2月にお渡しした一(はじめ)ちゃん
489 コーギー 一(はじめ)ちゃん L4輪車 

少しずつ慣れてくれているようで3月初旬に
うれしいメールをいただいていました
 
おはようございます。
車椅子にも少しづつ慣れてきて、今はUターンの練習をしています。

前足が思うように動かなくて、少し引っ張り上げてはいるものの
やはり上り坂は少しきつそうです。

処方されている薬が少し呼吸が荒くなるという副作用があるので、
あまり無理はしないで程々で切り上げるようにしています。

歩けなくなったすぐは顔を上げるだけしかしなくて、
寝かせたらずっとそのままの姿勢でした。

最初に車椅子に乗せても顔が下がってしまって、
顔乗せバーがないと無理でした。
でも海へ連れて行ったら“顔乗せバーが邪魔ヽ(`Д´)ノ”
と言われてしまいました
(--;)

その後は顔乗せバーがなくても平気です。

ちょうど車椅子が届いたタイミングと同時に処方された
薬が体に力が入るようになるというもので
1週間ほどで前足を踏ん張るようになり、
体の向きを変えるようになり、
今は寝やすい姿勢になって寝ることができます。

時々は後ろ足も前に出そうとする仕草を見るようになってきました。

ただ、今朝のような雨の日はあんまり気分が乗らないようで、
トイレだけで終わりにしました。

遅くなりましたがベルトの調整をしました。
この日は久しぶりに寒い日だったので、使っていないマフラーを巻いています。

わからないことがあったらまたよろしくお願いします。

一ちゃんこの後に呼吸の状態が悪くなり・・・
いまは違う場所で元気に走っているそうです

http://www.peppynet.com/sns/list_diary_305/

DMの進行スピードはワンコによって様々です
多くのワンコは半年でこれくらいの状態が起こり
1年後、2年後、3年後にあれくらいの状態になるという
ある程度の症例はありますが
後ろ脚があれ?となって1年以内に前足まで動かなくなるワンコもいれば
4年目でも(前足にはきていますが)頑張っているわんこもいます

発症後に1日1日を大事に過ごそうと決めた矢先に逝ってしまう場合もありますし
DMだと思っていたら他の病気が発症していてそれが原因でということや
10歳過ぎたワンコにおおい病気なので寿命で逝ってしまう事もあります

DMでもそうじゃなくても、いつどんな状態で逝ってしまうかはわかりません

1日1日を ワンコと関われる1秒1秒を大切にすごし
その時の後悔を少しでも少なくできればと思います

何をどこまでやっても後悔は残りますし
もっと早くやっていたらという後悔もあるかもしれませんが
気が付いた時に出来ることを出来るだけ出来るようにしたいです

介護時期に焦らないように余裕のあるうちから
いざとなった時の選択肢を増やしていただけたらと思います

まだまだ記事は書き途中で申し訳ないのですが
余裕のあるタイミングに書き足して完成させたいと思います
↓介護のポイントとアイデア
http://www.geocities.jp/wanwalk123/5-4.html

車椅子を使う前に出来る事もたくさんあります
↓自宅で出来る筋トレ・リハビリ
http://www.geocities.jp/wanwalk123/5-5.html

一ちゃんありがとう

わんうぉーくのブログではいつでも
一ちゃんは気持ちよさそうに海で 
「顔乗せバー邪魔じゃい! 」と言っています(笑)



  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
※メールを送ったけれど返事がない場合は再送をお願いいたします
  24時間以内に返信がない場合は
  届いていない可能性がありますのでお電話ください