茨城県のキャバリア
11歳のクルミちゃんが来てくれました車

超超超ビビりのクルミちゃん
獣医さんが男性というだけで
ストレスで吐いてしまうんですって・・・・叫び

獣医さんで車椅子を試すも合わず、
性格から無理だろうと言われたものの
諦めきれず試してみよう!と来てくれましたビックリマーク

まずはマットで寝てもらいお話からスタート ぐぅぐぅ
怖い場所ではないと認識してもらいます
知らない場所で急に乗せたらストレスたまりますもんねあせる

しばらくしてから試乗車に乗ってみます
ポイントは乗った瞬間におやつ登場おにぎり

意識はおやつに行っています
調整など確認して短時間で下して
再度マットでリラックスタイム
再度乗車 ストレスを与えないやり方をお伝えして、
2週間後に新車お渡しになりました合格

 

 

ストレスがかからない事を優先して
家で練習しましたが意外と順調ドキドキ
止まっているよりもササミを見せて歩かせた方が順調なようです

バックしまくってしまいますがここから前に進めるのはすごい
この動画で本当は胴がとても長い事も発覚しましたあせる

わんうぉーくでの採寸時は相当体を縮こまっていたようですガーン
胴を計り直して新車完成レンチ

しかし大事なササミを忘れてしまった・・・
くるみちゃんにとって他の食べ物はそんなに誘惑が高くない・・・・
サイズ合わせと調整は問題なし
馬肉などで誘惑するも自分から動かないので、
車椅子を押して確認しました

最近急に食べ物の選り好みがひどくなったことや、
爪がとても長い事、おむつに関してなど
かなり話は脱線してしまいましたあせる

新年に入り新車よりも試乗車の方が良かったと連絡があり確認あせる

 

 

試乗車は胴が短く前足の後ろのサポートがありませんでした
倒れこまないようにしながら動いていましたが
新車は前足の後ろが支えられているので、
倒れこまないから必死で動く必要もないのだと思いますあせる

飼い主様の要望でとにかく動けるようにビックリマークという事で
今後の対応もできる程度に少し改造しましたレンチ

しかし帰宅後やっぱり動きが悪いという事で
前足の後ろのベルトを外したり緩めて、

試乗車に近いサポートにしてもらいましたチョキ
※それによるデメリットも話しました汗

 

そして3月に入ると前足の筋力が弱ったこともあり
いろいろ気になる事が出てきたそうで

 

長さが合っていないと改造希望で来てくれました

くるみちゃんが嫌がらない事を優先にしていたことで
本来の位置からかなりずれて乗っていたので
改造ではなく調整で対応できましたグッド!
 

車椅子を選ぶ前は
車椅子に乗ったら吐いたり血便など
耐えられないのではないかと思っていたので
ある意味想像以上に活躍していますクラッカー

少し?過保護気味のくるみちゃんママさん
今までは問題なくても介護時期に入ると
スムーズにできなくなることも多いです
その時の為に少しずつ生活を見直してみてください音譜


  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
※メールを送ったけれど返事がない場合は再送をお願いいたします
  24時間以内に返信がない場合は
  届いていない可能性がありますのでお電話ください