『道』Blog

道下和彦=Guitaristのブログです。
音楽ネタ中心に、思いついたら何でも書きます。


テーマ:
Carla Bley & Steve Swallow

夫婦じゃないけどおしどりカップル!

この二人のライブを見に行ったのはもう10年以上前!?

二人とも、希代の作曲家?
初めて日本でリアル・ブック(アメリカ産フェイクブック)を見たとき、
スティーブの数々の迷曲を見て、「こんなんあり?」
と、
悩まされたものだ。

カーラの曲を聴いて、譜面を見たとき、

「作曲って音遊び?なのかも」と何かを掴みかけた・・・

ジャズミュージシャンの演奏はついつい演奏力に気を取られて、
作品の魅力を忘れがちだ、が、

この二人の演奏はまさに自分たちのオリジナルの魅力を出す為に、
自分たちを消す!?という離れ業を見事に成し遂げている。




Go Together/Carla Bley

¥1,498
Amazon.co.jp

曲を作りたい!という願望をお持ちの方は、ぜひこれらの作品を聞いてもらいたい。

Duets/Carla Bley

¥1,459
Amazon.co.jp

ちなみに、この2人の楽屋に行って話したとき、僕は、
カーラに「あなたのSad Songという曲が好きです」
と言ったら、「thnk you!」と微笑みながら、スティーブと手を握り合って、
見つめ合っていた・・・

「ど、どうも(;^_^A」といって立ち去る僕・・・




すばらしい夜でした・・・




みなさんも、お楽しみください・・・






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
元祖!大橋トリオ・・・???

お洒落で、ひねくれ者で、田舎者・・・?

いい曲いっぱいありますね。

なめてるのか?・・・はたまたそういうやつなのか?
ひねくれてるのか?・・・はたまたそういうやつなのか?
馬鹿なのか?・・・はたまたそういうやつなのか?

世の中にはそういう人っています。

僕もそうなのかも・・・?


このバンドの音楽はそんな変人をちょっと離れて見てるうちに、
どんどん惹かれていって、あげくの果てには恋してしまう?
っといった感じの(どないやねん?)
魅力に溢れています。

モンティパイソン等に並ぶ、ブリティッシュ産センスの人たちですね、きっと。

調整音楽になれた我々現代人は、「あ、きっとこう行くだろうな?」
と、瞬間的に予想しながら音楽を聞いていると言えるでしょうね。

メロディの行き先、コード進行の行き先、リズムの落ち着き先。

もちろん、その人が持ってる音楽リテラシーによって、予想されるポイントが、
かわっていくのは当然です。

例えば、映画を見慣れた人は少々のどんでん返しでは驚きません!

しかし、僕が子供のころはケムール人が、
夜中に近所を歩いてるって心の底から思ってましたから・・・


音楽を普通に聞いてきた人たちが有る程度予想できるライン!
そのラインは時代によっていろいろ変わってくるのかも?

今はそのラインがどんどん低くなってる・・・?




彼らの作る曲は同時代の英国ポップの仲間たちである、10CCやビートルズ、
そしてキングクリムソンなど、くせ者たちのアクを持ち合わせています。

とにかく、ひねくれたポップなんです。

この、「ひねくれた」という要素はポップスの一番大事な要素ではないでしょうか?

ポップスと言うのはポピュラーと言う事ですから「大衆の」ということですね。
みんなに受けるということでしょ?

じゃあ、なぜひねくれてた方がいいのか?




みんな、ひねくれ者が好きなんです、
実は・・・

間違った音?変な音?
行き先違うやん!

おいおい、そっちに行ったら危ないで~~~、おっとっと~~~
おお!うまい事、避けよったな~~~!

ってな感じに。



予想を裏切ると言うのは天然では出来ません(偶然にうまく行っても、2回目はない)
裏切る為には、緻密な計算が必要です。
緻密な計算は勉強しなければ出来ないでしょうね。

しかし、この緻密さを感じさせない、あたかも偶然の様に、
天然な様に見せるのは「センス」です。

このセンスは勉強じゃなく、実は「余裕」だとおもうのです。

「センスは余裕」

センス抜群!

と言う言葉は

余裕有りまくり!

ってことかな?

10CCやスティーリー・ダン、などの極上のポップミュージックの人たちは、
「いかに裏切るか」と言う事を日夜、にやにやしながら考えてるんでしょうね。



Stackridgeのメロディの裏切り方は、ジャズのそれとは性格が異なり、
エリック・サティのような調子はずれな感じをイメージしてるのでしょうか?

それとブリティッシュ・トラッドの牧歌的要素が混じって、これまた極上に仕上げてます。



ちなみに、彼らはキング・オブ・地味という程のバンドで、
知名度は気の毒なほど低調です。

何故でしょう?
だってセンス抜群なのにね!(;^_^A


Stackridge/Stackridge

¥2,487
Amazon.co.jp

フレンドリネス/スタックリッジ

¥2,940
Amazon.co.jp

ミスター・ミック: 完全版/スタックリッジ

¥3,360
Amazon.co.jp

エクストラヴァガンザ/スタックリッジ

¥2,940
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は伊勢中川というところで、
ピアニストの田中宏子さんのコンサートでした。

僕は大阪府八尾市で子供の頃育ちました。
近鉄奈良線ですね?
久しぶりに見たビスタカー!
子供の頃は、「あ!ビスタカーや!」
と駅のホームで弟に指差しながら、
叫んでました。

photo:01


近鉄はなんか、ゆっくりなんですね…
見てくれも…

モッチャリしてるんです。

photo:02



それで…
コンサートですが…

そんなのどかな土地の暖かいお客様に囲まれて、大変楽しいアットホームなコンサートでした。

新潟にあった、古民家をそのまま運んで
病院の裏庭にポコんと置いてしまった、
という、お医者さんの家でコンサートです。

photo:03


アットホームですね?

メンバーは
田中宏子 ピアニスト
菅沼孝三 ドラマー
ピエール 小野 三味線
西尾bun博文 ベース
道下和彦 ギタリスト

です。

お客様は120名くらい!

photo:04


家の中で強力なパワー全開のライブをやりました。
もちろん、防音設備なんか全くありません(^O^☆♪

日本もまだまだ捨てたもんじゃあないでしょ!

近鉄沿線ののどかな土地のパワーです。

で、終わってから松坂牛をすき焼きで…死ぬほど食べさせて頂きました(;゜0゜)

photo:05


菅沼孝三誕生日のケーキ!

photo:06


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。