土曜日は午後から「坂下高校創立70周年祝賀会」いつものようにギタマンの演奏から始まり、途中学校紹介をして、最後に大前光市さんの講演。とてもよく構成された講演で、彼の公演でもあった。ビジュアルも写真あり,動画ありで、生徒をステージにあげてのやりとりも軽妙で、もちろんダンスも織り込みながらの一時間半。ハンディキャップを個性として他の人がやれないことをしている。すごくいい時間をもらった。

 「坂下高校は廃校になる」というようなうわさが飛んで受験生が激減。でも、学校一丸でいろいろなことに取り組んでいる。いちど県の教育委員会の方においで願って話をうかがったけれど、「絶対につぶしません。」との言葉をもらっています。地域の人たちもぜひ応援してあげてください。

 先日の葉山嘉樹の取材をしていく中で長女の百枝さんが坂下高校の第一回の卒業生であることも知った。その頃は坂下町立坂下実業高校(定時制)だった。私も何回かP.Aを頼まれていったことがある。毎年雛人形の焼成もしている。

 次の日は「第7回もったいな市」。最初から関わってるが初めて今回はステージへも上がらず、店も開かなかったので、いろいろな人と話ができた。坂下高校の生徒さんも二人、お手伝いに来てくれた。久々にのんびりさせてもらった。次は来年の春です。