17歳のパピヨン P・J君に車イスを送りました
 
P・J君の採寸写真はとてもわかりやすかったので
採寸ポイントの参考写真に使わせていただくことになりました
⑦胴の長さと言った時にどこかわからない方もいるので(^_^;)

P・J君は膝蓋骨脱臼、変形性脊椎症、膀胱結石、心臓病、腎不全
2013年両眼球摘出の為、視力がありません
自力歩行が日に日に困難になっています。
首を上げる筋力が弱い。徘徊あり。オムツ使用。
重度の気管虚脱の為、喉と胸の中間辺りを圧迫すると、
咳き込んでしまいます。
痙攣発作あり
          足の状態は左前足、関節炎。
最近になり第二関節から折れ曲がり転んでしまう
(前転するように転ぶので危険)
  
後ろ足は筋力弱い。左後ろ足、歩行時に曲がらない。

ここまで詳しく書いていただくと通常バージョンでは少し不安でした
 
 ということでサポートを増やしました
 
胸下と顔乗せ用クッションです
 
さぁ 乗ってみたらどうでしょう~

あ・・・前に倒れそう

早速試してみました。
初めの数分はボー然と立ち尽くしていましたが、
しばらくすると歩く歩く歩く!回る回る回る!
写真を撮ろうとストップさせると、滅多に出さない声をあげ
ヒャーヒャー泣きながら拒否。
なかなか撮らせてくれませんでした。
いい加減疲れただろうと降ろしても、興奮冷めやらずで、
立とう、歩こうとバタバタ。
やっと今、落ち着きました^^;

歩いているところを見ると、特に問題は感じないです。

ただハーネスを本体に装着すると、
中央の黒い金具が身体に食い込むような感じになります。
試してはいないのですが、胸下ベルトの上に着けて頂いたクッションを外すと、
よくなるのかなぁとも。でも外したくないですし..。
本体とハーネスの連結部分にチェーンか何かで長さを足すと良いでしょうか?
ハーネスがなくても問題なさそうですが、
着けた方がなんとなく歩きが力強くなる気がします


注意点など連絡しました
調整後はどうかなぁと思っていたら
数日後のメールです  

写真、遅くなってしまいすみません。
腹下クッション、お気遣いありがとうございました。
脂肪がほとんどないガリガリ骨皮君なので、あると安心感があります。

P・Jですが、先日発作を起こし、グッタリ気味で..。

写真①②は発作前で精力的に歩いていた時のものです。
ハーネスを身体の横のリングに止めてみたのですが、
最初の間違っていた時ほどではないにしろやはりキツイようで..。
なぜだろうと観察していると、歩くとき、やたら背中を高く上げることに気が付きました。
威嚇した猫のよう^^;
そのせいで身体の幅の一番広い部分もパイプのところにきてしまいます。
脂肪がほとんどない身体なので、何か保護しないと
傷になってしまうかなぁと少し気になります。

が、しかし。
発作を起こしたあとの数日は猫のように歩くことも少なくなり、余裕ができました。
グッタリ^^; 写真③④
その上でクッションを外してみたら、これまた余裕が生まれました。⑤⑥

クッションを使うのであれば、ベルトを少し緩めた方がいいのでしょうか。
まだ身体に力が入らない日が続きそうなので、
今のまましばらく様子をみてみようとは思っているのですが。

発作を起こした後、数時間は、体にほとんど力が入らないのに、
立ち上がり歩こうともがいて毎回大変な思いをするのですが、
今回車いすのおかげで助かりました。
歩けなくても立っているだけで気持ちが落ち着くようでした^^
 
下ろすなと拒否するほど歩いてくれたことはとてもうれしいですが
発作があったとは・・・
発作後の体を立ち上げる手助けになれたことも
タイミング的には良かったのかもしれません

歩くだけではないわんうぉーくの車椅子
P.J君がこれから元気になるお手伝いが出来たらうれしいです


  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
※メールを送ったけれど返事がない場合は再送をお願いいたします
  24時間以内に返信がない場合は
  届いていない可能性がありますのでお電話ください