『道』Blog

道下和彦=Guitaristのブログです。
音楽ネタ中心に、思いついたら何でも書きます。


テーマ:
カレーもな!

photo:01


ユッケもええで!

photo:02



iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実家の前に住んでる…
アルパカ

photo:01



四ツ橋交差点
ディープパープルも来た!
厚生年金会館が有るとこ…

photo:02


三角公園

photo:03



昔、「街」と言うライブハウスがあったビル。
お世話になったな~

photo:04



しわすのアメリカ村

photo:05



アメリカ村の名画座?
シネマート

photo:06




僕がおおさか、難波に住んでいたのは、30年前

場所は鰻谷…

昔の面影探しながら、

今日はぶらぶらしています


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この記事は私が音大でやっている授業内容の1部分を
学生の予習、復習の目的でこちらのページに記載しています。
(譜例はクリックすると大きく表示されます)

今年最後のHow to Compose!

今回は、コード進行あれこれ、その2、です。

前回は相対性理論とコード進行の共通点⁈という、
なんじゃそれ?的理論の話しでした。

特殊の方が「簡単」で
一般の方が「難しい」…

言い換えれば、
「人工的なコード進行」は簡単に作れるが、
「自然な、あるいは有機的なコード進行」は、
ある意味、作るのがむつかしい、
と、言える。

と?言う理屈です。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


「コード進行を作る」というのは、
そもそも、どういうことなのでしょうか?

コード進行と言うのは、もともと有るものです。
それは「曲」という構造物の1部分として機能してます。
コード進行が同じの、全く違う曲は数多く存在します。
コード進行は「作る」というよりも、
「学ぶ」そして「ストックする」という感覚が近いのでは?と思うのです。

要は、既にある、様々なコード進行のキャラクターと、
組み合わせ方を学ぶことが、
いわゆるコード進行を「作る」と言うことではないでしょうか?
まずは盗んで、そして分析する・・・
「パクリ&アナライズ」ということです!?

例えば、

1.6.2.5
と呼ばれる、コード進行があります。
これは、循環コード進行と言われるもので、
コード進行の説明の時に使われる、This is a pen.的な進行です。

トニック、サブドミ、ドミナント、と言う、
呪文のような言葉も1.6.2.5と同様、
ジャズ和声の理論書の最初の10ページ迄に書いてある、
いわゆる初歩の初歩ですね…


1、6、2、5とは、

C Am Dm G

又は

CMaj7 Am7 Dm7 G7

と、言う風に表されることが多いでしょう。

CMaj7とAm7はトニック、
Dm7はサブドミナント、
G7はドミナント。

と説明されてます。

これはいったいなんなんでしょう?

僕の生徒達はここで躓く人が多いようです。
実は僕もその中の一人でした。

トニック、サブドミナント、ドミナントというのは、
「機能」と言いまして~
コードが進行するときに生ずる役割のような物で、
トニックは始まるべき又は、帰るべきコードのこと。
ドミナントはトニックへ解決(進行)したくなるような性格を持ったコード達。
サブドミナントはドミナントを助ける?役割でトニックへも弱々しく解決することができる。

なんて説明してもらったのを覚えています。
僕が若い頃、こんな感じの説明でしたが、
今の理論書を読んでも大して代わり映えのない説明ですね。

この段取りを経て!
ジャズ和声の勉強に入って行く…

で?
だから??
これで何が解るのでしょう???
言葉がどんどん増えて行き、
音よりも言葉が先行するような思考になってしまいがち、
または理解することを諦めてジャズ和声嫌い…

トニック、ドミナント、サブドミナントというアナライズ用語では、
聴覚上の感じがつかみにくいのでは?

