昨日書いた大きな腫瘍があるコーギーのマー君
http://ameblo.jp/wanwalk/entry-11991640243.html
 
マー君は昨年からDMと思われる症状が出ていました

それでも2014年の大晦日にはまだ後ろ脚も動いていました
しかし2015年元旦には突然前足も動かなくなってしまいました
それから数日ぐったりした状態
一時期はお別れも考えたそうですが徐々に回復

トイレの問題もあるので車椅子を考えてくれたのですが
連絡をくれた直後に鼠経部の腫瘍がかなり大きくなったり
尿毒症になり点滴治療
腫瘍摘出手術も考え車椅子は見合わせました

しかしその期間があったので私もいろいろなパターンで
鼠経部(股)に負担をかけない車椅子を考えることができました
 
 手術の日が決定したのですが
術前検査で体の中はかなり悪い状態になっていたため
手術は危険という事で断念
腫瘍部分の水は抜いているので破裂の心配は少なくなりました
  
飼い主様からのメールです
何度かのやり取りから抜粋しています
お散歩は自分で歩くというよりは引っ張っている感じです 

 お正月に体調がおかしくなった時は
脚に力が全然入ってなかったのですが、50日程で随分筋力がつきました。
前脚はほぼ戻ってるし、後脚も右脚はちゃんと前脚とバランスとれた動きです。
ただ、きちんと肉球が確実に地面につくのは難しく、足の甲側で着く事もかなりあります。
左脚は、太ももはかなり動きますが
右脚程は動きがスムーズじゃありませんし、引きずる事が多いです。
腫瘍も影響してるんだろうなと思います。

オシッコ散歩の距離も徐々に延び
きょうは、昨年末頃の1番最短コースまで行きました。
ここまで来れた!と感動しました。マーも嬉しかったみたいです。
満足そうな顔をしてました。
ただ、わたしが中腰で全コースは行けないので、
途中若干の抱っこはあります。

それに、ウンチの後始末してる時とかに、
倒れないように手を添えてたのですが、
ほんの何秒かは自力で立てる時もありました!

田んぼや畑の畦道や草はらや、
雑草がいっぱいの丘など、車椅子では難しいコースです(汗)

これからは、平坦な舗装された道は車椅子で移動して、
ジャリ道や草地は車椅子から降ろして、手動椅子(⁈)と、
状況に応じた選択をしながらのお散歩になりそうです(笑)

明日、また真上の写真を送付します

中腰はキツイですね
車椅子にリードを付けて歩くと人間が少し楽になります
※通常はハーネスにつけてもらっていますが
動きにくいわんこは車椅子にリードを付けて
車椅子ごと引っ張るほうが歩きやすい場合があります

きょうは息子が夕方の散歩は、
自分がいくから行かないで待っててと連絡があり一安心。

いつものコースを行ってもらうために、私も付いて行きまさした。
息子も慣れないからでしょうが、途中でギブアップ。
私とちょっと交代が必要でした。

マーの方は、私より息子の方が体力があるのを見抜いてるのか、
最終地点に着いてからも、もっと行きたい!とおねだり。

きょうはここまでと納得させ、終了させました。

このような事から、前脚の筋力はかなりあるみたいに感じるんですけど、
車椅子を使うには、もっと筋力が必要なんでしょうね…

慣れてないというのが一番かなという気もしますけど。

なんにしても、少しずつ慣れてもらって、
マーに出来る範囲の事を上手に使えるようになるまで気長に待つしかないですね。


 
抜粋した部分のメールではいい感じですが
やればやるほど調整がわからなくなってしまって
足を踏ん張ってしまう日も・・・
初日が良かった分「うまくいかないのは私のせい~~」
と悩んでしまう飼い主様も多いんです

ご心配おかけ致しましたが、
昨日から、ハーネスを外したら車椅子で歩けるようになりました。

まだ不安定で、ほんの数メートルずつだし、
途中でバックしたりですが、やっと車椅子歩行に光がみえてきました。

車椅子に乗ったままでのオシッコもできました。

ハーネスがない方が歩きやすいというわんこもいます

一気に最高ポイントまで行かずに少しずつ頑張りましょう 
気になる事はいつでも連絡してください


  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
※メールを送ったけれど返事がない場合は再送をお願いいたします
  24時間以内に返信がない場合は
  届いていない可能性がありますのでお電話ください