姉...鬱状態は徐々に回復してたケド...

回復したら...

回復したで...


面倒臭い....




私...

近付かなかった...


のに...絡んでくる姉...




面倒臭いし...

また...傷つけられる.....

本当に嫌い





忘年会が近付き...


『お母ちゃん...忘年会があるから

   娘チャンをみてて欲しいんだけど...』


「いいよ~楽しんで来なさい」




回復した姉が...


「忘年会?あんた...母親でしょ

   母親は飲み会なんて参加しなくて

   いいでしょ!」


『母親だって忘年会くらい参加したって

   いいでしょ?なんなら...職場のほとんど

   母親だけど?』


「それは...母親参加して父親が

   子供の面倒みてるからでしょ?」


『いやいや...夫婦で忘年会参加する人も

   いるし...じいちゃん、ばあちゃんが

   みてる人もいるし...』


「母親のクセに飲み会なんて...」


『母親のクセに?...

   私は...1人で子育てして

   仕事しなきゃないの...

   仕事...大事だし.....

    飲み会なんてって言うけど...

    仕事の付き合い大事だから...

    飲み会じゃなきゃ出来ない

    付き合いもあるでしょ...』


「飲み会じゃなきゃ出来ない

    付き合いなんてあるんだ~へぇ~

    あたしには必要ない付き合いだね」


『姉の言う母親が...

    子育てして...仕事して...だけを

    繰り返すのが母親なら

    私はならない....

    母親だって息抜きが必要だし

    付き合いも大事にしたい...

    大事にしてるからこそ

    職場の友達にも助けられてるし...

     別に姉に頼んでる訳じゃないでしょ?』


「ただ飲み会に出たいからって...

   母親のクセにさぁ...

   信じらんない!」





行きましたよ...忘年会~

お母ちゃんが「いいよ」

って言ってくれるから...


娘チャンの面倒みてくれるのは


母だから~





毎回...飲み会あるたび


「母親のクセに」



って何回も言われてた...

ケド...


娘チャンの面倒みてるのは...

 




母だから~