それでは、
別の角度から見て観ましょうよ…

…と言うのが今回の話(回りくどいっすか?)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

僕は、音程でコード進行を観るというやり方をしています。
ひょっとしたら、自分がギタリストだからかもしれません・・・
ギターのフレットボードというのは同一弦上に半音が並んでいて、
隣にそれの4度上(2、3弦上は3度上)が並んでいるという楽器です。

ピアノのように左から右へと、低から高へと順番にならんでいる訳ではありません。
3度はこの形4度はこの形5度は・・・
という風に音程によって形を覚えていく、そんな楽器だと思うんです。
まあ、ギターの構造と音楽理論の関係性についてはまた今度・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

例えば、上記の循環コード進行は、
ダイアトニック内(スケール内)の音だけで、
以下のような動きです。

CMaj7
(6th上がって)
Am7
(4th上がって)
Dm7
(4th上がって)
G7
(4th上がって)
CMaj7

動きだけ書き出すと、
6、4、4、4、
コードタイプは
(Maj7) (m7) (m7) (7)
という風に一見してパターンがあるようには見えません。

これに対して、前の記事でやった3tonicのルートモーションの音程関係と、
コードタイプは機械的に配置されます。

[|:C (-3) Eb7 (4th) | Ab (-3) B7 (4th) | E (-3) G7 (4th) :|]

(-3)(4th)の繰り返し
コードタイプは
(Maj)(7th)の繰り返し
これが3tonic(coltrane change)のルートの動きです。

トニック・システムのコード進行(特殊)が
作りやすいというのはここがポイントで、
コードタイプとルートモーションが、
全てオートマチッックに一定になるので、
何も考えずに方程式に当てはめるようにすれば、
勝手にコード進行になってくれるのです。

対して一般的なコード進行、というのは、
歌中心に作られることが多いのと、
作曲者のそのときのひらめき、という「マジックを使って」
作曲するわけですから、
ルートモーションの音程関係やコードタイプは
当然ランダムになるケースが多いです。
すなわち、
こうすれば、こうなる、という方程式は無い!
ということになります。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

突然ですが、ここで質問コーナー!!!!

神奈川県にお住まいのへっぽこライダーさん(男性)からの質問です。

『12Keyの上に作られた正三角形での
3トニックという規則性を考えたのだとすると、もう一つ、
規則性のある正方形からなる4トニック
なんていうのもあるのでしょうか?
ディミニッシュっぽい動きには、
なってはしまいますが・・・』

という、グッドクエスチョンです!!
へっぽこライダーどうもありがとうございます。

お答えは、yesです。
4トニックはあります。

$『道』Blog

このようになります。

4トニックでコード進行を作ってみましょう。

[|:C Eb |Gb A :|]

[|:C A |Gb Eb :|]


[|:C Bb7 |Eb Db7 |Gb E7 |A G7 :|]

[|:C E7 |A Db7 |Gb Bb7 |Eb G7 :|]


[|:C |Fm7 Bb7 |Eb |Abm7 Db7 |Gb |Bm7 E7 |A |Dm7 G7 :|]

[|:C |Bm7 E7 |A |Abm7 Db7 |Gb |Fm7 Bb7 |Eb |Dm7 G7 :|]

という感じで他にもいろいろ考えられます。

ルートモーションの音程関係を観てみましょう
[|:C Eb |Gb A :|]
は、-3rdの繰り返し。
[|:C Bb7 |Eb Db7 |Gb E7 |A G7 :|]
は、-7th 4thの繰り返し。
[|:C |Fm7 Bb7 |Eb |Abm7 Db7 |Gb |Bm7 E7 |A |Dm7 G7 :|]
は、4thの繰り返し。

というようにトニックシステムを利用したコード進行は
ルートモーションと、コードタイプを一定の動きにします。
これは、聴感上どういう風に聞こえるか?ということは、
その上にどんなメロディが乗っかるか?ということにも関係するので、
必ずしも人工的な感じに聞こえるか?ということは関係ないと思います。
が、簡単に転調進行をスムースに作れるということと、
複数の調に均等に行ったり来たりするので、独特の浮遊感がある、
ということがいえるでしょう。

Giant Stepに代表されるコンテンポラリーなサウンドだけではなく、
リチャードロジャースのHave you met miss jones
のブリッジ(サビ)の部分にも、3トニックシステム(らしき?)
コード進行が視られます。

Have you met miss jonesのサビ
||Bb |Abm7 Db7 |Gb |Em7 A7 |D |Abm7 Db7 |Gb |Gm7 C7 ||

$『道』Blog

少し話が横道にそれましたが・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

要するに・・・
ルートモーションの音程関係に注目すると、
コード進行についてのいろんなアイデアを得ることができます。

この続きはまた今度、

ダイアトニック・コード進行について、をお楽しみに。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。