『道』Blog

道下和彦=Guitaristのブログです。
音楽ネタ中心に、思いついたら何でも書きます。


テーマ:
この記事は私が音大でやっている授業内容の1部分を
学生の予習、復習の目的でこちらのページに記載しています。
(譜例はクリックすると大きく表示されます)

今回のテーマは2回に分けて
「コード進行とメロディ」です。

作曲するときコードとメロディの関係性をどう考えていけば良いのでしょうか?


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



この授業(How to Compose)の最初はまずはフォーム(構成)から作る、でした。
そしてそのフォームに対してメロディを作り、それに対してコードを付ける。
と、いう段取りで作曲を進めました。

で、
今回は、ABACのフォームに対して、
最初はコード進行から作ってみましょう。


コード進行を先に作るというのは典型的な作曲法の様に思われていますが、
そうとも言えません。

メロディを先に作っても、コード進行を先に作っても、
必ず片方に制約をうけます。

メロディが先に在れば、コード進行は制約されるし、
コード進行が先に在れば、メロディは制約を受ける。

「このコ-ド進行にこのメロディ、合わないな~」
とか、
「この音さえ無ければここのベース進行が半音で降りられるのにな~」
とか、
いろい思い通りになりません。

このときの「思い通り」というのが作品の完成を阻みます。

まずは、練習!
と、割り切って次の方法を試してください。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

まずは次の問題・・・


表示のコード以外のコード進行を想像せよ!


$『道』Blog


ヒントは・・・

・逆に作る
・可能性を書き出す
・遊び心(スケベ心を大切に)

自分の引き出しに、ものが少ないと思ったら、そこが勉強のしどころ!

たとえば・・・
CMaj7と言うコードに行きたくなるコードは複数有ります。
G7はその中の筆頭頭ですね。


$『道』Blog


と、いうように、

いろんな連中がCMaj7に行きたがってる訳です。

これらのコードをギターで(又はピアノで)弾いて
くださいそして直ちに!・・・
CMaj7を弾いてください!

そうすると・・・

「あ、なんか落ち着いた・・・」って感じがすると思います。

不安定を安定に、
緊張から緩和に、
ディソナンスからコンソナンスに、
いろんな言い方が有りますが、

要するに・・・
「あ、なんか落ち着いた・・・」って感じがすると思います。


いろいろやってみましょう!・・・

$『道』Blog

弾いてみてください。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


表示のコード以外のコード進行を想像せよ!
の答えですが・・・

回答は無数に(ちょっと大げさ?)ありますが、1例を示しますと・・・

赤字の部分は創作部分です。

$『道』Blog



コード進行を逆から作るというのはよくある手で、
頭から作っていくと、あまりの可能性の多さに、分け解らなくなってしまう事が多々在ります。
しかし、一つだけ手前のコードを考えると、可能性が限られてくる、
という事は、迷いが少なくなるという事で作りやすくなる、という事です。

$『道』Blog


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

ちまたでは、スタンダードというのには2つのカテゴリーがあるという事が言われてます。

それは、

歌もの(スタンダード)
と、
インストもの(ジャズ、スタンダード)

です。

歌物(スタンダード)とは、
All Of Me やFly Me To The Moon
等、歌詞が最初からあって、(又は歌詞先行)
歌う為に作られた曲。
主に1920年代頃から1950年にかけての、
ミュージカル全盛の頃に創られた曲が多い。
そしてそれらが、
ジャズ・ミュージシャン達によって取り上げられ、
「スタンダード化」していったもの。

代表的作家として、
Irving Berlin
George Gershwin
Cole Porter
Jerome Kern
Richard Rodgers
Harold Arlen
Jimmy Van Heusen


インスト(ジャズ、スタンダード)ものとは、
Giant Ateps,Moments Notice,Stablemates,
等、ジャズミュージシャン達自らが作曲し、
アドリブを演奏する為の素材として、
1940年代のビバップムーブメントの頃から演奏され、
スタンダード化していったもの。

代表的作家として、
Duke Ellington
Charlie Parker
Thelonious Monk
Bud Powell
John Coltrane
Wayne Shorter



ここで、注目すべきは。

ジャズ、スタンダードと言われている曲達には、
どう考えてもコード進行を先に作ったと思われる曲が沢山在るという事です。

それらのコード進行は、
ある意味システマチックで、
自然なメロディをその上でクリエイトする事を、
拒むような、しかもものすごい早さでコードがチェンジして、
ある時はキー(調)までもが変わっていくので、
メロディを作るどころの騒ぎではない・・・
曲もあります。

ジャズミュージシャン達はその悪のコード進行を倒すべく、
日夜練習を繰り返し、メロディが作りにくい、難しいコード進行を練習しては、
「ニヤッ」と笑うのです。

もはや、マゾとしか言いようの無い有様です。


しかしこのようにして?
難しいコード進行を作る技術が発達していき、
そしてそれに対してのメロディの作り方(アドリブの仕方)
も発展していきました。


コード進行を作るというのはなかなか面白い作業ではあります。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

しかし・・・

面白い事に(面白いかな?)
コード進行には「著作権」が無いのです!!

エ~!
と思われる方もいるでしょう!
特にコルトレ~ンさんとか・・・

Giant Steps
という曲があります。

ジャズミュージシャンを目指す者ならば、
一度は対峙する(あるいはあえて避ける)
ジョン・コルトレーン作の
モンスターチューン(あるいは神曲)です。

この曲は、調が3つあり、
それらのキーに2拍で移り変わっていく、
という、目がぐるぐる、頭がんがん、奥歯がたがた、
といった、曲です。
この曲を彼が発表した当時は、
周りのミュージシャン達はさぞかし迷惑したでしょう。

$『道』Blog


ご覧の様にこの曲のコード進行は、
この曲だけが持っている「特異」なコード進行です。
すなわち、この曲はメロディではなく、
コード進行に著作「要素」があるのですね。

しかし、そんな風に楽曲個別に著作「要素」がどこにあるか?
なんてやってられないですから・・・
この曲のコード進行は皆さんが自由に、
コルトレーンに断りも無く(亡くなってますが)
つかえるのです。

すなわちコルトレーンの曲のコード進行を使って、
あなたのオリジナルを作る事も!
できるのですよ。


所詮ジャズを含む、インプロヴィゼーションを音楽は、
著作権という狭い枠に、入れる事が出来ないのですね。

ラップも、ダブも、サンプリングが無くては成り立ちません。

著作権を芸術の収入源にするのは、もはや限界に来てると言えるでしょう。

じゃあ、どうする?
ということではなく。

音楽家が著作権の事を考えて音楽するというのは、
本当に馬鹿げた事だと思います。

僕らが欲しいのは自由だ!
1969のスピリッツを忘れない様にしたいです(個人的見解)


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

そういう訳(どういう訳や?)でコード進行の作り方ですが、

コード進行から作った(どう考えても)曲達を紹介します。
ジャズミュージヤン達が創った、
「コード進行」という著作物に酔いしれてください。


Lazy Bird
Written by:
John Coltrane



Moment's Notice
Written by:
John Coltrane



Stablemates
Written by:
Benny Golson



Along Came Betty
Written by:
Benny Golson



Giant Steps
Written by:
John Coltrane
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。