「ニナの返事は……」

彼――ふたりの胸を重ねあわせて
ねえ?いっしょに行こうよ。
ひんやりとした空気を
鼻いっぱいに吸いこんで 
 
森は朝のあおい光を
ワインみたいに浴びているところだ。
愛欲のことばを喪い      
木々は震え鮮血を噴き出し
 
梢のさわぎ、みどりの滴は 
頑なな蕾をめざめさせ
秘められたおののきのさなかに     
花は誇らしげにひらかれてゆく……。
 
うまごやしの繁みに  
おまえは長いガウンの裾をひきずり歩き  
大きな黒い瞳をみひらき
さめざめとしたあおい眺めに息を飲む。
 
恋するおまえは
はじけ飛ぶシャンパンの泡みたいだ。
けだものじみた
おまえの笑い声があちらこちらにこだまする!
 
ひどく酔ってしまって
ぼくはらんぼうにおまえを捕まえる。    
うつくしいおさげ髪を掴み……
おお、それでもぼくは飲みたいんだ!
 
おまえの花の肉は
きいちごや野いちごみたいな味がする 
いつでも泥棒みたいに笑い
ぼくの夢を盗みにやってくるのさ。
 
からみつく野ばらの梢に        
おまえは大喜びをする。
おまけに、そばにいるのは 
恋人だけなんだから申し分ないわけだ。
 
十七歳!もっと幸せになれるんだ!
ほら、恋人たちにおあつらえむきの   
ひろいいなかの牧場だ。
――ねえ、もっとくっついてきなよ!
 
――ふたりの胸を重ねあわせて
はずむ声をからませあって
ゆっくりと 谷川まで歩いていこう、
それから深い森のなかへと……!
 
瀕死の少女みたいに
おまえは身じろぎもせずにいうんだ。
《あたしを愛してちょうだい》って。    
うっすらと目蓋をひらいたままで……
 
森の小径を踏み、
震えているおまえを抱いて進もう。
のびのびとした歌をかなでている小鳥たち、
あれはかわいい守衛といったところだな……。
 
その口もとに寄り添い  
ぼくはおまえにささやきかけてあげよう。     
赤ちゃんをあやすときみたいに
血潮の香りに酔いしれながら
 
ばらいろに
おまえのしろい膚が染まってきたら
腹をわって、ぼくは話をしよう。
ほら、いつものあのおはなしだよ……。
 
森が樹液にむせかえりはじめると
太陽は
暗いたいしゃ色をしたらちもない夢を 
金色の光で覆いつくしてしまう!
 
夕暮れなったら?そうしたら、
白っぽい小径を歩いて家まで帰るのさ。
道草を食っている家畜みたいに
のんびりと、ふらふらと……。
 
このあたりの果樹園は 
ねじれたりんごの木だちが青い草をしきつめていて、
つんとしたりんごの香りが            
丘の向こうにまで届いているんだってさ!
 
まっ黒くなりかけた空を背に
ぼくらはやっと村に帰りつく。
夕暮れの気配にまじり  
乳の匂いがそこいらにたちこめているんだ。 
 
ほかほかの肥やしの詰まった   
牛舎も匂うんだ。
ゆったりとしたテンポで息をしている
牝牛の大きな背中が揺れているのがわかるだろう。
 
いくつもの灯りのせいで    
白っぽくぼやけているあたりでは
牝牛がひと足ごとに 
いばったみたいに糞を落としているのさ! 
 
――婆さんは眼鏡をかけなおすと     
鼻先をミサ典書に長いこと突っこみ
鉛の縁取りのある
ビールのジョッキはぐらりと傾き
 
しゃれたきせるに燻されて
おお、景気よく泡だっているところだ。
つぼめてもぶあつい唇から
もくもくと煙を吐き出しながら
 
フォークの先から生ハムを
がぶりと食べてしまうのさ。
ベッドの側には
小さな暖炉と戸棚があってね。
 
あのてかてかしているのは
うんと肥えた子どものお尻だ。
膝をついて、カップにとびつき 
白い鼻先までつっこんでいるじゃないか。
 
ふたことみこと
お小言をいって
それから、若い母親は 
駄々っ子の鼻先を、あはは、舐めてあげている……。
 
黒い服をあの婆さんは   
椅子の縁にでんと座りこんでいる 
むごい横顔を燠火にさらして
じっと糸を紡いでいるんだ……
 
灰色に煤けた格子を
火があかあかと照らし出すとき、
こんなみすぼらしい家にだって
いろんな物語が浮かびあがってくるんだ、わかるだろう?  
 
