三月~四月

テーマ:

  三月に入って11日には「さよなら原発 3.11のつどい」に参加。トップで15分。藤井さん、岩田さん、太田さんに助けていただいて3曲。心配していた通り少しリハの時間が長すぎて、三曲目は右手が動きづらくなった。でも、他の出演者も多彩で、とてもいい時間を過ごした。次の日から3日ほどダウンした。

 18日は、2月に焼いた土器の窯出し。とてもいい焼けぐあいで素敵な作品がたくさん出てきた。6月に雑木林窯で展示予定。

 21日は「十万年生きるゆかいな仲間(さる)たち」の定例会。新しいメンバーも参加されて、またなにか新しいことができそうな気がした。

 25日は午前中「もったいな市」の準備。気持ちのいい日でした。午後は「葉山嘉樹 没後70年」の実行委員会。6月2日に映画「ある女工記」の上演。10月14日に文学碑の前での企画が決まった。

 4月5日から8日まで「童窯(わらべがま)で展覧会」8日は13.30からミニ・コンサートの予定です。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

 

復活展みっつ

家  私  うた

201845()~48()

10:00~17:00 童窯ぎゃらりー

8日は1330分よりミニ・コンサート(500)

陶雛 五月人形 陶人形 春の器を中心に展示します。

 70年ぶりに家が帰ってきた。 ギャラリーにしました。

4年半ぶりに制作できるようになった。(2014年に大動脈解離。2017年には脳梗塞。まだ右半身の機能はもどらないけれど、リハビリしながら少しづつ仕事に復帰。まだまだ時間がかかり、長時間はむりですが、ゆっくり制作します。作ることもリハビリになります。)

うた コンサート活動も再開します。(楽器もうたうことももリハビリになります。)

{地元の原料をできるだけ使いたいと思い、釉薬には苗木の白絵土、坂下長石、南木曽長石、この辺りで採れる鉱物、木灰、藁灰を使用しています。}

{中津川は縄文時代の遺跡も出土品も多く、土器に適した土も各地で産出します。}

509-9232 岐阜県中津川市坂下742-3    童窯(わらべがま)  佐藤久Tel 05737-75-3253 📱090-9916-5387 E-mail warabegama@yahoo.co.jp  Blog  https://ameblo.jp/warabegama/