北海道のミニチュアシュナウザー
15歳のぼぼ君に車椅子を送りましたプレゼント

ぼぼくんとは2016年1月から
シュナ仲間・胆嚢関係の仲間としてやりとりしていましたラブレター

昨年3月に頸椎ヘルニアで左前足が弱い事と
腰が落ちるという事でぼぼ号の注文がありましたパソコン
それから1年後、「採寸確認しました~~」と連絡が来ました(笑)

高齢ワンコは衰えと回復が交互に来るので
車椅子作ろうかな? まだ大丈夫かな?という事も多いです
タイミングを逃すと衰えが進みますが、
ぼぼくんは想像よりはひどくはありませんでしたグッド!

ぼぼ君の場合ブログを見ながらやりとりしていたので
今回の記事もブログリンクしながら書きますねパソコン
お渡し直後
ぼぼくん運転手になる。の巻(`・ω・´)b 

調整している最中に動き出すそうですが
健常犬に近いぎくしゃくとした動きをしていますグッド!



10日後の様子は
今まで上れなかった段差が上がれるようになりました!!(車椅子なし)
→ ぼぼくんの変化(๓´˘`๓)♡
車椅子を使う事で 車椅子なしの動きが良くなる!
ずっと言い続けていた事をぼぼ君が証明してくれましたクラッカー

しかし7月23日にぼぼ君入院叫び叫び叫び
少し危ない状態でした・・・・
2日後前向きではない退院・・・しょぼん

ぼぼ 食べたドキドキ

しかしここからがぼぼ君の奇跡が始まる
ぼぼ頑張っています →車椅子で少し歩いた~ドキドキドキドキ

もうね 意味わからないですね
私の中ではぼぼ君完全復活ですクラッカー

完全とはいいつつも飼い主様のブログに書いているように

今日。ご飯が食べれて

今日。お水が飲めて

今日。排泄が上手く出来て

自力で立てなくても

自力で歩けなくても

今日。生きていてくれる。

 

それだけで良いと思っています。

これを感じられるって修羅場をくぐりまくった
わんこと飼い主様の梢子なんですよねグッド!

あとブログに書いてある
「毎日朝2時間&夜3~4時間」の乗車は
本当は長すぎるんですけど汗
飼い主様曰く
「3~4時間の内の3分の1くらいは休んでます(笑)
寝てると思って降ろして寝かせたら
10分もしないうちに起きると怒ります(^^;」

という事なので
ぼぼ君の気持ち優先でアリにしていますチョキ

ワンコの状態を感情的にならず客観的に見ながら
その時考えられる最善策を選べる飼い主になりたいですね合格


  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです

※メールを送ったけれど返事がない場合は再送をお願いいたします
  24時間以内に返信がない場合は
  届いていない可能性がありますのでお電話ください