北海道の柴犬
15歳のまるこちゃんに車椅子を送りました

まるこちゃんは今は痴呆もあり
感情を表現することもできず
自分でゴハンやお水も飲めません

立っても転倒、また起き上がる時に
体を激しく動かし毛が消耗するので
床ずれのようなキズが多数・・・ 
歩行の際に足先を丸め擦りながら歩いていました
 
足が開いたり、前後の足の幅が狭かったり
バランス悪いですね・・・
そうなった時は「自分で立てるから大丈夫だもん」と言わずに
バランスを保てる車椅子を使う事をお勧めします

骨格が変形したり、へんな癖がついてから車椅子を使うと
慣れるのに時間がかかってしまいます

まるこちゃんも乗せてはみたものの
筋肉がない事もありうまくフィットしないとのこと
そんな時は疑似肉 いやいや
クッションを挟んで体を安定させます
↓写真は左が頭です
 
すっぽりはまっていますね

飼い主様からのメールです

こんばんは。
◯◯まるこ 柴犬15歳10ヶ月です。
なんとか乗せてみました。このポジションはいかがでしょうか?
右に傾きがちな体と、前に落ちる首をクッションで
補正して真っ直ぐになりました。が、疲れたのか微動だにしません。

眠ってしまったのは快適なのでしょうか?だといいのですが。
とりあえず、真っ直ぐ立つリハビリだと思い、
本人の歩く力復活を待ちたいと思います。


最初はサポートされて立っていると抱っこされるのかな?と勘違いして
固まってしまうわんこもいます

足を1歩1歩動かすなどして動くものだと認識させたいですね
 
とはいえ、転倒の心配なく、安定した体勢で立てる車椅子
そこからの歩行練習はシニア犬にはお勧めです

  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
※メールを送ったけれど返事がない場合は再送をお願いいたします
  24時間以内に返信がない場合は
  届いていない可能性がありますのでお電話ください