例年より早く、和楽荘の周りの桜も咲き始め、

ほぼ満開の今日。

和楽荘の4階フロアでは、お茶会が開かれました。

 

 

今回亭主を務められるのは、4階にご入居されているS様です。

 

以前は伴地域女性会のメンバーとして、和楽荘へボランティアに来荘くださり、

お茶会などでは、お抹茶を点ててくださっていたS様。

 

とある日、副施設長がS様とお話させていただいていたら、

「私ね、お茶が点てたいのよ・・・」と仰ったそう。

すぐにユニットリーダーにその事を伝えたところ、

S様の希望を叶えたいと、職員たちが計画を練りました。

 

S様のお嫁様に、いつも着ておられた着物や茶器などをお持ちいただき、

お誕生日を迎えられる今月、「桜のお茶会」として実現することとなりました。

 

フロアに畳を敷き、お茶を点てていただきます。

 

 

所作がとても美しく、凛々しいお姿のS様です。

 

4Fフロアの入居者分、約20杯近くのお抹茶を点ててくださいました。

途中何度も「しんどくないですか?」「正座はつらくないですか?」と、

職員が心配してお声をかけていましたが、

「いいえ、大丈夫ですよ」とほほ笑むS様。

 

S様が点ててくださったお茶を、仲良しのY様も嬉しそうに召し上がっておられました。

 

最後はS様も一服。

お茶碗は、S様がずっと使っておられた愛用のお茶碗です。

 

「お疲れ様、疲れたでしょう??美味しいお茶をありがとうねドキドキ

そういってS様を労うY様との会話に、ほっこりします。

 

最後に美味しいお茶のお礼と、お誕生日をお祝いして、

お隣のユニットからプレゼントが!!

「とっても可愛いドキドキありがとうドキドキドキドキ」と、嬉しそうなS様。

先ほどまでのキリっとしたお顔から、いつもの穏やかで優しいお顔に戻られました。

 

S様、大変結構なお点前でございました。

ありがとうございます。

お名前にちなむ、紫のお着物姿がとても素敵でしたドキドキドキドキ