――それから、リラの葉蔭には
みずみずしい優しさが満ちていて    
家が、ひっそりとした窓が
向こうでほほ笑んでくれているんだ。
 
来いよ、来いよ、おまえのことが大好きなんだ
楽しいことがきっと起こるから! 
ねえ、来ておくれ、いいだろう、ねえ…… 
 
彼女――ふうん。でもあたしのお仕事はどうするの?
 
                                        1870年8月15日
          ★
 
          CE QUI RETIENT NINA
lui
Ta poitrine sur ma poitrine,
Hein ? nous irions,
Ayant de l’air plein la narine,
Aux frais rayons
 
Du bon matin bleu qui vous baigne
Du vin de jour ?…
Quand tout le bois frissonnant saigne
Muet d’amour
 
De chaque branche, gouttes vertes,
Des bourgeons clairs,
On sent dans les choses ouvertes
Frémir des chairs ;
 
Tu plongerais dans la luzerne
Ton long peignoir,
Divine avec ce bleu qui cerne
Ton grand œil noir,
…………
 
          ★
 
 
 これは、文字どおりの《青春》を謳歌している少年ランボオの素顔だと思っていいだろう。高校時代に、この作品をはじめて読んだとき、天才詩人ランボオも、なんだ、ぼくと同じように女の子にちかづいては振られていたんだ、と思い、胸をなでおろした記憶がよみがえってくる。
 
 それにしても、ランボオだろう《彼》はなかなか情熱的で、おそろしいくらいに饒舌だ。次から次へと甘いことばを恋人にささやきかけ、《来いよ、来いよ、おまえのことが大好きなんだ》なんて、ほとんど本能むきだしになってしまっている。しかし、《彼女》の返事は、これまたおそろしく冷淡なもので、いきなり冷や水をかけられてしまったような気分になってしまうが、これはむろんランボオ流のコントと見てまちがいなさそうだ。
 ちなみに、作品には《十七歳》と書かれてあるが、日付けを見ると、彼はまだ十六歳だったことがわかる。このころから、生き急ぐ衝動に駆られていたのかもしれない。
 

 

 

 朝から、めいっぱいの雑用にかまけていたら、ああっというまに時間がたってしまって、お昼ご飯が、ずいぶん遅くなってしまった。で、とりあえずは、カルボナーラをこしらえて、ひもじいお腹をごまかしてやることにした。

 もとは市販のカルボナーラ・ソースなんだけど、それじゃあつまんない、ということで、れいによって、でっかい玉ねぎひとつと、大蒜、昨日刻んで冷凍しておいた葱をひとつまみ、ぶちこんでテキトーにこしらえた。バターとミルクも、たっぷり投入しちゃったから、たぶん、もとの味とは別物になっていることだろう。

 

 これまで、ステンレスの手鍋でパスタを茹でていて、ときどき焦がしちゃったりしていたんだけれど、キッチンの奥深くに、寸胴っぽい鍋を発見。おかげで、ぐらぐらとパスタが熱湯のなかで踊っているさまを鑑賞しながら料理を楽しめたんだから、へへん。ご機嫌だ。

 

 ところで、玉ねぎの皮って、どうしてあんなに剥きにくいんだろう?片方の手がまひしているせいもあるけれど、脚と同様に気も短いぼくは、ついつい爪でひっかき転がしちゃうこともしばしば。で、うっかりこの記事をご覧になったかたで、いい方法をご存知のかたは、よかったら教えてほしいものです。採用されたかたには、お礼に……ぼくの、あつい投げキッスでも贈っちゃいますので、よろしくね。