専有率の高い大企業は別にして

、ほとんどの中小企業にとって、市場

の変化よりも、お客様(分子)とライ

バル(分母)の割合の方が重要になっ

て来るのです。


-分母と分子の関係性 完-



詳しい内容はメールマガジン、人生の

成功法則「わらしべ長者への道」の登

録をお願いします。

登録はこちらからです。

スマイルシーズのホームページです。



本日のわらチャン。



わらチャン、一体何がしたいのか、

さっぱり分かりません…



皆さまの応援で、ランキングが上がり
ました。
本当に感謝しております。
ありがとうございます。

お手間でなければ応援お願いします。



起業・独立 ブログランキングへ


ブログの書籍出版情報が満載

わらしべ社長がFacebook始めました
ここから入れます。

わらびとわらしべ社長のTwitter始めました
わらび&わらしべTwitter:@smileseeds2

次回に続く