出入りだ出入りだ

テーマ:

 12月に入って、来客二組。忘年会二つ。

 1日は岡崎、豊橋,幸田から古い友人たちが訪ねてくれて、近況報告を中心にいろんな話。体を壊す前は、幸田へでかけ、昼間はミカン狩り、その後食べて飲んで夜中まで話すということをしていた。倒れて以後は、みんなこちらを訪ねてくれるようになった。嬉しい話。ちょっと辛い話。面白い話。バカ話。生きているっていいなあ!と思わせてもらった。

 2日のお昼は南木曽の陶芸教室の人たちが開いてくれたランチ会。おおごちそうが並んで、どれもとてもおいしかった。今年も一度も教室に行かなかったのにこうして声をかけてもらってとても幸せです。ここでも楽しい話が続く。

 その後昼神温泉での「フィールド・フォーク大忘年会」。福島、茨城から始まり、北陸、中部、関西、四国、中国地方と各地から集まった人たちのコンサートが続く。午後6時から12時まで。全員が出演者。私も二曲唄った。手も動かない、声も出ないという私の唄を聴いていただけて嬉しかった。初めてお目にかかる方も多く、それでも共通の友人がいたり、実は30年も前にお会いしていたりと、驚くことばかりだった。声をかけてくれた松本「ぽこ・あ・ぽこ」の鈴木さんに感謝です。

 今日4日はサンフランシスコから若い友人が訪ねてくれた。短い時間だったけれど、お茶碗を一つ作ってもらえた。トランプの話、ポートランドの話、コロンビア川の話、ラルフ・ネーダーの話、モンサントの話、これからどう生きていこうかという話。この時間も貴重だった。

 毎日毎日、大事にしなくてはと改めて思った。

AD