東京都のラブラドール 13歳の百恵ちゃんが来てくれました車

百恵ちゃんは骨肉腫になり前足を1本断脚をする事が決まり
残った1本の負担軽減の為、車椅子を考えました車椅子

この時飼い主様は、多くの車椅子屋さんが使っているタイヤだと
硬くて犬に負担がかかると感じ空気入りのタイヤを使いたいビックリマークと思い
「タイヤは持ち込みで製作可能ですか?」と連絡が最初に来ましたラブレター

タイヤは何を優先するかで考えは変わりますが
重さ、耐久性、いろいろ比較検討したうえで現在のタイプを選び
それにあった部材の準備をしていますグッド!

タイヤ持ち込みの場合
飼い主様がいつ入手できるか、その重量はどれくらいか
タイヤの軸の太さや形状が読めないのと合わせて
付け方によってゼロから考える必要があり
持ち込みタイヤを付けられる確証はなく
納期もまったく読めなくなります・・・ガーン

わんうぉーくでは今回の場合は前足断脚なので、
胸側・残った前足の負担を最優先で考えますパー
後肢はまだ動きますし、動きを考えると支点のような役割になります
そうなると後輪タイヤが決まらず、
いつ完成するかわからない状況になるよりは
早く使い始められる方が百恵ちゃんの体の負担を減らせます合格
完全にご納得はしていただいていないと思うのですが
このお話をした後すぐに採寸、試乗に来ていただきました車 

タイヤの件を話しすぎて確認を忘れていましたがあせる
なんと手術の日にお問い合わせ この日は断脚2日目でした
傷口が開いたら大変なので車椅子の練習はほとんどなしです
新車お渡しまで、乗せてご飯を食べる程度で練習をお願いしましたパー

抜糸後に新車お渡し 調整しながら様子を見ましたラブラブ

後ろ脚は立てるはずなのに腰が引けてどんどん落ちて・・・
違和感や拒否感からかお座り状態になります叫び

本当ならレッグリングは外したりシートベルト程度で大丈夫ですが
ここまで落ちてしまうので普通の体勢になるよう高さを合わせました合格

調整は理想とその時の動きの状態に合わせて
いろいろ考えて伝える必要がありますグッド!

前足側は若干低めで前足がケンケンになった時、
下に体重がかかった時に支えるようにしたいのですが
変な力を入れて前足を斜めにしてしまうので少し上げて
足をまっすぐにした時肉球がしっかり着くくらいの高さにしました合格

この日は滞在時間の関係で練習はあまりできませんでしたが 
車に戻るまでの移動で車椅子を引いてもらうと
前足をチョンチョンとつけてある・・・・き・・・?
いや・・・たまに浮かせてサボってる ガーン

 

この後止まって車のドアを開くとスススッと一人で移動 
「歩けるじゃ~ん」 と大笑いドキドキ

食欲マックスの百恵ちゃんなので、
ご飯の時に数センチずつ器を移動させたら
どんどん着いてくるかもしれません音譜
前足、後ろ足のベルトの長さを変えて負荷を変えたりしながら
百恵ちゃんが動きやすい体勢を探していただくことになりました合格

それから半月ほど使っていただいた時に
「調整がうまくいかない~~しょぼん」と当日ご希望で
来店確認させていただきました

練習の時よりも腰が下がり足が前方につっぱっているガーン

後ろ脚のレッグリングは脱力する事同じようにしっかり上げて、
前足側は若干下げて最初の理想の高さにしましたラブラブ

まだ動きはぎこちないものの
リードを引くペースや散歩時間などもゆっくりお話しできました 音譜
使った事でわからなくなる事もあるので
そんな時はお気軽に声をかけてください ラブレター
※ご予約はできるだけ早めにご連絡くださいあせる


  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです

※メールを送ったけれど返事がない場合は再送をお願いいたします
  24時間以内に返信がない場合は
  届いていない可能性がありますのでお電話ください